쿠에스 파라야

지구 연방의 국방 참모 아데나워 파라야의 천방지축 딸. 비행선에서 만난 하사웨이의 관심을 받지만, 아무로에게 마음이 가있다. 아무로의 곁에 있는 첸의 존재를 의식, 결국 샤아에게 가 버리는 복잡한 인물. 나나이에 의해 뉴타입으로 각성하지만 전투 중 서로 모른채 아버지를 죽이고 만다. 결국 첸의 직격 미사일을 맞고 숨지지만, 시대의 눈물에 공감하지 못하고 빗나가 버린 미숙한 뉴타입의 한계를 보여줬다.








クェス・パラヤ (Quess Paraya) は、アニメ機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する架空の人物。ネオ・ジオンの正式なパイロットではない。(:川村万梨阿


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 略歴

地球連邦軍参謀次官、アデナウアー・パラヤの娘で地球生まれの地球育ち。天真爛漫で感受性が強く、感じたことをストレートに表現する性格である。家庭内の不和により家出し、インドのクリスティーナという女性のもとでニュータイプになるための修行をしていたが、宇宙世紀0093年の第二次ネオ・ジオン抗争の始まった頃に、父の依頼を受けた警察によって連れ戻される。その後アムロ・レイハサウェイ・ノアと出会い、ハサウェイとは親友のような関係になり、アムロに惹かれはじめる。

しかしアムロとチェーン・アギの仲を察し、チェーンにアムロとの縁を断ち切るようにつっかかるようになる。そしてロンデニオンシャア・アズナブルと出会い、アムロとシャアが格闘するのを眼にする。シャアにつかみかかるアムロを妨げ、シャアに誘われたクェスはチェーンへの嫉妬も手伝って、それに応じ、ネオ・ジオン側に身を寄せる事となる。

その後ニュータイプ研究所の訓練を幾度か受けただけでファンネルを操って見せ、その非凡な素養の高さを見せた。ニュータイプ研究所の所長ナナイ・ミゲルに対しても、シャアとの仲のため反抗的な態度をとっており、クェスの才能に惚れた強化人間ギュネイ・ガスのアプローチも全く相手にしなかった。そしてシャアは自分のことを慕うクェス(父親として求める気持ちもあった)を、結果的に手駒として利用していただけだった。

その圧倒的なニュータイプ能力と、ニュータイプ専用モビルスーツであるヤクト・ドーガα・アジールで連邦軍に対して次々と戦果を挙げていくが、ギュネイと2人掛りでもνガンダムを駆るアムロには全く歯が立たなかった。

やがて戦場でハサウェイと再会し、その説得に心を開きかけるが、事情を知らないチェーンの攻撃からハサウェイを庇って戦死する。この事はハサウェイにとって深いトラウマとなり、彼はその傷を抱えながらシャアの思想に傾倒していき、ハサウェイは後に反地球連邦活動に身を投じていくことになる。

ちなみに、偽名の「クェス・エア」はアデナウアー・パラヤの娘であることを隠すためにシャアが名付けたものである。

[編集] GUNDAM EVOLVE

これは、“映画版にのっとる必要はない”とガンダムの生みの親である富野由悠季が、『逆襲のシャア』のストーリーを新たに書き下ろした作品(新訳)である。オールCGアニメ作品であるGUNDAM EVOLVEで唯一、CGとセル画を融合させた作品となっている。

ジェガンに乗ったハサウェイ・ノアから、何らかの衝撃的なことを言われ、クェスが思わずバルカン砲で彼を撃墜してしまうところから物語は始まる。それを感知したアムロ・レイνガンダムを駆り、優しく、厳しく諭すという内容で、二機の交戦中に二人はハサウェイがまだ死んでいないことを知り、クェスが彼を救いに行くところで話が終わる。この作品に出てくるアムロは、α・アジールを一瞬で捕獲したり、αのファンネルのビームの隙間を縫うように回避したり、そのままあっさりと撃ち落したりと、驚異的な技量を見せている。それでいて、子供のわがままを叱ることのできる父性的な面も持ち合わせており、人間的にも深い人物であるような描写で書かれている。

[編集] 搭乗機体



신고

+ Recent posts