NHN Japan 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮、以下NHN Japan)は、NHN Japanが行うゲーム事業とウェブサービス事業の会社分割を検討しております。ゲーム事業は新設分割によって設立するHangame株式会社(仮称)が承継、NHN Japanが引き続きウェブサービス事業を展開し今後LINE株式会社(仮称)に商号変更する計画です。なお、詳細につきましては、正式に決定され次第、すみやかに公表いたします。

 
1.会社分割の目的

NHN Japanは、2012年1月に「ハンゲーム」「NAVER」「livedoor」を運営する3社(NHN Japan 株式会社・ネイバージャパン株式会社・株式会社ライブドア)を経営統合して以来、各事業間の相乗効果を発揮し当初想定していた以上の速さで事業規模を拡大してまいりました。その一方で、当社を取り巻く環境は急速に変化し、PC・フィーチャーフォンからスマートフォンへのデバイスシフトが世界的に加速するなど、インターネット市場に大きなうねりが生じています。
今回の会社分割は、このような事業環境の変化に柔軟かつ機動的に対応していく観点から検討しているものです。各分野で競争力のあるプロダクトを開発・運営し、インターネット市場における新たなパラダイムの中心を先取りしていくことで、これまで以上に各サービスの存在感を発揮していきたいと考えております。


2.新会社について

<Hangame株式会社(仮称)について>

ゲーム事業を承継するHangame株式会社(仮称)では、ゲーム制作・運営組織を細分化することで優良なタイトルをスピーディーに投入できる体制を構築し、引き続きスマートフォン・PC向けに高クオリティのゲームを提供してまいります。特にスマートフォン向けゲームでは、公開2か月で世界累計2,000万ダウンロードを突破した「LINE POP」などの実績が示すとおり、「LINE」のゲームプラットフォームである「LINE GAME」向けアプリ開発に大きな強みを保有しています。スマートフォン向けでは引き続き「LINE GAME」向けにゲームアプリを制作・運営していくほか、独自ブランドでの展開も国内外で行っていく予定です。
またPC向けでは国内シェアNo.1のオンラインゲーム事業を一層強化し、さらなるシェア拡大を目指してまいります。

<LINE株式会社(仮称)について>

「LINE」「NAVER」「livedoor」のウェブサービス事業を承継するLINE株式会社(仮称)では、このたびの会社分割を通じ、今後は「LINE」を機軸事業として、国内外でのサービス展開・プラットフォーム展開の加速化を図っていく計画です。また、「NAVER」においては、国内No.1キュレーションサービス「NAVERまとめ」を主体として既成のサービス概念にとらわれない革新的サービスの推進を図るとともに、「livedoor」は現在国内No.1のブログサービス事業およびポータル事業の更なる成長を目指すことにより、「NAVER」「livedoor」の両ブランドを通じ国内No.1メディアとなることを目指します。
さらに、「LINE」事業の海外展開強化を目的に、LINE株式会社(仮称)の子会社として、NHN Corporation1)と合弁でLINE PLUS Corporationを設立いたします(出資比率はLINE株式会社(仮称)が60%、NHN Corporationが40%)。


なお、Hangame株式会社(仮称)ならびにLINE株式会社(仮称)の代表はNHN Japan代表取締役社長の森川亮が引き続き務めます。


以上
 

1)NHN Japanは、NHN Corporationの100%子会社です。
※ 記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。 
※ 記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。



-------------------------------------------------------------------------------------

February 6, 2013

NHN Japan Corporation

 

For Media Use

 

 

Announcement of Corporate Separation

 

NHN Japan Corporation is currently considering a corporate separation of its Games Business Division and Web Service Business Division. In accordance with this corporate separation, the Games Business Division will be succeeded by Hangame Corporation (tentative name), while the Web Services Business Division will continue to be run by NHN Japan Corporation, with plans to change its corporate name to LINE Corporation (tentative name) in the future. Further details are scheduled to be released as soon as they are officially confirmed. 

 

 

1.       Purpose of Corporate Separation

Since the business merger in January 2012 between the 3 companies that operate “Hangame”, “Naver”, and “Livedoor” (NHN Japan Corporation, Naver Japan Corporation, Livedoor Co., Ltd.), the synergy between these individual businesses has resulted in the Corporation’s scale of business expanding at a faster rate than originally expected. At the same time, the situational environment which surrounds NHN Japan Corporation has rapidly changed, such as with the worldwide shift from PC/Feature Phones to Smartphones, resulting in a large transformation of the Internet market. 

 

This corporate separation is considered with such perspectives in mind; to enable NHN Japan Corporation to deal with such changes to its situational environment in a flexible and agile way, as well as to develop and operate competitive products from every field, and for each of those fields to hold an increased presence by anticipating the core of new paradigms within the Internet market. 

신고

+ Recent posts