ぴあは14日、情報誌「ぴあ」の表紙イラストが「同一人物が世界で最も連続して長く手がけている」として、ギネス世界記録に認定されたと発表した。

 表紙イラストの担当は、フリーランスの及川正通氏((68)。これまでジョン・レノンさん、E・T・、小泉純一郎前首相ら、国内外の歌手や俳優、政治家 まで、あらゆる時代を映す“顔”を描き、世相を浮き彫りにしてきた。その回数は、8月14日までで通算1175回。延べ1200人以上を31年11カ月、 1号も休むことなく描き続けた。 (フジサンケイ ビジネスアイ)
[記事全文]

  • 雑誌表紙イラストの連続制作期間が世界一! 及川正通、ギネス認定 - 及川氏のプロフィール、最新号の表紙。ぴあ
  • 及川正通 - はてなダイアリー

  • ギネス・ワールド・レコーズ - 記録の認定や登録の基準も。 フレッシュアイウィキペディア
  • 신고
    小池百合子防衛相は15日午前、防衛省の守屋武昌事務次官の後任人事をめぐり混乱が生じている問題について、守屋氏が続投の意思を示したことを明らかにし た上で「ご本人の意思がかなり固いと判断し、関係者に相談していた最中に報道されたことが混乱の原因だ。私は手順を間違えてはいない」と述べた。
     7日の報道まで守屋氏が人事を知らされていなかったことに関しては「連絡を取ろうとして前夜に2度電話をしたが応答がなかった」と批判した。首相官邸で記者団に語った。
     その上で、次官人事が今月27日に予定される内閣改造後に先送りされたことに関連、塩崎恭久官房長官が主宰する閣議人事検討会議の開催について「防衛省は国の防衛という重要な任務を預かっている。士気の低下に懸念を持っており、その意味では早期の方がいい」と指摘した。
    신고
    パイレーツ桑田真澄投手(39)が14日(日本時間15日)、球団から戦力外通告を受けた。試合前にパ軍が発表した。
     キャンプ中の右足首捻挫から不屈の闘志で6月にメジャー昇格。セットアッパーとして19試合に登板した。全盛期の球威はないが、絶妙のコントロール、そ して投球術で好投も見せたが、後半戦は制球の甘さもあり、打ち込まれるケースが目立った。前日13日(同14日)のジャイアンツ戦でも1回5失点と炎上し た。通算成績は19試合に登板し0勝1敗、防御率9・43。
     今後はどこかの球団が手を差し伸べるのを待つか、それとも引退の道を選ぶか。メジャーで1勝を挙げることなく、桑田が重大な決断を迫られることになった。


    신고

    + Recent posts

    티스토리 툴바