원 리

에우고의 출자자인 애너하임·일렉트로닉스 사의 요인. 멜라니 휴 카바인으로부터 애너하임 측의 전권을 쥐고 아가마에 온다. 그 때문에 발언권은 커서 때로는 아가마에서의 작전의 결정을 내리는 일도 있다. 티탄즈의 암만 공격시에는 스스로 프티모빌로 출격, 암만시 방위 지휘를 취하는 등 행동파이기도 하다. 규율에 엄격하고 '수정'이라는 명목으로 아가마의 크루를 때리는 일도 많았다. 까미유도 피해자 중의 하나이다. 그의 지나친 간섭 때문에 브라이트도 노여워 하나, 전투는 아가마의 스탭이 프로라는 것을 인정할 줄도 아는 사람이다.






ウォン・リー (Won Lee)  は、アニメ機動戦士Ζガンダム』及び『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する架空の人物。反地球連邦政府組織エゥーゴの出資者であるアナハイム・エレクトロニクス社の幹部。(声優:テレビ版:名取幸政、劇場版:田中和実


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 劇中での活躍

機動戦士Ζガンダム』ではアーガマが月面都市アンマンに立ち寄った際に登場。ハロの修理にかまけてミーティングに遅れたカミーユを、軍規を破ったとして殴打(本人曰く修正)する。カンフーを習得しており、反撃してきたカミーユを一方的に殴りつけて気絶させた。その後アーガマに乗り込み、民間人でありながら出資者の立場からブライト・ノアクワトロ・バジーナに口うるさく注文を付け、衝突しながらも作戦を決定することもあった。

アンマン付近の戦闘では、自社の採掘用プチ・モビルスーツでカミーユの窮地を救ったり、コロニー落としの標的となったグラナダ市に居残って市長と交渉したり、アクシズとの交渉ではエゥーゴ代表としてグワダンに赴いたり、シンタとクムにジュースを買い与えるなど、ただの高圧的な人物なわけではない(アーガマの戦いぶりに口を挟むのはアナハイムの社員としては当然の態度である)が、アーガマクルーからは疎まれているのは確かである。

なお、劇場版ではカミーユを殴るシーンはカットされ、アーガマクルーから疎まれているような描写も見当たらない(むしろ、会議中に家族からのビデオ レターを見ていたブライトが慌ててそれを消そうとした際に「消す事はないだろう」と咎めようとしないなど粋な一面を見せている)ため、テレビ版に比べれば 好人物として描かれているようだ。また、劇場版ではステファニー・ルオと親子という設定になっている。

『機動戦士ガンダムΖΖ』では、グラナダ市内に繰り出そうとしたジュドーをとがめ、修正しようと殴りかかったが、かわされて逆に腹を膝蹴りされた。その後、何かとトラブルの多いジュドー達をアーガマから退艦させようとしてブライトと衝突したが、ジュドー達の結束ぶりを見てあきらめた。


신고

+ Recent posts