데긴 소도 자비

지온국의 공왕으로 공화국 시절 부통령으로 당시 대통령인 지온 줌 다이쿤의 오른손이었으며 지온의 사후 정권을 승계하게 된다. 하지만 지온을 암살하여 정권을 잡았다는 의심을 받고 있으며, 족벌 체제를 구축하여 지온이 구축한 공화국 체제를 공국으로 이행하고 독재자로 군림했다. 나중에는 가르마와 도즐의 전사에 심경이 변화, 스스로 평화협정을 맺으려고 했지만 아들 기렌 대장의 명령에 의해 발사된 솔라 레이에 의해 협상 당사자인 레빌 장군과 함께 희생자가 되고 말았다.


デギン・ソド・ザビ (Prince Degwin Sodo Zabi,U.C.0017年~0079年12月30日) は、アニメ『機動戦士ガンダム』の登場人物。(テレビ永井一郎、映画I藤本譲、映画III・特別編I/III柴田秀勝
TV版登場話数:第10話~12話・37話・38話(シャアの回想)・40話~42話

ジオン公国公王でギレンらの父。放映開始時の年齢は62歳。ジオン・ズム・ダイクンの死後ジオン共和国に公国制を敷き、独裁を強めたが、その後実質的に隠居した状態になっていた。政治的には穏健派の立場を取り、急進的なギレンと対立する。乗艦はグワジン級戦艦1番鑑グレート・デギン。 

彼にはギレン・ザビ総帥(大将、長男)、サスロ・ザビ(次男/三男)、ドズル・ザビ中将(三男/次男)、キシリア・ザビ少将(長女)、ガルマ・ザビ大佐(四男)の5人の子がいる(テレビ版の準備稿ではミハル・ザビという娘もいた)。妻はナルス・ザビ(ナリスとする説あり)だが子の母親に関しては諸説ある。なお、サスロ・ザビ、ナルス・ザビに関しては一年戦争前に死亡しているため『機動戦士ガンダム』には登場しない。

かつてはジオン・ズム・ダイクンと盟友関係にあり、0058年のジオン共和国宣言時 には地球連邦軍駐留部隊の切り崩しに尽力した。また、連邦軍に対抗するために、共和国宣言時に成立したジオン国防隊を0062年にジオン共和国軍に昇格さ せ、軍事力の強化に努めた。このようなデギンの軍事路線はダイクンにとって認め難いことだったが、連邦へ対抗するために容認せざるを得なかった。(なお、安彦良和漫画作品『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、連邦政府との軍事衝突も辞さずという強硬な態度をとっていたのはむしろダイクンの方で、デギンは非戦派であったという新解釈が採られている。)

だが、0067年の連邦政府のコロニー自治権整備法案が廃案となると、両者の対立は強くなり、0068年にダイクンは急死してしまう。これはデギンとギレンによる暗殺とするのが一般的である。ジオン共和国初代首相で あった病床のダイクンにより次期首相に指名され(これには、この先起こるであろうダイクン派とデギン派の抗争を避ける為に、後継者にデギンを指名したと言 う説と、「自分を暗殺しようとしたのはデギンだ」と教えようとしたダイクンの行動をデギンが巧妙に利用したとの説がある)2代目首相となると、ダイクン派 (旧ジオン派)を粛清して全権を掌握し、0069年8月15日公国宣言を行い、ジオン公国初代公王に就任した。しかし、ダイクン暗殺の報復として次男サスロが車に仕掛けられた爆弾テロにより暗殺(ジンバ・ラル謀 略説、キシリア謀略説あり)され、さらに妻ナルスがガルマを産んだ際に死亡してしまい、デギンは徐々に憔悴していく。また、ダイクンを打倒して頂点に立っ てしまったことで功成り名を遂げた後の虚無感に襲われるようになり、全権を子供達に譲り政治的に隠居した状態になってしまった。その後、長男ギレンは軍事 独裁路線を推し進めるが、デギンはこれをよしと思わなかった。また、同じく軍事独裁路線をとる長女キシリアも好ましく思っていなかったようである。

0079年1月3日、ジオン独立戦争、後の一年戦争が始まったが、デギンにとってこの戦争の目的はジオン公国を地球連邦に対抗し得る、完全な独立国家としての一国ジオニズム主義を認めさせることにあった。しかし、ギレンは当初これを認めていたものの、後に完全に地球連邦を征服した上での、選ばれた優良種たるジオン国民による全人類の管理・運営を目的とするようになった。そのためギレンにとって父デギンは次第に邪魔な存在になっていく。

デギンは上記のような経緯から猛々しい性格のギレンやキシリア、ドズルを疎み、素直で優しい四男ガルマを溺愛していたが、ジオン独立戦争が予想外の長期にわたり、ガルマは戦死してしまう。デギンはその一報を聞いた際に、持っていた杖を使者の前で取り落とすほどの衝撃を受けた。デギンはガルマの密葬を望んだが、ギレンは国葬として戦意高揚に利用し、両者は対立を深めていく。これ以降、デギンはギレンの独裁を抑えるため、ギレンとキシリアの政治的対立を防ぐために、首相のダルシア・バハロに命じ、密かに連邦との講和を図った。

その後、ソロモン陥落に際し三男ドズルまでも失うが、ガルマの時とは対照的に「ドズルにしてもっともなことであるよ」と冷ややかな言葉を発し、ギレ ンを激怒させる。ギレンによる軍政が数百万人を超えるコロニー住民の強制疎開にまでエスカレートし、ソーラ・レイを使用した強引なア・バオア・クー最終決 戦を目論んだ時点で亡国の危機感を強め、ギレンを中世紀の独裁者アドルフ・ヒットラーになぞらえ「ヒットラーの尻尾」と揶揄している。なお、この後の台詞がTV版では「ヒットラーは敗北したのだぞ」から、劇場版『めぐりあい宇宙編』では「ヒットラーは身内に殺されたの だぞ」と史実(愛人エヴァ・ブラウンと共に自殺)と食い違うものに改変されていたが、その後キシリアにギレンが暗殺されたことを考えると、この台詞はギレ ンの末路をより的確に言い表していたものといえよう(政治活動家だったデギンがヒットラーの末路について無知だったとは考え難く、息子ギレンに対して「お 前のことを快く思っていない奴は身内の中にもたくさんいるぞ」ということをあえて史実を無視する形でヒトラーを引き合いに出して言いたかったのかもしれな い。もっとも、この世界のこの時代ではヒットラーは身内に暗殺されたという新解釈が成立している可能性もあるが)。

ア・バオア・クーでの'決戦の直前に至り、自ら和平交渉を進めるために独断で旗艦グレート・デギンに乗り込みレビル将 軍が率いる地球連邦軍の主力・第一艦隊との接触を図る。だが、自らの戦略に逆らう老いた父へ見切りをつけたギレンは、グレート・デギンの存在を承知の上で ソーラ・レイの発射コースをゲル・ドルバ照準に最終設定する。宇宙世紀0079年12月30日作戦時間21:05、指示通りゲル・ドルバ照準で発射されたソーラ・レイの直撃を受け、デギンは敵将レビルと共に光の渦に呑み込まれて最期を遂げた。

小説版ではソーラ・レイの標的として狙われたのがキシリアとなっており、既に傀儡と化していたデギンはギレンに存在を無視されていたのと自ら和平交 渉に向かうような目立つアクションを起こさなかったことが幸いし、無事に生き残っている(その代償として劇中では何の見せ場も無く影も薄いが)。

なお安彦良和の マンガ版『THE ORIGIN』では、先述のようにデギンは戦争による膨大な犠牲と連邦とジオンの国力差を懸念して、開戦前より強硬に戦争に反対していたとの解釈が採られ ている。ルウム戦役後、デギンはレビル奪還作戦の手引きをし、恩を売る形で彼に和平を働きかけて欲しいと願ったが、そのレビルが帰還後に恩を仇で返す形で 戦争継続の声明を出した(“ジオンに兵なし”の演説)ため、激しく憤っている。演説の中継を映すモニタのリモコンを叩き壊し、さらにデギンとしては前線に 出て欲しくないと思っていたガルマに対して「徹底的に連邦を叩け」と発言したほどの憤怒であった。

ちなみにゲーム『ギレンの野望』においてはジオン編の全モード(ジオン公国、正統ジオン、新生ジオン、ネオジオン、アクシズ)をクリアすると特別編 として「デギンの憂鬱」というシナリオを体験できる。これはザビ家の内輪もめであり、キシリアの正統ジオン、ガルマ・ドズルの新生ジオンにジオン軍が別れ て三つ巴の戦いを繰り広げるという設定になっており、まさに父親のデギンが頭を抱えそうになるシナリオと言える。

en:Degwin Sodo Zabi


신고

+ Recent posts