하몬 랄

란바 랄의 처로 본래의 이름은 크라우레이다. 전쟁터에서도 항상 그의 곁을 떠나지 않을 정도로, 란바 랄이 출격했을 때는 후방에 남아 엄호하기도 하는 등 아내인 동시에 동지인 여걸이다. 우연히 만난 아무로에게 강한 인상을 주기도 하고, 그녀 자신도 모성 본능으로 아무로에 호감을 가지기도 했다. 하지만 남편 랄이 전사하자 특공대를 이끌고 화이트 베이스를 급습, 건담을 거의 폭파시킬뻔 했으나 류의 육탄공격으로 그 뜻을 이루지 못하고 전사하였다.








クラウレ・ハモン (Crowley Hamon) は、アニメ『機動戦士ガンダム』の登場人物。12話・16話・17話・19話~21話に登場した。(声:中谷ゆみ

ランバ・ラルの内縁の妻。正式な軍人ではないが、部隊内ではラルと同等の指揮権を持っている。ランバ・ラル隊と共に地球へ降りてきた。なお、劇中ではハモン・ラルと表現されていて、クラウレの名は準備稿であった。マチルダと並んでアムロが惹かれた大人の女性であり、彼に大きな影響を残した。 

初登場は12話で、ラルと共に登場。19話ではラル達と砂漠の町ソドンを訪れ食事に立ち寄った店内で、ホワイトベースを脱走し離れていたアムロと偶然出会い、気に入って食事を奢ろうとする。

20話でゲリラ戦を挑んだラルの戦死を知り、怒りにまかせギャロップで 突撃するが、ビームジャベリンの(劇場版ではビームライフルの)直撃を受けてギャロップは爆発、辛くもブリッジを射出して脱出に成功した。21話では、カ スタムのノーマルスーツに身を包み、部隊の生き残りと共にホワイトベースへ特攻をかける。本来はギャロップで牽引されていたカーゴにギャロップのエンジン を搭載し、爆弾を積んでホワイトベースに向けて突撃させることによりアムロの注意を逸らせマゼラトップで背後を取ることに成功したが、止めを刺そうとした瞬間、横からいきなり突っ込んできたリュウ・ホセイのコアファイターと激突し、彼と共に爆死する。因みに劇場版『哀・戦士編』では黒い三連星との戦闘の後にハモンの復讐戦が描かれていた。

16話でマ・クベに補給依頼をする際に、彼の狡猾な性格を鋭く見抜いたコメントを付けた的確な判断力、そしてラルの死後に見せた生き残り部隊への堂 々たる指揮官ぶりなどからも能力は高く、ラル隊の全隊員からも信頼されていた。ギャロップの最上部のブリッジにラルと共にいたり、12話では出撃するラル とくちづけを交わすなど相思相愛ぶりを垣間見せてもいる。

なお、小説版ではジオン・ダイクン及びギレンの元愛人で、ラルは3番目の男とされていたが、『モビルスーツバリエーション』の設定では、ラルと出会ったのは一年戦争時とされ、一般的にはこちらが公式設定とされている。漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では「かなり以前からの知り合い」という設定を与えている。

『THE ORIGIN』では彼女の過去も語られており、ティーンエイジャーの頃に後にジオン・ダイクンの妻になる女性アストライアの勤める酒場「エデン」に年齢詐 称の上で歌姫として出入りするようになり、この頃にラルと知り合ったと思われる。その後、店を引き継ぐと共にラルの情報屋を務め、キャスバル・アルテイシ ア兄妹のジオン脱出行では自らガンタンクに乗り込んでザビ家・連邦軍双方の追撃をかわす活躍を見せた。「過去編」に於いても彼女とラルの描写に相当な紙数を割いていることから、作者の安彦良和にとって二人はかなりのお気に入りキャラクターであることが窺える。

w:en:Hamon Crowley


신고

+ Recent posts