규네이 거스

뉴타입연구소에서 양성된 강화인간이다. 샤아에게 관심이 쏠린 쿠에스를 사랑하지만 샤아의 존재를 의식한다. 인조 뉴타입이라는 콤플렉스를 갖고 있으며 올드타입 동료들에게 따돌림과 질시를 받는 처지이다. 뉴 건담을 포획해 샤아를 눌러 버리겠다는 호승심으로 케라를 인질로 잡지만, 아무로의 뇌파에 반응한 핀판넬에 분노하여 결국 죽이고 만다. 후에 네오지온과 론도벨의 마지막 결전에서 아무로에게 패하여 전사한다.





ギュネイ・ガスGunneys Guss) は、アニメ機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する架空の人物。 ネオ・ジオンのパイロットである。階級は准尉。(声優:山寺宏一


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 略歴

ネオ・ジオン軍のナナイ・ミゲルが所長を務めるニュータイプ研究所出身の強化人間ヤクト・ドーガのパイロットであり、ロンデニオンではシャア・アズナブルの護衛を務める。本人の談からコロニー生まれだが戦災で孤児になった過去があることが窺える。

過去のシリーズに登場した強化人間とは違い精神的に安定している点が大きな特徴で、むしろ健康な若者に多く見られがちな血の気の多さの方が目に付く 人物である。ギュネイの様子に「強化しすぎではないのか?」と、強化人間特有の精神的不安定さを懸念したネオ・ジオン高官の発言に対し、シャアは「若いの さ」と答えている。

シャアが私情で連れ込んできたクェス・パラヤに当初は迷惑していたものの、ヤクト・ドーガの試験飛行でファンネルを上手く使う等の要素から本物のニュータイプとして認め、惹かれはじめていく。しかし、クェスはシャアに興味を持ち、ギュネイのアプローチに全く答えなかった。

全く構ってくれないクェスに苛立ったギュネイは、シャアを超え、クェスを振り向かせるという極端な考えを抱くようになっていく。そして、その証明の為にアムロ・レイの打倒とνガンダムの獲得に固執していく。核ミサイルからアクシズを防衛する為に出撃したギュネイは、リ・ガズィのパイロットであるケーラ・スゥを 人質にとり、アムロに投降とνガンダムの放棄を迫る。アムロはフィン・ファンネルを外したが、ただの放熱板を外しただけと勘違いしたギュネイは部下にアム ロを殺せと命じ、その電撃攻撃を受けた時の衝撃でフィン・ファンネルが過剰反応を起こす。それに怒ったギュネイは、ケーラをヤクト・ドーガの手で圧殺し、 アムロの反撃に押され、撤退する。

アクシズ落とし実行の際にクェスのα・アジールと 共に出撃。功を焦ったギュネイは、バズーカとシールドを捨てたνガンダムの動きに一瞬惑わされ、真上からビームライフルの直撃を背部バックパックに受けて 機体は爆発、戦死した。クェスは仲間の死に若干困惑したものの、大事な異性を失ったという意味の涙を流すことはなかった。

ちなみに、小説版「ベルトーチカ・チルドレン」では、グラーブ・ガスという名前の人物が、劇場版のギュネイと同じ役回りで登場してい る。乗機はサイコ・ドーガ(ただし、α・アジールのベースとなったNZ-222 サイコ・ドーガとは別の機体で、MSN-03-2 サイコ・ギラ・ドーガと呼ばれる機体である)。なお「ベルトーチカ・チルドレン」をサウンドドラマ化した、角川カセット文庫版ではグラーブの声を松本保典が担当している。

[編集] ゲーム版での人物像

基本的な設定は映画版と同一だが、大幅に異なったテイストで描かれている。ゲーム「スーパーロボット大戦D」 では男主人公ジョシュア・ラドクリフの友人という極めて重要な役になっており、全く異なる役割となっている。ゲーム中で相談を持ちかける、一緒に食事に出 かける、シャワー室で会話してるなど、クェスやシャアよりもジョシュアとの出番が多いと言っていい程である。また、クェスとの関係も(場の空気を読まない 行動を起こすクェスのフォローに苦労しているものの)かなり改善されており、最終決戦時にはクェスから「ギュネイは私を守ってくれるんでしょ?」という言 葉をかけられ、それに嬉しそうに反応するなどそれなりにいい関係になっている(ちなみにこのゲームではハサウェイが登場しない)。

[編集] 搭乗機体


신고

+ Recent posts