[東京 29日 ロイター] 東燃ゼネラル(5012.T: 株価, ニュース, レポート)は29日、米石油メジャーのエクソン・モービル(XOM.N: 株価, 企業情報, レポート)の日本法人の株式99%を約3020億円で取得すると正式発表した。

これにより米エクソンの東燃ゼネラルへの出資比率は、間接保有分をあわせ、現行の約50.5%から約22%に低下する。エクソンは世界的な経営資源の一部を日本から回収し、資源開発などに投入する狙いがある。

東燃ゼネラルは、米エクソンが間接的に100%出資するエクソンモービル有限会社の株式を99%取得する。また、一部株式を第三者に譲渡することなどにより、米エクソンは東燃ゼネラルの親会社ではなくなる。今回のエクソンからの株式取得の資金について東燃ゼネラルは、約1000億円(2011年12月末時点)の手元資金の一部取り崩しと銀行借り入れでまかなう。


<p><a href="http://film.ecop.jp">断熱フィルム</a></p>
<p><a href="http://film.ecop.jp">遮熱フィルム</a></p>
<p><a href="http://film.ecop.jp">紫外線カットフィルム</a></p>
<p><a href="http://film.ecop.jp">窓ガラスフィルム</a></p>
<p><a href="http://film.ecop.jp">飛散防止フィルム</a></p>
<p><a href="http://www.ecop.jp">窓ガラスコーティング 代理店</a></p>
신고

+ Recent posts

티스토리 툴바