니나 퍼플턴

달에서 태어난 21세의 루나리언이고 애너하임의 직원이며, GP-01, GP-02를 담당하고 있다. 자신의 말로는 '남자보다 건담을 더 사랑한다'라고 할 정도로 두 건담에 집착한다. 가토와 코우의 싸움에서 두 남자의 목숨이 위태로운 상황에서도 '그건 내 건담이에요'라고 외칠 정도로 메카 매니아다. 코우에게 마음을 주는 듯 하면서도 후에 콜로니 안에서 코우를 총으로 겨누고 가토에게 돌아가는 등, 그녀의 심리는 알 수 없을 만큼이나 복잡하고, 코우에 비해 덜 성장했다는 면도 볼 수가 있으나, 두 남자의 파멸적인 대결을 피하게 하려는 그녀의 의도도 보인다. 마지막에 코우를 웃는 얼굴로 맞이하는 그녀의 태도에 대해선 온갖 이야기가 돌고 있지만 그나마 그녀의 성장의 편린을 상징하는 듯.




ニナ・パープルトン (Nina Purpleton) はOVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場人物の一人。アナハイム・エレクトロニクス社フォン・ブラウン支社の社員。21歳(佐久間レイ)。

月出身(フォン・ブラウンとの説あり)。アメリカ系ではないかと言われている(容姿面など幾つかの点でのモデルは映画『トップガン』のヒロインでケリー・マクギリス演じるチャーリーと思われる[要出典])。


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


ガンダム開発計画の中で製造された試作ガンダム1号機担当のシステムエンジニア。1号機と同時期に製造されたガンダム試作2号機の重力下実動試験の現場指揮者としてアルビオンに搭乗し、トリントン基地に降り立った。2号機強奪後も、追撃任務に加わった1号機のサポートとしてアルビオンに留まった。

1号機パイロットとなったコウ・ウラキとは後に親密な関係となったが、才媛ゆえの気の強さが祟ってか、出会った当初の仲は険悪だった。女たらしであるベルナルド・モンシアから言い寄られることもしばしばあり、コウを交えた三角関係が幾つかの事件を引き起こした。またコウとは別の意味でマイペースな性格であり、相手の感情・事情を慮らない言動が周囲とのトラブルを生じる事も。

アナベル・ガトーと交際していた過去があり、その事に起因する煩悶が、ガトーへの敵愾心に燃えるコウと仲が進展するに従ってより彼女を苦しめる事となる[1]

ストーリー前半はかなり自己中心的で我がままな女性として描かれており、このことが終盤のコウへの裏切り行為に対して好意的な理由を見出しにくくし た感がある。しかもそういった経緯など一切無かったかのようにコウの元へ舞い戻り微笑みかけるラストの厚顔ぶりが決定的に駄目押しする(尚、OVA版最終 回に先立って公開された映画版では、ファンからの不評を決定的にしたラストシーンはなく、シャトルで地球に降下していった以降の彼女の消息については不明 である)。この為、彼女を嫌う作品ファンはかなり多いという見方もある。Vガンダムカテジナ・ルースと共に『宇宙世紀三大悪女』の固定メンバーに数えられている(もう一人は、Zガンダムベルトーチカ・イルマか、逆襲のシャアクェス・パラヤのどちらかが挙げられるが、宇宙世紀でないガンダムを含めた『ガンダム三大悪女』に換えるとガンダムSEEDフレイ・アルスターも候補に挙がる)ほか、「ニナパー」 「紫豚」と呼ばれることも多い。

作品中の彼女の位置付けは反戦メッ セージ発信者の端的サンプルとも言え、ファンの多くが支持するガトーの生き様にむしろ否定的な立場にある。彼女の終盤の行動は、自己の命にさえ頓着しない ガトーの生き方を否定すると同時に、同じ生き方に足を踏み込みかけたコウを制止する行為でもあった。また、かつての恋人であるガトーをドライに見捨てて、 現在の恋人であるコウに味方されたとしたら、それはそれで視聴者としては観ていて辛い物がある、と言う声もあった。

[編集] 脚注

  1. ^ 第1話「ガンダム強奪」でサイサリスに 乗り込もうとするガトーと対面しているが、何故か全くの無反応(「誰よ?」と寧ろ怪訝そうな表情)である。元恋人という事実が伏線もなくある時唐突に発覚 していることから、「後付けによる設定のテコ入れではないのか」とする見方もある。単に遠くて顔が良く見えなかったのか、後付け設定という説が真実なの か、スタッフ間の申し合わせ不足による単なるミスなのかは不明(ニナがガトーと交友関係にあったことを思わせる描写はその後のストーリー展開で早くから存 在している)

신고

+ Recent posts