카츠 하윈

화이트 베이스의 장난꾸러기 트리오의 하나. 사이드 7의 이주자의 아이로, 지온의 강습에 의해 부모를 잃었다. 그러나, 프라우를 비롯한 승무원들에게 둘러싸여 이내 활기차게 지낸다. 자브로에서는 샤아의 GM공장 폭파를 막았고, 아 바아오아 쿠에서 탈출하는 아무로의 의식을 파악해 유도하는 등, 어른을 뛰어넘는 대활약을 한다. 3명 중에서 제일 연상으로, 제일 점잖고 사려 깊다.







カツ・ハウィンカツ・コバヤシ)は、アニメ機動戦士ガンダム』『機動戦士Ζガンダム』などに登場する架空の人物。(声:白石冬美難波圭一:『機動戦士Ζガンダム』/浪川大輔:映画版『機動戦士Ζガンダム』)


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 一年戦争

『機動戦士ガンダム』第2話~43話に登場。サイド7戦災孤児として、ホワイトベースに避難。当時8歳。レツ・コ・ファンキッカ・キタモトらと3人組カツ、レツ、キッカのトリオとして、ホワイトベース内で可愛がられる。唯一トリオの中では第1話に未登場で、初登場はフラウ・ボゥに連れられホワイトベースへ避難してくる第2話の冒頭。トリオで最年長だったこともあって劇中では最も大人しくおっとりした性格に描かれていた(それ故『機動戦士Ζガンダム』登場時のエキセントリックな気性と齟齬を来しているとの指摘もある)。一時はジャブローにて施設に引き渡されそうになるが、3人の強い希望で引き続きホワイトベースに残れるようになった。子供ながら一年戦争を最終決戦まで生き抜き、その目に戦争の残酷さを焼き付ける。最終話ではア・バオア・クーを脱出するアムロのコア・ファイターをキッカやレツと共に誘導、ニュータイプの片鱗を覗かせていた。

一年戦争後、ホワイトベースの乗組員だったハヤト・コバヤシとフラウ・ボゥは結婚、レツ、キッカとともに引き取られ養子となり、カツ・コバヤシとなる。

[編集] グリプス戦役

15歳に成長したカツは、ハヤトのカラバ参加に伴い、地球連邦軍によって軟禁状態だったかつての英雄、アムロ・レイと共にカラバに参加する。ガンダムMk-IIでの無断出撃を行うが、父親であるハヤトの許可、そしてブライト・ノアらの承諾を得て宇宙へ上がりエゥーゴに参加する。

宇宙に上がる際、アムロから7年前のア・バオア・クー内部でシャアと撃ち合った拳銃を餞別としてもらう。以後、かなり思い入れがあるらしくそれは彼の命の次に大事な宝物となった。しかし、フォン・ブラウン市でジェリド・メサに一瞬の隙を突かれ奪われた際には、断腸の思いで銃の奪回を諦めた。しかし、神はカツを見捨てていなかったらしく、カミーユと共に避難したシェルターで偶然2人と居合わせ、見事に銃を奪い返した。

孤児として育ったためか、かなり感情の起伏が激しい。そのため、アーガマのエースパイロットであるカミーユ・ビダンや、エマ・シーンらに窘められる事が多かった。

ブライトが艦長を務めるアーガマから、ヘンケン・ベッケナーが艦長を務めるラーディッシュへと移動、そしてまたアーガマへと、所属艦を度々移動した。

当初は整備の手伝いなどをしていたが、後にモビルスーツパイロットになる。しかし、戦いに出る際の動機が稚拙であることが多く、あまり出撃は許可さ れなかった(エゥーゴの機体が少なかったことも原因のひとつである)。それでもよく無断出撃をする。しかし、いつも迷惑をかけていたのではなく、無断出撃 した際に民間人を装い偽名を使ってティターンズに占拠されたフォン・ブラウンに偵察目的で潜入したが、顔見知りのジェリドとマウアーに見つかってしまい、危うくあと一歩で射殺されそうになったカミーユの危機を救ったこともあった。その一方エゥーゴがアクシズと共同戦線を張った際には、旧ジオンであるアクシズへの反発から頑なに出撃を拒んだ。当初はネモに乗っていたが、Gディフェンサーが完成してからはその専任パイロットを務めた。

ティターンズ所属のサラ・ザビアロフと出会い、淡い恋心を抱いてまたもや周囲をかき回す。その想いは一途で、一度捕虜になったサラにそそのかされて脱出させてしまったときは、人間不信になる繊細な一面を見せる。物語終盤においてサラが心酔するパプテマス・シロッコを討とうとしたが、シロッコの盾となったサラを、自らの手で殺してしまう。

サラの戦死後、独断的な態度から、カミーユに銃を向けられる場面があった。

エゥーゴ、ティターンズ、アクシズの三つ巴の最終決戦の最中、ヤザン・ゲーブル率いるハンブラビ隊 と交戦状態となり、カツの乗るGディフェンサーはガンダムMk-IIへドッキングする。その直後離脱し、Gディフェンサーのコクピットブロック単体で戦闘 に割り込む。ハンブラビ隊との戦闘ではエマを救う。しかし、よそ見をして浮遊していた隕石に衝突し、ヤザンのハンブラビにビームキャノンの攻撃を受けて戦 死する。なお、劇場版ではヤザンの攻撃によってではなく隕石に激突死した形になっている。

カミーユのシロッコとの最終決戦では魂となって、カミーユに協力した。幻影となってカミーユの前に立ちはだかるサラを説得した。

なお機動戦士ガンダムΖΖにおいてのブライトとハヤトのやりとりによると、彼の戦死は第一次ネオ・ジオン抗争中にはフラウ、レツ、キッカには伝えられていなかったことがわかる。一方、機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―では家族に彼の死は伝わっており、静岡にあるコバヤシ家には遺影と位牌が飾られている。

[編集] 主な搭乗機

신고

+ Recent posts