ガンダムMk-II(ガンダムマークツー、GUNDAM Mk-II)とは、テレビアニメ機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』などに登場する架空の兵器。ティターンズが開発した汎用試作型モビルスーツだが、エゥーゴに奪取されて以降はカミーユ・ビダン等の乗機となり、エゥーゴの主力として活躍した。(型式番号:RX-178)

RX-178 건담 Mk-II (+플라잉 아머)

티탄즈가 그리프스에서 독자적으로 개발한 기체. 무버블 프레임을 본격적으로 채용한 기체이므로 획기적인 운동성을 자랑한다. 에우고가 탈취한 이후, 컬러를 변경하고 티탄즈 항쟁에 최전선에 투입된다. 수차례에 걸친 개수로 새로운 기능 향상이 꾀해졌다.

플라잉 아머는 대기권 돌입시에도 어느 정도 기동이 가능하고 더욱 더 나아가 SFS(서브 플라이트 시스템)로서도 운용하는 것이 가능하다. 실제로 대기권 내 전투에서도 도다이나 베이스자바에 필적하는 기동성과 항속거리를 MS에 부여하는 데 성공하고, Z건담이 '웨이브 라이더' 형태로 변신하는 것이 유용하다는 것을 실증하였다.






機体解説

機体諸元
ガンダムMk-II
型式番号 RX-178
所属 ティターンズエゥーゴ
建造 グリプス開発基地
生産形態 試作機
頭頂高 18.5m
本体重量 33.4t
全備重量 54.1t
ジェネレーター出力 1,930kW
スラスター総推力 81,200kg
センサー有効半径 11,300m
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
武装 ビームサーベル×2
ビームライフル
頭部バルカンポッド
ハイパーバズーカ
シールド(ミサイルランチャー装備可能)
搭乗者 (メインパイロット:エゥーゴ)
カミーユ・ビダン
エマ・シーン
エル・ビアンノ
(メインパイロット:ティターンズ)
エマ・シーン:1号機
カクリコン・カクーラー:2号機
ジェリド・メサ:3号機
(一時的に搭乗)
クワトロ・バジーナ
フランクリン・ビダン
カツ・コバヤシ
エルピー・プル

ティターンズが次期主力MS候補として、かつての名機ガンダム (RX-78-2) をベースに、当時のティターンズ主力MSだったジム・クゥエル等に使用されていた最新技術を投入して開発した機体である。主にスペースコロニー内での戦闘を想定し、グリプス開発基地において8番目に開発された。その名の通り、正統なガンダムの後継機である。一年戦争で活躍したガンダムを復活させることは、地球連邦軍内 や世間に対してティターンズの行為を正当化するための好材料でもあった。そのためティターンズが機体開発を統括し、ジオン系の技術者を排除、純粋な連邦系 技術のみを使用して完成に漕ぎ着けた。開発にあたっては、タキム重工のトップエンジニアを技術士官として招聘するなど、かつてのガンダム開発に携わった人 材が破格の待遇で集められた。開発責任者はフランクリン・ビダン大尉が務めた。

当時はまだ地球連邦軍やティターンズにガンダリウムγの製造技術がなかったため、装甲やフレームの材質がチタン合金セラミック複合材であるなど技術的に旧式な部分も少なくないが、初めて本格的にムーバブルフレームを採用したモビルスーツであり、ベースとなったガンダムが非常に優秀だったことも重なって、総合的に高性能な機体として仕上がっている(後にMSF-007ガンダムMk-IIIに技術が継承される)。

特にムーバブルフレームの構造は非常に優秀であり、高推力スラスターの搭載と相まって本機に高水準の運動性・機動性をもたらしている。そもそもジオ ン系モビルスーツはモノコック構造、連邦系モビルスーツはセミモノコック構造と設計概念が異なっており、この時代のモビルスーツは両者を必要に応じて使い 分けていた。純粋な連邦系技術のみで開発することにより、統一したフレームで機体を構成するムーバブルフレームの発想に至ったとも言われている。

ムーバブルフレームは装甲や武装を機体の基本構造を分離させることによってフレーム自身を可動優先の理想的な構造に設計することが出来、可動に応じ て装甲がスライドすることによってフレームを保護するものである。これによって機体の運動性能が大幅に向上し、メンテナンス性も向上することになった。こ のムーバブルフレームにはフィールドモーター技術が使用されており、フレーム自体が伸縮し、更には捻れることでストレスを軽減することが可能である。ま た、フレーム各部に設けられたヒンジやシリンダーは自重や加速、衝撃時の応力を分散させる機能も兼ねている。

フレームには各種のセンサーが内包され、得られたデータの管制を頭部に設けられたコ・プロセッサーを介してメイン・プロセッサーに伝達するととも に、プロセッサーから各アクチュエーターに指令を出し、応力や衝撃の分散を最適化する機能を有している。しかし、これらのデータは極めて膨大な量であり、 全てをメイン・プロセッサーで統制することは不可能であったため、データに優先度を設けて処理が行われていた。

本機はフレーム材質の問題から関節軸の摩耗が生じ、データ処理の優先度の関係からこの軸の偏摩耗の情報が機体制御へ十分に反映されていなかった。 ムーバブルフレームの採用によって可動軸が増えたため、機体全体としてこの偏摩耗による影響を無視することができなくなり、パイロットはこれを補正しなが らの操縦を強いられた。これらの機体の不安定さが、後述する墜落事故をはじめとする頻発する事故の要因となっていた。後にエゥーゴはこれらの欠陥を改良し、本機を主戦力として活用した。結果として、本機はエゥーゴに強奪されることによって本当の意味で完成したMSとなり、その性能を発揮することとなった。

また、本機はコア・ブロック・システムを廃し、一年戦争末期に提案された球形コクピットを発展させた全天周囲モニター・リニアシートを採用している。コア・ブロック・システムは「機体制御」と「パイロットの保護」の2つの役割を兼ねていたが、イジェクション・ポッドの採用でこれらを分離することが可能となり、機体制御を四肢にまで委ねるというムーバブルフレームへと昇華したとも言われる。

マニピュレーターはビームライフルのエネルギーパック化に伴い、エネルギーサプライシステムを廃止している。脚部にはムーバブルフレームに組み込まれる形でスラスター直結型のコ・ジェネレーターを搭載する。バックパックには4基のメインスラスターに加え、ビームサーベルホルダーを兼ねたフレキシブルバーニアスラスターを装備する。これによって重心点より離れた位置に作用点を配することができるため、効率的な機体制御が可能となった。本機の稼動データはΖガンダムをはじめとする可変MSの開発に大きく貢献した。ただし、構造材にガンダリウムγが使用されていないことから厳密な意味での第2世代MSではなく、第1世代から第2世代への過渡期にある機体と言える(第1.5世代MSと言われる場合もある)。

主武装としてエネルギーパックを採用したビームライフル(型式番号:BAUVA・XBR-M-8C2)を装備する。マニピュレーターによるモード変 更により出力調節が可能であり、1パックあたりの射撃回数は使用出力によって変動する。また、近接戦兵装としてバックパックにビームサーベル(型式番号: XB-G-1048L)を2基装備している。ビームライフルの最大出力は戦艦の主砲に匹敵する威力を有し、ビームサーベルの出力も高い水準にある。また、ガンダム試作1号機で試験採用された伸縮可能で先代のRX-78ガンダム同様に覗き窓が付いたシールド(型 式番号:RX・M-Sh-VT/S-00018)を腕部のマウントラッチを介して装着することができる(第49話では、シールドをマウントしている左腕が 破壊されたため、応急処置で左腕の付根にシールドを取り付けた機体でエマが出撃した)。このシールドは数度のビームの被弾にも耐えられるよう耐ビームコー ティングが施されており、裏面には予備のエネルギーパックをマウントできる(ただしこの状態ではシールドの覗き窓は使えなくなる)他、ミサイルランチャー を装備することもできる。追加武装としては散弾も発射可能なハイパーバズーカ(型式番号:Baz-85-Gry/Ver.045)があり、腰部のマウント ラッチに装着することができる。更に、ガンダムでは頭部に内装されていたバルカン砲を、装弾数向上のためバルカンポッド(型式番号:VCU-505EX- Gry/Ver.009)という形でオプション化している。銃口は左側に2門有し、右側はマガジンおよびバランサーとして機能する。このオプション化は頭 部にコ・プロセッサーを搭載したため、バルカン砲の搭載スペースが確保できなかったことにも起因する。その他、Gディフェンサーの主砲であるロングライフルを使用することもできる。

当初本機は全部で3機が製造されていたとされ、宇宙世紀0087年3月2日、サイド7グリーンノア1内での運用試験中に3号機がカミーユ・ビダンにより奪取され、エゥーゴの手に渡った。その後もティターンズ所属のエマ・シーンの離反により、結局3機全てがエゥーゴの手に渡る結果となった(ティターンズは残されたデータを基にバーザムを開発している)。後年になって4号機の存在が明らかになり、この4号機はMk-II強奪事件以前にグリーンノア1内で実施された高速機動試験中に墜落事故を起こしていたことが判明した。この時搭乗していたパイロットはほぼ即死状態であったとされている。

エゥーゴに渡った3機のうち1機は月のアナハイム・エレクトロニクス社にて機体構造の研究に使用され、1機は保守部品確保用として解体され(ただし解体の途中、カミーユ・ビダンによって左腕のない状態で出撃したことが数回ある)、残る1機(3号機)はアーガマ艦 内にてティターンズカラー(濃紺)から白を基調としたカラーリングに再塗装され、実戦投入された。武装についてもデータバンク内にあったものを全て再現 し、更には新たな追加オプションまでも開発して運用された。一年戦争におけるガンダムを連想させる白い機体となったガンダムMk-IIは、皮肉にも開発し たティターンズに対する戦闘で高い戦果を挙げた。ガンダムの正当な後継機ガンダムMk-IIを手に入れたということは、エゥーゴにとって勝利の象徴として も大きな意味を持った。

エゥーゴではアーガマやラーディッシュで運用され、ニュータイプとして最も優れた資質を秘めていたカミーユ・ビダンの能力により、グリプス戦役中 盤頃まで最新機と互角以上に渡り合うなど高い性能を誇っていた。また、数回に渡る改修を受け、高性能化が進むティターンズのMSに対抗していった。後に旧 式な装甲の補強及び火力・機動力の強化策としてGディフェンサーが開発された。ガンダムMk-IIはGディフェンサーと一緒に運用されることで、グリプス 戦役終盤までエゥーゴの主力機として活躍した。

後に開発された百式やΖガンダムには、ガンダムMk-IIの技術(ムーバブルフレーム等)が投入されている。また、Ζガンダムの飛行形態であるウェイブライダーの試作実験用として、エゥーゴはオプション兵装であるフライングアーマーを開発した。これを試用したガンダムMk-IIは無事大気圏再突入を果たし、Ζガンダム開発への貴重なデータを持ち帰った。

ガンダムMk-IIは、第一次ネオ・ジオン抗争時にもアーガマやネェル・アーガマに配備された。ネオ・ジオンの最新機に比べ旧式化してしまってはいたものの、ガンダムMk-II用の新支援機メガライダーも導入され、量産機が相手であれば互角以上の戦いを見せた。ガンダム・チームの一翼を担い、第一次ネオ・ジオン抗争の最終決戦まで戦い抜いた事実は、本機の汎用性と高性能を証明していると言えよう。なお、第一次ネオ・ジオン抗争におけるガンダムMk-IIの装甲はガンダリウム合金製のものに換装されているという説が存在するが、詳細は不明である。


신고

+ Recent posts