아폴리

로벨토와 마찬가지로 크와트로 대위 부하, 릭 디아스 파일럿. 크와트로의 부관적 존재이고, 아가마의 MS대를 지휘하는 경우도 있다. 하지만, 제단의 문에서 제리드의 공격을 받고 전사한다.









アポリー・ベイ  (Apolli Bay, Apolly Bay)は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。エゥーゴモビルスーツパイロットで、階級は中尉。フルネームは劇場版IIからで、テレビ版では単にアポリーである。また、本編以外の外伝作品にも登場した。(声優:テレビ版:阿部健太(現柴本浩行)、劇場版:大川透


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 劇中及び外伝での活躍

クワトロ・バジーナことシャア・アズナブルの部下で、元々はジオン公国軍のモビルスーツパイロットだったらしい。同じくジオン出身のロベルトと共に、クワトロを補佐する。

機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』によると本名はアンディ。ゲーム『ガンダムタクティクス モビリティフリート0079』によれば、一年戦争時の髪形は後の時代とは異なる。一年戦争終結後アクシズへ逃れ、そこでシャアと再会。後にシャアと共にアクシズを離れ、アポリー・ベイの偽名を入手してエゥーゴへと参加した。また、『ガンダムウォーズ・プロジェクトΖ』掲載のショートストーリーでは、シャア・ロベルトらと共にゲルググを駆り、軟禁されていたブレックスを救出している。

本編では主にリック・ディアスに搭乗し、ガンダムMk-II奪取作戦から実戦に参加。エゥーゴ旗艦であるアーガマのMSパイロットとして活躍する。降下した地球から宇宙へ戻る際にはシャトルのパイロットも勤めた。この時盟友ロベルトの戦死に涙しつつも任務に徹してシャトルを発進させた。MSの操縦技術は高く、リック・ディアス隊の指揮を取るなどエゥーゴの戦線を支え、Ζガンダムにもカミーユに先駆け搭乗した。カミーユらの良き兄貴分でもあり、艦長ブライト・ノアらクルーの信任も厚かった。しかし、45話におけるゼダンの門攻略戦時にファ・ユイリィメタスを庇い(小説版では隙を突かれて)、ジェリド・メサが駆るバイアランに撃墜され戦死。アポリーを失った事は、アーガマクルーらにとってショックな出来事であった。

劇中の主な搭乗機は RMS-099 (MSA-099) リック・ディアスで、MS-14 ゲルググや、MSZ-006 Ζガンダムを一時的に操縦したこともある。小説版では連邦議会に出席しているシャアに代わり、MSN-00100 百式に搭乗してカミーユのZガンダムと共にキリマンジャロに降下している。

신고

+ Recent posts