제리드 메사

티탄즈의 엘리트 파일럿. 티탄즈라는 엘리트의식에 취해 거만한 탓에 처음부터 까미유와 뒤틀린 인연으로 다가선다. 그 자신은 모르고 한 일이지만 결정적으로 까미유의 어머니를 죽인 탓에 까미유와 앙숙관계가 되었으며, 자신도 까미유에게 라이라,카그리콘,마우아 등 동료들을 연달아 잃고 절치부심 복수를 벼르지만, 좀 대단한 올드타입 정도로는 뉴타입 까미유의 상대가 되지 못했다. 그런 그가 좀더 나중에 죽을 수 있었던 것도 그 동료들의 희생 덕택이었지만, 마지막에는 그나마의 운도 다해 전우를 모두 잃어 버리고, 외톨이로 까미유에 질기게 대항했지만 결국엔 죽음으로밖에 까미유와의 악연에 종지부를 찍을 수 없었다.




ジェリド・メサ (Jerid Messa) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。地球連邦軍の精鋭部隊ティターンズに所属するモビルスーツパイロット。階級は中尉。放映開始時の年齢は24歳。エゥーゴのエースパイロットカミーユ・ビダンとは因縁浅からぬ関係で、Ζガンダムはある意味、彼とカミーユの物語と言えなくもない。(:井上和彦


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 略歴及び劇中での活躍

宇宙世紀0063年、アメリカ南部の軍人家庭に生まれる。宇宙世紀0086年8月、士官学校入学時の適性テストで好成績を修めたことにより、ティターンズに指名された。その後の半年に及ぶ訓練の結果、ガンダムMk-IIのパイロット候補に抜擢される。カクリコン・カクーラーエマ・シーンとは同期で、近年ガンダムエースで連載された漫画では同じ部隊だったティターンズ時代のエマに好意を寄せていたシーンも見受けられた。

宇宙に上がってきたカクリコンやエマらの同僚をグリーン・ノア1の宇宙港で出迎えていたジェリドは、通りかかった少年カミーユの名を聞いて小馬鹿に したような言葉を呟き、これに激怒したカミーユに殴りかかられる。この騒動の後、Mk-IIの飛行訓練を行っていたジェリドは誤ってカミーユの拘束されて いるビルに墜落してしまう。墜落事故による混乱の中、侵入したエゥーゴとカミーユにMk-IIを奪われた。その後、ジェリドはカミーユの居るアーガマの追撃に参加するが、その過程でライラやカクリコンといった戦友をカミーユのために失うことになった。

地球に降りたジェリドは爆破寸前のジャブローマウアー・ファラオと出会い、彼女の助けもありジャブローを脱出する。その後、彼女と共にガブスレイでコンビを組みカミーユを苦戦させ、後にガディ・キンゼーの指揮するアレキサンドリアに異動。毒ガス作戦などにも参加したが、廃コロニーにおけるアーガマとの戦闘でマウアーがジェリドの盾となって戦死してしまう。ジェリドはアーガマに特攻を仕掛けるが、奮戦も空しく阻止される。

この戦いで負傷したジェリドは治療のためキリマンジャロに降りるが、そこでカミーユとフォウを目撃し、バイアランを半ば奪うような形で出撃、カミーユのΖガンダムを庇ったフォウのサイコガンダムを撃墜した。その功が認められたのか、メロゥドの指揮を任されてダカールを襲撃するエゥーゴとカラバを追撃するが、ここでは目立った戦果は無く、逆にティターンズの非道として敵のプロパガンダ放送に利用される羽目になった。

宇宙に再び上がってからはジャミトフの護衛役に抜擢されてハマーンとの会見場などに同席する。また、この時期にはアーガマのリック・ディアス隊を率いるアポリー中尉を撃墜する功を立てている。

ジャミトフ暗殺後はロザミア・バダムバウンド・ドックを 与えられた(配色の異なる専用機も存在するが、アニメには登場しなかった)らしく、最終決戦時にその機体を駆ってカミーユと戦った。隙を見せたカミーユの Ζガンダムに組み付いたジェリドだったが、Ζの射撃を受けた反動で、近くで爆沈していたラーディッシュに衝突し無念の戦死を遂げた。不運で始まった彼のグ リプス戦役はやはり不運で幕を閉じるのだった。彼の最期の台詞は爆発によりかき消され途切れている。

幾度と無くカミーユと対峙し、時にはカミーユを窮地に追い込むこともあったが、何時も邪魔が入るなどして敗れ去る。カミーユ打倒に固執しすぎたため に彼の人生は大きく狂ってしまったが、本来ならば将来有望なパイロットであったことは間違いない。 バスクの策略でカミーユの母を殺害した際など一部の心理描写によりニュータイプの資質もあったともいわれているが、明確なシーンは無く推測の域を出ない。

[編集] 余談

ガンダムシリーズにおいて一作品において搭乗したモビルスーツ種類数(7種類、劇場版では6種類)は現在の所最多である。その他のガンダムシリーズで搭乗種類数の多いパイロットにはシャア・アズナブル(一作品で4種類)、ラウ・ル・クルーゼ(一作品で4種類)、トロワ・バートン(一作品で6種類)、アスラン・ザラ(一作品で5種類(ザクとブレイズザクウォーリアーを別機体としてみた場合)だが、漫画版を含めると6種類)などが存在する。

彼も数少ないモビルアーマー撃墜エースと呼ばれているが、撃墜したモビルアーマー2機はどちらも敵に寝返った自軍の機体だった(サイコガンダムアッシマー)。ちなみに、他のエースはテレビ版では7機(劇場版では2機)撃墜しているアムロ・レイ、3機撃墜しているカミーユ・ビダンである。

何度撃墜されても生き延びた彼は名誉か不名誉かデータ収集役に最適であり、その為、ティターンズ上層部からはテストパイロット扱いされたのではないかと、宝島社「僕たちの好きなガンダム 全モビルスーツ&メカニック徹底解析編」では論じられている。

一方でエースとしての素質はあり、ニュータイプの可能性を示唆する描写も指摘されている。カミーユと不運な出会いさえなければ順風満帆な人生を送れたかもしれないキャラでもある。

脚本のミスのため、第4話「エマの脱走」において汚名挽回という台詞を発するシーンがある。汚名は本来「返上」すべきものであり、「挽回」してしまうと「恥の上塗りをする」事になり、つまりは間違った用法(「名誉」ならば「挽回」で正しい)であるが、(専門家の間に異論が存在する、日本語の誤用参照)ジェリドはその後失敗続きであったため、「彼に関して言えば間違いではない」と(冗談ではあるが)主張するファンも多い[要出典](なお、その台詞を受けたバスク・オムも「汚名挽回」と発言している)。間違いであるとの指摘が殺到したためか、翌週以降のジェリドの台詞には「名誉挽回」が非常に多く登場する。また、ゲームソフト「テイルズオブファンタジア」において、同じく井上和彦が声優を担当するクラース・F・レスターが、「汚名挽回」という台詞について「汚名は返上するものだ。挽回してどうする?」いう声優ネタが見られる。


[編集] 搭乗機体


신고

+ Recent posts

티스토리 툴바