아스토나지 메돗소

Z건담 때부터 등장하여 정비병을 맡고 있는 남자. 밝은 성격으로 사교성이 좋기 때문에 까미유와도 친했다. 후에 케라 수와 사귀게 되지만, 결국 그녀 역시 죽게 된다. 수리가 끝나지 않은 상태의 리가지를 타고 출격하려는 첸을 말리려고 하지만 결국 그녀를 막지 못한 채, 출격 후 날아온 적 공격의 폭발에 휘말려 죽고 만다.






アストナージ・メドッソ (Astonaige Medoz)は、アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する架空の人物。いくつかの作品に出ており、その当時の主力艦艇にメカニックマン(整備士)として乗り込んでいる。作戦行動を陰から支えている人物である。階級は曹長。(声優:広森信吾) 彼については不明な点が多く、出生や生い立ち、家族については一切情報が無い。

注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 一年戦争時代

宇宙世紀0079年、一年戦争時にはモスク・ハンのもとでマグネット・コーティングの研究に携わっていた(ガンダム・クライシス)。彼は宇宙戦艦に乗り、銃座から情報解析、モビルスーツ (MS) のメンテナンス技術に至るまで戦争の中でノウハウを吸収していった。戦後、彼はアナハイム・エレクトロニクス社と関係を持ち、アクシズから来たクワトロ・バジーナと知り合い兵器に関する知識が豊富な点で才能を見い出された。

[編集] 機動戦士Ζガンダム

テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』においては、エゥーゴの一員としてアーガマに乗り込む。ガンダムMk-IIΖガンダム、またその他の主力MSの整備に従事している。

カミーユ・ビダンとも仲が良く、彼が作成していたΖガンダムのプロットに目を付け、メカニックマンとしての立場からアナハイム・エレクトロニクス社へ橋渡しをしたのは彼であるとも考えられている。

この頃から、艦長であるブライト・ノアの熱い信頼を受け、以後彼が艦長を務める艦に、主要メカニックマンとして搭乗する事となる。

[編集] 機動戦士ガンダムΖΖ

テレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』では、前半は引き続きアーガマに、後半からはネェル・アーガマに乗り込む。こちらでも引き続きΖΖガンダム等の主力MSの整備に従事。番組当初ブライトがまだアーガマの乗組員になっていなかったジュドー・アーシタを当てにすることへの対抗意識からΖガンダムで出撃した事もある。

[編集] 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

アニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』においては、エゥーゴから地球連邦軍に所属を変えた後、ラー・カイラムに乗り込みアムロ・レイνガンダムなどの整備を行っている。(この頃の階級は不明であるが、甲板上にて着艦に関する指示を行っている所から将校級の地位にいた可能性がある。米海軍にて航空母艦での着艦に関する指示を行うのは士官が行う。)彼はケーラ・スゥと恋仲になるが、ケーラは戦闘の最中、敵のギュネイ・ガスの人質となり無残に戦死する。その後を追うように、大破したリ・ガズィで出撃するチェーン・アギを静止しようとしたアストナージは直後にビームの流れ弾が直撃し、その生涯を閉じたのである。

脇役としてはブライト・ノアの4作連続登場につぐ3作連続登場(時系列順)という稀有なキャラクターであったが(他にはアンナが3作連続登場している。)、あまりにも呆気ない最期に、アストナージが戦死したことに気づいていないファンもいる模様。




신고

+ Recent posts