나나이 미켈

네오 지온의 작전 사관, 한때 뉴 타입연구소 소장으로 규네이를 강화인간으로 양성했다. 상관인 샤아와는 긴밀한 사이. 하지만 샤아의 내면에 깊숙이 자리한 라라아 슨의 존재와 자신이 뉴타입으로 각성시킨 쿠에스를 질투한다. 하지만 샤아의 말처럼 좋은 여자이다. 그녀도 민감한 뉴 타입의 직감으로 샤아의 소멸을 느끼는데..








ナナイ・ミゲルは、アニメ映画機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する架空の人物(声:榊原良子)。


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] アニメ映画

ネオ・ジオンニュータイプ研究所所長にして戦術士官。ジオン・ズム・ダイクンの後継者としてスペースノイドの先頭に立ち、地球人類粛清という重責を負うシャア・アズナブルを優秀な参謀としてサポートし、私的な場においても恋人として、母性的な優しさで支えていた。軍人としては、部下に厳格な面を見せていたが、自由奔放でシャアのことを慕うクェス・パラヤとは当然折り合いが悪かった。ナナイも、何かとクェスをかまうシャアに苛立ちを見せることもあった。

ニュータイプ研究の主任であるため、ニュータイプや強化人間がどういうものかについて精通していたと思われる。本人はニュータイプとして戦場には出ないものの、それらしき素質が十分にあるところを垣間見せる場面があり、戦場でサザビーを駆るシャアの行動や感情を強く感知し、把握していた。戦局の終盤では、シャアが死に急ごうとしているように感じたのか、不安の入り混じった思念を送るが、アムロとの決着に没入するシャアは、「男同士の間に入るな」とナナイを完全に拒絶する。

そして物語終盤、地球に落下するアクシズを包むサイコフレームの光の渦の中にあるシャアを「大佐の命が吸われていく」と感じ、シャアがアクシズ落下による大気圏の摩擦熱で消滅したと思われた瞬間、シャアの命が尽きたと感じたのか、号泣する。

総監督の富野由悠季曰く、「シャアが抱きついても恥ずかしくない女」というイメージを創るのに苦労したそうである。


[編集] その他作品

ことぶきつかさによるΖガンダムの劇場版基軸漫画『機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―』にて、ティターンズの配下にあったニュータイプ研究所で研究生をしていた姿が描かれており(ゲーツ・キャパが登場しているためオーガスタ研究所と思われる。元々ナナイも被験者であったがパイロット適正がなかったために研究員になったと思われる。)、ローレン・ナカモトと共にカラバへ投降するが、その後アクシズへ亡命する事を匂わせる描写がある。

小説『逆襲のシャア ベルトーチカチルドレン』では、「メスタ・メスア」という名前で登場する。メスタに関する記述によると、彼女の父親はジオンとの繋がりを疑われ、過酷な仕 事に追いやられてそのまま死んでしまったという過去を持つ。そのことがきっかけで強化人間というものに興味をもった節がある。

アニメ機動戦士Vガンダムに関連して、主人公ウッソ・エヴィンの母親ミューラ・ミゲルと同じ苗字のため、ウッソはシャアの子孫ではないかと囁かれる原因となった(実際にはそのような設定は設けられていない)。

ゲーム第2次スーパーロボット大戦αでは同じく榊原良子が演じるハマーン・カーンとの対比が描かれ、ハマーンは最期までシャアと共にいたナナイを「愚かな女」と言いながらも「私より幸せだったのかもしれない」と発言している。



신고

+ Recent posts

티스토리 툴바