쟈미토프 하이맨

지구 연방의 대장이면서 티탄즈를 주도하고 있는 인물. 재정 쪽에도 손을 뻗쳐 지구에서 꽤 영향력이 큰 인물이다. 티탄즈의 활성화를 위해 이단자라고 할 수도 있는 시로코를 등용해 거함 도고스기아를 맡기는 등 노력을 했지만 시로코를 신뢰하지는 않았다. 결국은 시로코의 손에 죽고 말았지만, 음흉하고 비열한 권모술수로 경쟁자를 숙청하여 권력을 움켜쥔 그에게는 나름대로 걸맞는 죽음이었다.





ジャミトフ・ハイマン (Jamitov Hymem 宇宙世紀?~0088年1月) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』及び、OVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の人物。ティターンズの最高司令官。(声優、TV版前半:池田勝、TV版後半・劇場版・0083版:西村知道


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 略歴及び人物像

出身地はフランス地区と言われている。地球連邦の経済官僚だった彼は一年戦争時、敵であるジオン公国ギレン・ザビの思想に強い影響(賛同した訳ではなく、激しい憎悪や侮蔑の結果似たとも)を受け過激な地球至上主義に染まったと言われている(それ故、エゥーゴ指導者ブレックス・フォーラに「第二のザビ家を目論む男」と揶揄された)。

宇宙世紀0083年に起きたデラーズ紛争では上司のジーン・コリニーと共謀し、デラーズ・フリートのシーマ・ガラハウ艦隊を地球永住権を餌に買収した。更に対立していたジョン・コーウェンを失脚させジオン軍残党狩りを目的とする特殊部隊『ティターンズ』を設立する。当時の階級は地球連邦軍准将で、この後に大将に昇進した。彼は腐敗した連邦政府と軍首脳部を嫌悪しており(その根拠の1つに、上司であるジーン・コリニーを謀略で退役させたことが挙げられる)、ティターンズ設立の真の目的は、独裁政権獲得による即効性の高い改革を断行する為の第一歩として、強力な戦力と特権による自由活動が可能な私兵集団を持つことであった。スペースノイドに 対して常に差別意識と警戒感を持っていた連邦政府に、危険なスペースノイドの代名詞とも言える「ジオン軍の残党狩り」という大義を掲げることによって、連 邦内での勢力の拡大は容易となる。なお、勢力を拡大する前段階として全ての親族と絶縁しており、有事に累が及ばないよう配慮している。

宇宙世紀0087年、グリプス戦役が勃発するが、前線の指揮は腹心のバスク・オムに任せており、自身は連邦議会でティターンズの権限を引き上げる法案を可決させるなど政治活動に専念する。また、徐々に増長してきたバスクを牽制する狙いで、木星船団の指揮官であったパプテマス・シロッコを登用する。同年10月にアクシズが地球圏へ帰還してきてからは、ティターンズの宇宙拠点であるゼダンの門に構えて、ハマーン・カーンと会見を行うなど最高司令官らしい働きをするようになるが、ゼダンの門崩壊後、グワダンでのシロッコ、ハマーンとの会談中にシロッコによって暗殺された(但しティターンズの一般兵士や、後にニューディサイズを名乗る教導隊の青年将校といった連邦軍内のティターンズ支持派はジャミトフの死をエゥーゴによる暗殺と思い込んでいた)。

軍の司令官としては有能とは言えないが、権力者としての度量は持ち合わせており、ゼダンの門脱出の際には部下の安否を心配する一面も見られた。ま た、政治家としては極めて有能で、流れを読み適した方便を提供し、連邦議会も利用して連邦軍の全権を掌握する寸前にまで権限を拡大した。しかし、血判を もって忠誠を誓ったシロッコの謀反を見抜けなかったように、人物を見極めるのは甘く、それが命取りとなった。

ティターンズの特徴であるアースノイド偏重思想(選民思想) をジャミトフ自身が抱いている描写は劇中に存在せず、寧ろティターンズの勢力拡大の方便として、スペースノイドとアースノイド間の対立を利用しただけのよ うに見える。彼の理想は、環境汚染に苦しむ地球を守るために、戦争を利用して人類を粛清・統御することであった。彼にとって、ティターンズはこの理想を達 成するための道具でしかなかった。

また、ティターンズと言う組織の性格上、ただの悪人と思われがちだが、シロッコやハマーン、ほとんどの地球連邦政府高官たちよりは地球の事を真剣に考えていたと言えるだろう。実際、30バンチ事件やグラナダへのコロニー落としなど、バスクら武闘派の増長は、結果がティターンズに政治的有利となるものでもかなり苦々しく思っていたようである。


신고


자미토프 하이만

이때는 연방군 준장. 기렌과 동일한 선민 사상을 가진 위험 인물이다. 스스로의 이상을 실천하기 위해 연방군의 사물화를 획책하고 있었던 자미토프는 실력과 실적을 겸비한 코웬 중장을 책모로 숙청했다. 그 후, 연방군 내 온건파를 잠재우고 티탄즈를 창설, 스스로 총수가 됐다.







ジャミトフ・ハイマン (Jamitov Hymem 宇宙世紀?~0088年1月) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』及び、OVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の人物。ティターンズの最高司令官。(声優、TV版前半:池田勝、TV版後半・劇場版・0083版:西村知道


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 略歴及び人物像

出身地はフランス地区と言われている。地球連邦の経済官僚だった彼は一年戦争時、敵であるジオン公国ギレン・ザビの思想に強い影響(賛同した訳ではなく、激しい憎悪や侮蔑の結果似たとも)を受け過激な地球至上主義に染まったと言われている(それ故、エゥーゴ指導者ブレックス・フォーラに「第二のザビ家を目論む男」と揶揄された)。

宇宙世紀0083年に起きたデラーズ紛争では上司のジーン・コリニーと共謀し、デラーズ・フリートのシーマ・ガラハウ艦隊を地球永住権を餌に買収した。更に対立していたジョン・コーウェンを失脚させジオン軍残党狩りを目的とする特殊部隊『ティターンズ』を設立する。当時の階級は地球連邦軍准将で、この後に大将に昇進した。彼は腐敗した連邦政府と軍首脳部を嫌悪しており(その根拠の1つに、上司であるジーン・コリニーを謀略で退役させたことが挙げられる)、ティターンズ設立の真の目的は、独裁政権獲得による即効性の高い改革を断行する為の第一歩として、強力な戦力と特権による自由活動が可能な私兵集団を持つことであった。スペースノイドに 対して常に差別意識と警戒感を持っていた連邦政府に、危険なスペースノイドの代名詞とも言える「ジオン軍の残党狩り」という大義を掲げることによって、連 邦内での勢力の拡大は容易となる。なお、勢力を拡大する前段階として全ての親族と絶縁しており、有事に累が及ばないよう配慮している。

宇宙世紀0087年、グリプス戦役が勃発するが、前線の指揮は腹心のバスク・オムに任せており、自身は連邦議会でティターンズの権限を引き上げる法案を可決させるなど政治活動に専念する。また、徐々に増長してきたバスクを牽制する狙いで、木星船団の指揮官であったパプテマス・シロッコを登用する。同年10月にアクシズが地球圏へ帰還してきてからは、ティターンズの宇宙拠点であるゼダンの門に構えて、ハマーン・カーンと会見を行うなど最高司令官らしい働きをするようになるが、ゼダンの門崩壊後、グワダンでのシロッコ、ハマーンとの会談中にシロッコによって暗殺された(但しティターンズの一般兵士や、後にニューディサイズを名乗る教導隊の青年将校といった連邦軍内のティターンズ支持派はジャミトフの死をエゥーゴによる暗殺と思い込んでいた)。

軍の司令官としては有能とは言えないが、権力者としての度量は持ち合わせており、ゼダンの門脱出の際には部下の安否を心配する一面も見られた。ま た、政治家としては極めて有能で、流れを読み適した方便を提供し、連邦議会も利用して連邦軍の全権を掌握する寸前にまで権限を拡大した。しかし、血判を もって忠誠を誓ったシロッコの謀反を見抜けなかったように、人物を見極めるのは甘く、それが命取りとなった。

ティターンズの特徴であるアースノイド偏重思想(選民思想) をジャミトフ自身が抱いている描写は劇中に存在せず、寧ろティターンズの勢力拡大の方便として、スペースノイドとアースノイド間の対立を利用しただけのよ うに見える。彼の理想は、環境汚染に苦しむ地球を守るために、戦争を利用して人類を粛清・統御することであった。彼にとって、ティターンズはこの理想を達 成するための道具でしかなかった。

また、ティターンズと言う組織の性格上、ただの悪人と思われがちだが、シロッコやハマーン、ほとんどの地球連邦政府高官たちよりは地球の事を真剣に考えていたと言えるだろう。実際、30バンチ事件やグラナダへのコロニー落としなど、バスクら武闘派の増長は、結果がティターンズに政治的有利となるものでもかなり苦々しく思っていたようである。


신고

+ Recent posts

티스토리 툴바