νガンダムニューガンダムν-GUNDAM)は、アニメーション映画機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する架空の兵器地球連邦軍ニュータイプ専用試作モビルスーツ(MS)である。(型式番号:RX-93)

RX-93 뉴(ν) 건담

아무로 레이의 설계로 애너하임 일렉트로닉스에서 제작한 최신형 모빌슈트. 제식 번호는 RX-93이다. MS성능 자체를 중시한 설계로, 다른 건담과는 달리 가변기구나 코어파이터는 생략되어있다. RX 건담 계 모빌슈트 사상 처음으로 사이코 뮤를 본격 채용한 기체이고, 배후에 장비한 6매의 핀 판넬을 조종하여 네오지온계의 뉴 타입용 모빌슈트와 같은 전술을 펼치는 것이 가능하였다. 핀 판넬은 무인 수반기「비트」와 마찬가지로 소형 공격 유닛으로서의 사용뿐만 아니라, 빔 유도용 필드 발생 장치로 빔실드 배리어를 전개하는 것이 가능하여 원거리 빔뿐만 아니라 물리적 공격도 방어할 수 있다. 기타 주 무장으로서 고출력 빔 라이플,뉴 하이퍼바주카,빔 샤벨,두부 발칸포를 장비하고 있다. 또, 이 기체에는 사이코 프레임(샤아가 은밀히 유출)이 설치되어 있어서 파일럿의 능력에 따라 그 기체 추종 성능을 극한까지 끌어내는 것이 가능했다. '사이코 프레임'이란 정보의 수집,처리를 하는 초고집적도의 컴퓨터 유닛과 같은 것이고, 파일럿의 사고나 감정을 직접 MS의 컨트롤 계에 전달하는 것을 가능하게 하는 것이다. 이외에도 숨겨진 기능이 있다고 하지만 상세한 것은 불명이다. 최신형이라 불리는 이름에 걸맞게 아무로 레이 대위 전용으로 설계된 본 기체의 성능은 다른 모빌슈트의 추종을 불허하는 압도적인 전투 능력을 갖고 있었다.



νガンダム

[編集] 機体解説

機体諸元
νガンダム
型式番号 RX-93
所属 地球連邦軍ロンド・ベル
建造 アナハイム・エレクトロニクス社フォン・ブラウン工場
生産形態 試作機
全高 24.2m
頭頂高 22.0m
本体重量 27.9t
全備重量 63.0t
ジェネレーター出力 2,980kW
センサー有効半径 21,300m
装甲材質 ガンダリウム合金
スラスター推力 18,300kg×4
12,300kg×2
武装 ビームライフル
カスタム・ビームサーベル
ビームサーベル
60mmバルカン砲×2
ニューハイパーバズーカ
シールド
シールドビームキャノン
ミサイル×4
フィン・ファンネル×6
主な搭乗者 アムロ・レイ

シャアの反乱」に対処するべく再編されたロンド・ベル隊のMS部隊隊長、アムロ・レイ大尉の専用機として開発されたMSで、基礎設計はアムロ自身の手により行われた。機体製造は要請を受けたアナハイム・エレクトロニクス社が担当し、フォン・ブラウン工場において3ヶ月と言う短期間で完成にこぎつけた。本機開発プロジェクトはアナハイム社で独自に進められていたものだったのだが、開発中にロンド・ベルへの配備が決定した事を受け、アムロによる基礎設計の修正を経て完成したとも言われている。

設計はそれまでのガンダムタイプ全てを参考に行われ、それらのデータ解析により得られた平均値を基にしつつ新技術を盛り込んでいる。また、アムロが 長年培ってきたMSパイロットとしての経験も設計に生かされている。機体名はアナハイム・エレクトロニクス社製ガンダムの11番目の開発コード「ν」から 名付けられた。なお、開発担当者はオクトバー・サラン。

設計は汎用性を重視しており、また、MSとしての性能はもちろん、運用面も重視した設計が行われている。戦闘が長期化した場合を考慮して信頼性と耐久性を重視し、一部の部品(サイコミュ関係)を除いてなるべく連邦軍の規格品=量産型MSの部品や調達が容易な素材を用いるよう心掛けられている(短期間で完成させるために専用部品をなるべく減らさなければならなかった点も、部品流用が行われた背景にある)。

また、アナハイム社が培ってきたMS技術も積極的に利用されており、機体に用いる部材はΖ系統MSのものを使用。センサー類にはインコムバイオセンサーの 技術をスピンオフして用いている。さらに、整備や実戦データのフィードバックによる機体の強化が容易に行えるよう各部を可能な限りユニット化。搭載火器は 頭部バルカンを除き徹底的に省略し、内部構造に余裕を持たせたつくりとなっている。これにより本機は宇宙世紀0093年における最強クラスの性能を誇る MSでありながらも兵器としての高い信頼性も獲得し、非常にバランスの良い機体として完成した。

本機は機動歩兵というMSの原点に回帰した機体であると同時にニュータイプ専用機であり、ガンダムタイプの主力MSで初めてファンネルを装備した意欲的な機体でもある。バックパックの左側に新規設計の専用サイコミュ兵器フィン・ファンネルを装備。ファンネルの装備や分離により機体の慣性重心が動きバランスがくずれてしまう事を考慮し、重心移動に対応した機体管制プログラムも新たに開発されている。

機体と比べて大型のスラスターは装備されてはいないが、個々の出力の強化や全身にサブスラスター・マイクロスラスターを装備する事により高い機動性 を誇る。「敵機に対しより素早い対応ができるよう相手の脳波をサイコミュで強化し受信する」というアムロのアイデアにより、コクピットシート後方にサイコ ミュ受信パックを備えるほか、コクピットの周囲や駆動系にサイコフレームを 使用してサイコミュの小型化・感応度の向上が図られ、機体の追従性能ならびに運動性能の向上にも大きな貢献を果たしている。そのため基礎設計により得られ た機体の堅牢性を生かしてマニピュレーターや脚部を用いた近接戦闘も可能であり、実際肉弾戦によりサザビーを行動不能にしたところからも機体性能の高さが うかがえる。

パイロットのアムロの技量と相まって、第1期MSの中では最強のガンダムと言っても過言ではない。

なお、νガンダムに採用されたサイコフレームは、アムロと同等性能のMSに搭乗して決着をつけることを望んだシャアによってアナハイム・エレクトロ ニクス社へ意図的に横流しされたものである。当初νガンダムには装備されていなかったが急遽用いられる事になり、この素材変更によりνガンダムの機体重量 は3kg減少している。アムロにはアナハイム社の材料開発部門が独自開発したものであると説明されたが、後にオクトバーの手紙によりネオ・ジオンより入っ てきた技術であるという事がチェーン・アギに伝えられる。

신고

+ Recent posts