http://www.k2.dion.ne.jp/~jabulog/LOVELOG_IMG/2005111622499cbd.jpg

タイトル

(コンコン)
年配の店員:ソフィーさん、お店閉めました。
 ソフィーさんも行けばいいのに。
ソフィー:これ仕上げちゃう。楽しんできて。
年配の店員:じゃ、行ってきますね。行くわよ。
店員:あっ、待って。
店員:これおかしくなーい?
店員:ねえ見て、ハウルの城が来てる!
店員:えっ、ハウル!?
店員:どこどこ!?
店員:ほら、あんなに近くに!
年配の店員:やぁねえ。
店員:ハウル、街に来てるのかしら。

店員:……逃げちゃった。
店員:隠れただけでしょ、軍隊がいっぱい来てるから。
店員:聞いた?南町のマーサって子、ハウルに心臓取られちゃったんだってね!
店員:怖いねー。
店員:大丈夫、あんたは狙われないから!
一同:あははは、あはははは!
年配の店員:はやくして!
一同:あはははは……

(街に出て行くソフィー)
ソフィー:はっ!
兵隊1:やあ、何かお探しかな?子ネズミちゃん。
ソフィー:いえあの、ご心配なく。
兵隊1:ではお茶などいかがでしょう。お付き合い願えますか?
ソフィー:結構です、用事がありますので。
兵隊2:ほんとに子ネズミちゃんだぜ。
兵隊1:ねぇ、君いくつ?この街の子?
ソフィー:通してください!
兵隊1:ほぉら、お前の髭面のせいだぞ!
兵隊2:怒ったとこも可愛いじゃないか。

ハウル:やぁ、ごめんごめん。探したよ。
兵隊1:なんだお前は!
ハウル:この子の連れさ。君たち、ちょっと散歩してきてくれないか。
兵隊:あっ、えっ?おっ?あれっ、おい、お……
ハウル:許してあげなさい、気はいい連中です。
 どちらへ?私が送って差し上げましょう。
ソフィー:いえ、チェザーリの店へ行くだけですから。
ハウル:知らん顔して。追われてるんだ。歩いて。

ハウル:ごめん、巻き込んじゃったな。
ソフィー:あっ!
ハウル:こっち!……このまま!
ソフィー:ああっ!

ハウル:足を出して、歩き続けて。
ソフィー:あっ、ああっ……
ハウル:そう、怖がらないで。
 上手だ。

ハウル:僕は奴らを引き付ける。あなたはちょっと待ってから出なさい。
ソフィー:はい。
ハウル:いい子だ。
ソフィー:あっ……!

レティー:はい、ありがとう。
客:レティーっていうチョコはないのかい?
客:俺もそっちが欲しいな。
客:レティー、散歩に行かないか?
レティー:……お姉ちゃんが!?
客:レティー、早く戻ってきてくれよ!

レティー:お姉ちゃん!?
ソフィー:レティー……。
レティー:どうしたの!?ベランダに降りてきたって、天使にでもなっちゃったの!?
ソフィー:あたし……、夢見てるみたいなの。
店長?:レティー、オフィスを使いなよ。
レティー:でも、仕事中ですから。ありがとう!
店長?:いーや。

レティー:えーっ、それ魔法使いじゃないの?
ソフィー:とってもいいひとだった……。私を助けてくれたの。
レティー:それでお姉ちゃん心を取られちゃったってわけ?
 その魔法使いがハウルだったら、お姉ちゃん心臓を食べられちゃってるよ!?
ソフィー:大丈夫よ。ハウルは美人しか狙わないもの。
レティー:またそんな。あのねぇ、世の中物騒になってるんだから!
 荒地の魔女までうろついてるって言うよ。
 お姉ちゃん?
ソフィー:……ん?
レティー:もう!
お菓子職人:レティー、マドレーヌがあがったよ。
レティー:はーい、ちょっと待ってねー。
お菓子職人:いいよ。
ソフィー:あたし、帰るね。レティーの元気な顔見たら安心したから。

仕入業者:やあレティー。
レティー:ごくろうさまー。……ねえお姉ちゃん。ほんとに一生あのお店にいるつもりなの?
ソフィー:お父さんが大事にしてたお店だし……、あたし長女だから。
レティー:違うの!帽子屋に本当になりたいのかってこと!
ソフィー:そりゃあ……
仕入業者:レティー、またね。
レティー:今度お店に来てね。
仕入業者:ああ。
ソフィー:あたし行くね。
レティー:お姉ちゃん。自分のことは自分で決めなきゃダメよ!
ソフィー:うん。

(店に帰ってくる)
ソフィー:……?
 あの、お店はおしまいなんです。すみません、鍵をかけたつもりだったんですが……
荒地の魔女:安っぽい店……安っぽい帽子。あなたも十分、安っぽいわねえ。
ソフィー:……ここはしがない下町の帽子屋です!
 どうぞ、お引き取り下さい!
荒地の魔女:荒地の魔女に張り合おうなんて、いい度胸ね。
ソフィー:荒地の魔女?……あっ!
荒地の魔女:その呪いは人には話せないからね。ハウルによろしくね、フフフフ……

ソフィー:……?
 ……んん……あっ!?
 あっ、あ……
 ……ほんとに私なの!?
 落ち着かなきゃ……んん、ああ~……
 ……ああっ!
 落ち着かなきゃ~……慌てるとロクなことはないよ、ソフィー。
 ああ……なんでもない、なんでもない……落ち着かなきゃ……あああ
 落ち着かなきゃ……ううう……

(ガチャッ)
ソフィーの母:ただいま~!
店員:奥様!
店員:お帰りなさい!
ソフィーの母:どう、これ!キングズベリーで流行りはじめたのよ!
店員:わぁ、きれい!
店員:お似合いですよ。
ソフィーの母:これ絶対いけると思わない?ソフィー、ソフィー……あら?
店員:奥様、ソフィーさんは今日は下りてきていません。
ソフィーの母:まぁ、どうしたのかしら。

ソフィーの母:ソフィー、ソフィー。
 (トントン)
ソフィーの母:ソフィー。
ソフィー:開けないで、ひどい風邪なの。移っちゃ大変よ。
ソフィーの母:すごい声ね。90歳のおばあさんみたい。
ソフィー:今日は一日寝てるわ。
ソフィーの母:そぅお?じゃあね。
ソフィー:よいしょっと……
 大丈夫よおばあちゃん、あなた元気そうだし、服も前より似合ってるわ。
階下の店員:(あははは、うふふふ……)
ソフィー:でもここには居られないわね。

ソフィー:あいた!年寄りって大変ね。

(食料を持って裏口から出て行く)
街の若者:おばあちゃん、手を貸そうか?
ソフィー:親切だけは頂くよ、ありがとさん。
藁運びの御者:構わねえけど、ばあちゃんどこ行くの?
ソフィー:あんたの行くとこの、その先だよ。

藁運びの御者:やめときなよ!ばあちゃん、この先には魔法使いしかうろついてないぜ!
ソフィー:ありがとよー!
御者の家族:これから中折れ谷へ行くの?
藁運びの御者:末の妹がいるんだって。

ソフィー:まだいくらも来てないわね。歯だけは前のまんまで良かったわ。
 ん?杖に良さそう。よっ……あいたたっ。
 ちょっと太いかしらね。ん……うんん……!
 ふう、ふう……頑固な枝ねえ……。ソフィーばあちゃんを甘く見ないで!
 うんん……!

ソフィー:かかしか。また魔女の手下かと思ったよ。
 でもおまえ、なんで一人で立ってるの?
 頭がカブね。あたし、小さい時からカブは嫌いなの。
 逆さになってるよりましでしょ。元気でね。

ソフィー:うぅ、寒い……。まだ街があんなとこにある。……んん?
 ついてくるんじゃないよ!恩返しなんかしなくていいから!
 あんたも魔法のなんかだろ、魔女とか呪いとかもうたくさん!
 どこか好きなとこに立ってなさい!

ソフィー:はあ、はあ……
 これはぴったりの杖だね。ありがとさん。
 ついでに今夜泊まるうちも連れてきてくれると、いいんだけどねえ。
 ……年を取ると悪知恵がつくみたい。

ソフィー:大きな軍艦。
 あぁ、年寄りがこんなに体が動かないなんて思わなかった。
 ……煙の匂いがする。山小屋でもあるのかしら?
 ふう、ふう……

ソフィー:カブ頭、あれハウルの城じゃない!?
 あんた、うちを連れてこいって、まさか……!

ソフィー:まあ、これ。これでお城なの?

ソフィー:そこが入口かい?
 ちょっと待ちなさいよ、はあっ、はあっ……これ、ちょっと!
 乗せるの乗せないの、どっちかにして……うわあっ!
 肩掛けが……!

ソフィー:カブ、中はあったかそうだからとにかく入らせてもらうわ。ありがと!
 いくらハウルでもこんなおばあちゃんの心臓は食べないでしょ。
 今度こそさよなら。あんたはカブだけどいいカブだったよ!
 幸せにね!

ソフィー:はぁ……。あいててて……よいしょ。
 なんだろねえ、ただのボロ屋にしか見えないけど……
 ま、年を取っていいことは、驚かなくなることね。
カルシファー:……こんがらがった呪いだね。
ソフィー:んん!?
カルシファー:その呪いは、簡単には解けないよ。
ソフィー:火が喋った!
カルシファー:おまけに人には喋れなくしてあるね。
ソフィー:あんたがハウル?
カルシファー:違うね。おいらは火の悪魔カルシファー!……っていうんだ。
ソフィー:ならカルシファー、あんたあたしに掛けられた呪いを解けるの?
カルシファー:簡単さ、おいらをここに縛り付けている呪いを解いてくれれば、
 すぐあんたの呪いも解いてやるよ。
ソフィー:悪魔と取引をするってわけね。
 あんたそれ約束できるの?
カルシファー:悪魔は約束はしないさ。
ソフィー:……他を当たるのね。
カルシファー:おいら、可哀想な悪魔なんだ。
 契約に縛られて、ここでハウルにこき使われてるんだ!
 この城だって、おいらが動かしてるんだぜ!
ソフィー:そぅ……大変なのねぇ……
カルシファー:ハウルと、おいらの契約の秘密を見破ってくたら呪いは解けるんだ。
 そしたら、あんたの呪いも解いてやるよ!
ソフィー:分かったわ……取引ね……んん……
カルシファー:……ばあちゃん。ばあちゃん!
ソフィー:グガガガ……
カルシファー:……大丈夫かなあ。

(ドンドンドンドン!)
ソフィー:うん……んん……
 ……?……ぐがー、ぐがー
マルクル:あれっ、誰だろう?
カルシファー:港町ー!
マルクル:いつ入ったのかなあ。……待たれよ。
マルクル:これは町長殿。
町長:日はすっかり昇りましたぞ。ジェンキンス殿はご在宅か。
マルクル:師匠は留守じゃ。わしが代わりに承りましょうぞ。
町長:国王陛下からの招請状です。いよいよ戦争ですぞ。
:魔法使いも呪い(まじない)師も魔女ですら、
 皆国家に協力せよとの思し召しです。
 必ず出頭するように。では。
ソフィー:やだねぇ、戦争なんて。
マルクル:其許(そこもと)は何者じゃ。
ソフィー:カルシファーが入れたんだよ。
カルシファー:俺じゃないよ、荒地から勝手に入ってきたんだよ。
マルクル:荒地から?うーむ……
 まさか魔女じゃないでしょうね。
カルシファー:魔女なら入れるもんか。
 ……また、港町ー。
マルクル:お客かな?……待たれよ。
 何用かな?
女の子:母さんの代わりに来たの。
マルクル:またいつもの呪い(まじない)じゃな?
女の子:うん。
マルクル:大人しくしておれよ。
ソフィー:あれ……?荒地じゃない。
女の子:おばあちゃん、おばあちゃんも魔女?
ソフィー:ん?そうさ、この国一こわーい魔女だよ?
女の子:うふふ。
マルクル:この粉を撒けば船に良い風が吹く。
女の子:うん。
マルクル:ご苦労。
 困るんじゃ、デタラメを言いおって。
ソフィー:あんたその変装やめた方がいいよ。
マルクル:変装じゃありません、魔法です!
カルシファー:キングズベリーの扉ー!
マルクル:待たれよ。
侍従:魔法使いペンドラゴン氏のお住まいはこちらか。
マルクル:如何にも。
侍従:国王陛下の招請状をお持ち致しました。
 ペンドラゴン氏には必ず宮殿へ参上されるよう、お伝え願いたい。
マルクル:ご苦労様でござる。
ソフィー:まるで王様のいる都だね。
マルクル:引っ込まないと鼻がなくなりますよ。
 もう、うろうろしないでください!

マルクル:……いい加減にしてください!怒りますよ!
ソフィー:ここは魔法のうちなんだね。
マルクル:もーう。
ソフィー:この黒い所はどこに行くの?
マルクル:ハウルさんしか知りません!僕は朝ごはんにします!
ソフィー:ベーコンに卵もあるじゃない。
マルクル:ハウルさんがいなければ、火は使えないんです!
ソフィー:あたしがやってあげる。
マルクル:無理ですよ、カルシファーはハウルさんの言うことしか聞かないんです。
カルシファー:そうさ。料理なんかやんないよ。
ソフィー:あらあら、帽子がこんなとこに。
 さぁカルシファー、お願いしますよ。
カルシファー:やだね。おいらは悪魔だ。だーれの指図も受けないよー。
ソフィー:言うこと聞かないと、水を掛けちゃうよ。
 それとも取引のことをハウルにばらそうか?
カルシファー:うっ……こ、こんなばあちゃん入れるんじゃなかった!
ソフィー:さあ、どうする!?
カルシファー:う、うう……
ソフィー:そうそう、いい子ねー。
カルシファー:チェ、チェッ、ベーコンなんか焦げちまえ!
マルクル:カルシファーが言うことを聞いた……
ソフィー:お茶も欲しいね。ポットもあるの?
マルクルう:ん。

マルクル:ハウルさん、お帰りなさい!
 王様から手紙が来てますよ、ジェンキンスにも、ペンドラゴンにも!
ハウル:……カルシファー、よく言うことを聞いているね。
カルシファー:おいらを苛めたんだ!
ハウル:誰にでも出来ることじゃないな。あんた、誰?
ソフィー:あ、あたしはソフィーばあさんだよ。ほら、この城の新しい掃除婦さ。
ハウル:貸しなさい。
ソフィー:ええっ……
ハウル:あとベーコン二きれに、卵を六個ちょうだい。
ソフィー:あ、えっ……。
カルシファー:うまい、あむっ、うまっ……
ハウル:掃除婦って、誰が決めたの?
ソフィー:そりゃあーあたしさ。こんな汚いうちはどこにもないからね。
ハウル:ふーん。……マルクル、皿!
カルシファー:うー、皆でおいらを苛めるんだ!
マルクル:ソフィーさんもどうぞ。こっちに座って。
 選んで!汚れてないのこれしかないんだ。
ソフィー:……仕事はたくさんありそうね。
ハウル:マルクル。
マルクル:はい。
ハウル:ソフィーさん。
ソフィー:あ、ありがとう。
ハウル:諸君、いただこう。うまし糧を。
マルクル:うまし糧!久しぶりですね、ちゃんとした朝ごはんなんて!
 はぐ、むっ……むぐ……
ソフィー:……教えることもたくさんありそうね。
ハウル:で。あなたのポケットの中のものは何?
ソフィー:へ?……何かしら。
ハウル:貸して。
マルクル:ああっ!焼き付いた、ハウルさん、これ……!
ハウル:とても古い魔法だよ。しかも強力だ。
マルクル:荒地の魔女ですか!?
ハウル:『汝、流れ星を捕らえし者 心なき男 お前の心臓は私のものだ』……
:……テーブルが台無しだね。
ソフィー:ああっ!
マルクル:すごい、消えた!
ハウル:焼け焦げは消えても、呪いは消えないさ。
 諸君、食事を続けてくれたまえ。カルシファー、城を100キロほど動かしてくれ。
カルシファー:むっ、むぐ、うまっ……
ハウル:それに風呂に熱いお湯を送ってくれ。
カルシファー:えーっ、それもかよう!
マルクル:……ソフィーさんて荒地の魔女の手下なの?
ソフィー:バカを言うんじゃないよ!あたしこそ荒地の魔女に……むぐぐ……
 ほんとはあたしは……わ、ん、わ、ん……
 ……荒地の魔女め!今度会ったらただじゃおかないからね!!
 さっさと食べちゃおう!

ソフィー:虫どもー、さっさと出ないと掃き出しちゃうよー!どいつもこいつも人をバカにして!
老人:呪い(まじない)を頼みたいんじゃが……
マルクル:後にして!中で魔女が暴れておるんじゃ。

カルシファー:ソフィー!消えちゃうよ!薪をくれなきゃ死んじゃうよー!
 わ、何するんだ、あー!落ちる、落ちる!危なーい!
ソフィー:灰を掻くのよ。すぐだからね。
カルシファー:やばいよ、あ、危なーい!あぶなっ、う、落ちる、う、あ、やばい……
 あ、お、落ち……あー!
ハウル:ふうーっ……

ソフィー:……?
ハウル:友人をあまり苛めないでくれないか。
マルクル:ハウルさん、お出掛けですか?
ハウル:マルクル、掃除も大概にするように、掃除婦さんに言っといて。
マルクル:……ソフィー、何かやったの?
ソフィー:ん?
カルシファー:おいらを苛めたんだ!おいらが死んだら、ハウルだって死ぬんだぞ!ううう
ソフィー:あたしは掃除婦なの!掃除をするのが仕事なの!

マルクル:あ、だ、だだ、だめっ!二階はだめ!!
ソフィー:あたしなら大事なものを急いでしまっとくけど?
マルクル:あっ!……僕んとこ後回しにして!
ソフィー:ふふふ。腹を立てたら元気が出たみたいね。
 変なうちねぇ……。
 ……ん?うわっ……わあーっ……!
 すごーい!カルシファー、カルシファー!この城あんたが動かしてるの!?
カルシファー:うるさいなあ、当たり前じゃないか。
ソフィー:すごいよカルシファー、あんたの魔法は一流ね、見直したわ!
カルシファー:そうかなあ?……そおぉうかなあぁあ!?
マルクル:あー!ま、まだ駄目だよ!
ソフィー:ふわわ……わあー!

ソフィー:きれいだねえ。
マルクル:星の湖(うみ)って言うんだよ。
ソフィー:ん?……なにか穴に挟まってる。何かしら。マルクル、手を貸して。
マルクル:うん。
二人:んー、うーん……
マルクル:かかしだ!
ソフィー:カブ頭のカブって言うの。あんた、逆さになるのが好きだねえ。
マルクル:あっ!
ソフィー:妙なものになつかれちゃったねえ。あたしについてきたんだよ。
マルクル:……ソフィーってほんとに魔女じゃないの?
ソフィー:そうさ、この国一番のきれい好きな魔女さ。

マルクル:カブー、引っ張りすぎだよー!

マルクル:洗濯物が気に入ったみたいだね。
ソフィー:おかげで早く乾くでしょう。
マルクル:カブって悪魔の一族じゃないかな。カルシファーが怒らないもの。
ソフィー:そうね。死神かもしれないわね。でも……こんなところに来られたんだから……

マルクル:ソフィー。洗濯物、しまったよ。
ソフィー:あぁ、ありがと。もう戻らなきゃね。
 不思議ね、こんなに穏やかな気持ちになれたの初めて……

(ハウルが敵を蹴散らし、戻ってくる)
ハウル:はあ……
カルシファー:くさい。生き物と……鉄が焼ける匂いだ。
ハウル:はあ、はあ……うっ!……は、はあっ……
カルシファー:あんまり飛ぶと、戻れなくなるぜ。……すごいだろ、ソフィーが置いてくれたんだ。
ハウル:ひどい戦争だ。南の海から北の国境まで、火の海だった……
カルシファー:おいら火薬の火は嫌いだよ。奴らには礼儀ってものがないからね。
ハウル:同業者に襲われたよ。
カルシファー:荒地の魔女か?
ハウル:いや。三下だが、怪物に変身していた。
カルシファー:そいつら、後で泣くことになるな。まず人間には戻れないよ。
ハウル:平気だろ。泣くことも忘れるさ。
カルシファー:ハウルも国王に呼び出されてるんだろ?
ハウル:まあね。……風呂にお湯を送ってくれ。
カルシファー:えっ……またかよ。

(カーテンの隙間から、寝ているソフィーを見る)

ソフィー:んっ!?ああっ!?……ハウル?
カルシファー:そ。お湯の使いすぎだよ。

マルクル:ハウルさん、絶対食べないと思うよ。
ソフィー:いいの!
街人:おはよう。
ソフィー:おはよう。……朝の市場なんて素敵じゃない。あたし海初めてなの。
:きれいね、きらきらしてて。
マルクル:いつもと同じじゃ。
マルクル:わしは芋は嫌いじゃ。
ソフィー:払って。ありがとさん。
野菜売り:まいど!
魚売り:どれもさっき揚がった魚だよ。うめえぞ。
マルクル:わしは魚嫌いじゃ。

街人:艦隊が帰ってきたぞ!
マルクル:ん?
街人:ひといくさあったらしいんだ。
魚売り:ほんとかよ!奥さん、後にして!
街人:がんばれ、がんばれー!
マルクル:ソフィー、もっと近くに行ってみようよ!
ソフィー:いや、あたしこういうのだめ!戻ろう!
 ……マルクル、ゴム人間がいる!
マルクル:え?
ソフィー:動かないで!荒地の魔女の手下よ!
ソフィー:……行ったわ。あんなお化け、他の人には見えないのかしら。

街人:……あそこだ!
街人:あいつだ、あいつが落としたんだ!
マルクル:ソフィー、あれ敵の飛行軍艦だよ!ソフィー、いやだよ!ソフィー!
軍人:拾うな!そのビラを拾うな!

マルクル:はぁ、はぁ……
マルクル:ソフィー、大丈夫?
ソフィー:はぁ……はぁ……お水を一杯お願い。
マルクル:うん。
ソフィー:はぁ……はー……。
ハウル:わあぁああああーーっ!!
二人:わっ!?
ハウル:ああああ、あー、あぁあー!
 ……ソフィー、風呂場の棚いじった!?
 見て!こんな変な色になっちゃったじゃないか!!
ソフィー:き、きれいな髪ね。
ハウル:よく見て!!
 ソフィーが棚をいじくって、呪い(まじない)をめちゃくちゃにしちゃったんだ!
ソフィー:何もいじってないわ、きれいにしただけよ。
ハウル:そーじ、そーじ!!だから掃除も大概にしろって言ったのに!!
:絶望だ……何という屈辱……うっ、うっ……うううっ……
ソフィー:そんなにひどくないわよ。
ハウル:ううっ……うっ……
ソフィー:あ、あたしはそれはそれできれいだと思うけど?
ハウル:もう終わりだ……美しくなかったら生きていたって仕方がない……うっ…ううう……
ソフィー:……ええっ!?
カルシファー:やめろー!ハウル、やめてくれ!
マルクル:闇の精霊を呼び出してる!前にも女の子にふられて、出したことがあるんです!
ソフィー:えぇ!?
 ……さあハウル、もうやめなさい。髪なら染め直せばいいじゃない。
 え?ひっ!?
 ……もう!ハウルなんか好きにすればいい!
 あたしなんか美しかったことなんて一度もないわ!!こんなとこ、もういやっ!

ソフィー:ひっ、っ……
 うわーあああん、あーああーん、あー……うわーん……
 (カブが傘を差し掛けてくれる)
ソフィー:……ありがとう、カブ。あなたは優しいかかしね。
マルクル:ソフィー!お願い、戻って来て!ハウルさんが大変なんだ!!

カルシファー:ハウル、やめろー!消えちゃうよう!あー、うー!ソフィー!早くしてー!
ソフィー:派手ねえ……。
マルクル:死んじゃったかなあ?
ソフィー:大丈夫よ。癇癪で死んだ人はいないわ。マルクル、手伝って。
マルクル:うん。

二人:うん、うーん!
ソフィー:マルクル、お湯をたっぷりね!
マルクル:うん!
ソフィー:ほら、自分足で歩くのよ!
 (タオルが落ちる)(尻)
ソフィー:マルクル、あとお願いね!
マルクル:うん!
ソフィー:……またお掃除しなきゃ。

(トントン)
ソフィー:入りますよ。
:温かいミルクよ。飲みなさい。
ハウル:(首を横に振る)
ソフィー:ここに置いておくから。冷めないうちに飲みなさいね。
ハウル:……行かないで、ソフィー。
ソフィー:……。ミルク飲む?
ハウル:(首を横に振る)
:……荒地の魔女が僕の家を探しているんだ。
ソフィー:えっ、あっ……港で手下を見掛けたわ。
ハウル:僕は本当は臆病者なんだ。このがらくたは、全部魔女よけの呪いなんだよ。
:怖くて怖くてたまらない……
ソフィー:ハウルはどうして荒地の魔女に狙われてるの?
ハウル:面白そうな人だなーと思って、僕から近づいたんだ。それで逃げ出した。
:恐ろしい人だった……
ソフィー:ふぅーん……
ハウル:そしたら今度は戦争で王様に呼び出された。ジェンキンスにも、ペンドラゴンにも。
ソフィー:ハウルって一体いくつ名前があるの?
ハウル:自由に生きるのに要るだけ。
ソフィー:ふうん。
 王様の話断れないの?
ハウル:あれ。魔法学校に入学するとき、誓いを立てさせられてる。
ソフィー:……ねえハウル、王様に会いに行きなさいよ!
ハウル:えぇ!?
ソフィー:はっきり言ってやればいいの。
 くだらない戦争はやめなさい、私は手伝いません!って。
ハウル:はあー……。ソフィーはあの人達を知らないんだ。
ソフィー:だって王様でしょ?みんなのことを考えるのが、王様でしょ。
ハウル:……そうか!ソフィーが代わりに行ってくれればいいんだ!
ソフィー:えぇ!?
ハウル:ペンドラゴンのお母さんってことでさ。
 息子は役立たずのろくでなしですって言ってくれればいいんだ!
 マダムサリマンも諦めてくれるかもしれない!
ソフィー:マダムサリマン?

ハウル:……その帽子かぶるの?せっかく魔法で服をきれいにしたのに。
ソフィー:行ってくるね。
マルクル:うん。
カルシファー:いってらっしゃーい。
ソフィー:あっ……
ハウル:お守り。無事に行って帰れるように。
ソフィー:……。
ハウル:大丈夫、僕が姿を変えてついていくから。さあ、行きたまえ!
ソフィー:絶対うまくいかないって気がしてきた。
ソフィー:見守るってまさか、カラスに化けてるんじゃないわよね。
 ハウルならもっと派手なものに化けるわね。……まさかね。
 王宮って遠いわねえ……

ソフィー:……ハウル?まさかね。
 あんたまさかハウルじゃないでしょうね?
ヒン:ヒン!
ソフィー:もう、よりによって年寄り犬に化けるなんて!
 年寄りがどんなに大変だか分かってるの?

荒地の魔女:お久しぶり。あの時の帽子屋さんでしょ?
ソフィー:荒地の魔女!
荒地の魔女:ハウルに手紙を届けてくれてありがとう……ハウル元気かしら?
ソフィー:震え上がっていたわ。おかげで私は掃除婦として働いてるけど。
荒地の魔女:おほほほ、そりゃ良かったわねえ。ところであなた、なんで王様の所へ行くのよ?
ソフィー:就職活動!ハウルのところはもううんざり!あんたこそなんなの?
荒地の魔女:私は王様に呼ばれているのよ。
 サリマンのバカもいよいよ、あたしの力が必要になったみたいね。
ソフィー:そんなことよりあたしに掛けた呪いを解きなさいよ。
荒地の魔女:あらぁ、ダメよ。あたしは呪いは掛けられるけど、解けない魔女なの。
 お先に失礼~。
ソフィー:ちょっと待ちなさい!待ちなさいってば!
 ……もう!あんたがいなかったら杖で殴ってやったのに!

荒地の魔女:おまえたち、どうしたんだい!
侍従:奥様!これより先は禁じられております!どうかお歩き下さい!
荒地の魔女:サリマンめ、魔法陣など仕掛けてあたしに階段を登らせる気かい!

ソフィー:追いついちゃうわ!知らん顔していくのよ。

ヒン:ヒン!
ソフィー:!?…はあ。
:よっこいせっ……うっ……なんでこんなに重いのよっ……
荒地の魔女:ふっ……ちょっとっ……待ちなさいよっ……
ソフィー:何よ……呪いの、解き方でも……思い出したの!?
荒地の魔女:だから……それは……知らない、の!
ソフィー:じゃあ勉強するのね!
荒地の魔女:はぁ、はぁ……おっかしぃわねぇ……なんであんな、元気なの!?
ソフィー:はぁ、ふう……あんたちょっと降りて。
 ……あんた、今日はやめといたら?無理だよ!
荒地の魔女:あたしはね、ここを追い出されてから、五十年もね、荒地でこの日が来るのを、
 ずぅう~っと、待ってたんだ!
ソフィー:じゃあ頑張りなー!手を貸すほど、あたしは親切じゃないんでね!おいでハウル。
荒地の魔女:もぅ、なによ薄情者!今度こそ、よぼよぼにしてやるから!はぁ、はぁ……
ソフィー:早くおいでー!
侍従:奥様、ご案内します。
ソフィー:ふん、それより、あの人を助けてあげなさいよ。
侍従:お手をお貸しすることは、禁じられております。
ソフィー:なによ!来いって言ったのは王様じゃない!
ソフィー:あんたー、がんばりなー!もうちょっとよー!それでも魔女なのー!
荒地の魔女:うるさいわねー!ふ、は、ふ、は、はぁ……
ソフィー:あんた急に老けてない?

侍従:ペンドラゴン夫人、荒地の魔女様ー!
荒地の魔女:はぁ、はあ……
ソフィー:しっかりしなさいよ!ここにずっと来たかったんでしょ?
荒地の魔女:はぁ、はぁ……
侍従:ペンドラゴン夫人、荒地の魔女様ー!
荒地の魔女:ペンドラゴン……聞いたことある名だね……
ソフィー:当たり前でしょ、私のいた、帽子屋の名だもん。
荒地の魔女:そだっけ?

侍従:こちらでお待ち下さい。
荒地の魔女:ああ……椅子……あたしんだよ!……ああ、はあー……
ソフィー:ハウル?こっちおいで!
 ……ん?
小姓:奥様はこちらへ。
荒地の魔女:……んんんん!?……ひっ、……あああっ……あああ……!
 (結界に閉じこめられる)

サリマン:……ハウルのお母様だそうですね。
ソフィー:はい。ペンドラゴンと申します。
サリマン:お疲れでしょ。どうぞ、それへ。
ソフィー:はい。
サリマン:私は王室付き魔法使いのサリマンです。
ソフィー:……ん?あの、その犬は……
サリマン:ヒンのこと?私の使い犬。あなたを案内させました。
ソフィー:は?……はぁあ……
サリマン:つまり、ハウルは来ないのですね?
ソフィー:母親を身代わりにするような息子です。王様のお役には立てないと思います。
サリマン:困ったことになりました。あの子は私の最後の弟子なのに……
 素晴らしい才能の持ち主でした。
 ようやく跡継ぎに恵まれたと、本当に嬉しかったのです。
 ところが、あの子は悪魔に心を奪われ、私の元を去りました。
 魔法を自分のためだけに使うようになったのです。
ソフィー:……。
サリマン:お母様。
ソフィー:はい。
サリマン:あの子はとても危険です。心を無くしたのに、力がありすぎるのです。
 このままでは、ハウルは荒地の魔女のようになってしまう。……ここへ。
ソフィー:……えぇっ!?あんた、どうしちゃったの!?
サリマン:本当の年に戻してあげただけです。もう魔力はありません。
 その人も昔は、とても素晴らしい魔法使いでした。
 悪魔と取引をして、長い間に身も心も食い尽くされてしまったのです。
 今、王国はいかがわしい魔法使いや魔女を野放しにはできません。
 ハウルがここへ来て、王国のために尽くすなら、悪魔と手を切る方法を教えます。
 来ないなら力を奪い取ります。……その女のように。
ソフィー:お言葉ですが!
 ハウルが何故ここへ来たがらないのか、分かりました。
 ここは変です。招いておきながら年寄りに階段を登らせたり、
 変な部屋に連れ込んだり……まるで罠だわ。
 ハウルに心が無いですって?
 確かに、わがままで臆病で、何を考えているか分からないわ。
 でもあのひとはまっすぐよ。自由に生きたいだけ。
 ハウルは来ません。魔王にもなりません。
 悪魔とのことは、きっと自分で何とかします。
 私はそう信じます!
サリマン:……お母様、ハウルに恋してるのね。
ソフィー:はっ!
荒地の魔女:ハウル!ハウルが来るのかい!?欲しいよ、ハウルの心臓が欲しい……!
ソフィー:あんたいい加減にしなさい!ハウルは来ないのよ!
サリマン:ハウルは来ますよ。ハウルの弱点も見つかったわ。

サリマン:王陛下。
国王:いや、そのまま。どうだ、体の具合は?
サリマン:恐れ入ります。
国王:会議はつまらぬ。息抜きにひと飛びしてきたのだ。
サリマン:それはそれは……
国王:この者達は?
サリマン:魔法使いハウルの母君です。
国王:おぉ……
 せっかくだがな、私は魔法で戦に勝とうとは思わんのだ。
 確かに、この王宮にはサリマンの力で敵の爆弾は当たらない。
 その代わり、周りの街に落ちるのだ。
 魔法とはそういうものだ……なあ、サリマン。
サリマン:今日の陛下は能弁ですこと。
二人目の国王:サーリマン!!
ソフィー:えっ?ええっ!?
二人目の国王:いよいよ決戦だぞ!今度こそ叩きのめしてやる!……お?
 ……はっははははは、サリマン、今度の影武者はよくできてるな!
 良い知らせを待て!
サリマン:恐れ入ります。
二人目の国王:将軍達は集まったか!?
侍従:はい!

サリマン:……ハウル。久しぶりね。
ハウル:先生もお元気で何よりです。
サリマン:初めから分かっていましたよ?
ハウル:誓いは守りました。先生と戦いたくはありません。母を連れて行きます。
サリマン:逃がしませんよ?
荒地の魔女:ひぃ、ひいい~……!
ハウル 下を見ないで。すごい力だ。
サリマン:お母様にそなたの正体を見せてあげよう。
荒地の魔女:ひいい……!

ハウル:うぅう……ううあああああっっ!
ソフィー:ハウルだめ!罠よ!!

ハウル:掴まって!ソフィー、前へ移れ!あーあ……ソフィーがみんな連れてきちゃったなあ。
荒地の魔女:わんちゃん。
ヒン:ヒン!
ソフィー:ヒン、あんたはサリマンの回し者でしょ。
 しょうがないわねぇ、今更おろせないじゃない。
ハウル:ソフィー、舵を取れ。
ソフィー:えー、できないわよそんなこと!
ハウル:追いかけてきた!
ソフィー:えっ?
ハウル:僕が相手をする。ソフィーはこのまま荒地の城まで飛ぶんだ。
ソフィー:えー?そんなの無理よ!
ハウル:大丈夫、方向は指輪が教えてくれる。カルシファーを心の中で呼ぶんだ。
ソフィー:カルシファーを?
ハウル:光の差す方へ飛べばいいんだ。夜には着く。
ソフィー:なによ!ハウルが来るなら私が来ることなかったのよ!
ハウル:ソフィーがいると思うから行けたんだ。あんな怖い人のところへ一人で行けるもんか。
 おかげで助かった。さっきは本当に危なかったんだ。
ソフィー:あぁあああ、離さないで、きゃあー!うわわわわー!
ハウル:上手いじゃないか!
ソフィー:どこが!
ハウル:ちょっと引き離した。五分間だけ見えなくするから、その間に行きなさい。
ソフィー:うーわわわ……!ハウルー!

サリマン:いえ、要らないわ。
 はい、ありがとう。
 久しぶりにわくわくしたわ。ハウルは逃げたつもりでしょうけど……
 ふふ、ずいぶん若いお母様だったこと。

ソフィー:……ん?
 もうすぐよ、私の生まれた街だわ!
ヒン:ヒン!
ソフィー:馴れ馴れしくしないで。あんたは信用してないからね。
 お城だわ。迎えに来てくれた!
マルクル:ソーフィー!
ソフィー:マルクル大変ー!あたし止め方しらないのー!
 わ、わ!

マルクル:ソフィー!……!?
荒地の魔女:わんちゃん。
ヒン:ヒン!
ソフィー:マルクル!ただいま!
マルクル:ソフィー、怪我はない!?
ソフィー:えぇ。
マルクル:よかったー!
ソフィー:迎えに来てくれてありがとうね。

荒地の魔女:グゴゴゴゴ、グゴゴゴ……

カルシファー:……やばいよ、やりすぎだよう……!

ソフィー:はっ!
 ハウルが戻ってきたのかしら?……あっ!?
 (黒い羽根が砕ける)

ソフィー:ハウル?

怪鳥:……うぅあぁあ……あああ……
ソフィー:ハウル、ハウルね?苦しいの?怪我をしてるのね?
怪鳥:……来るな……
ソフィー:あたし、あなたを助けたい。あなたにかけられた呪いを解きたいの。
怪鳥:自分の呪いも解けないおまえにか?
ソフィー:だってあたし、あなたを愛してるの!
怪鳥:もう遅い……!
ソフィー:ああっ!……ハウルー!

ソフィー:はっ!……はあ……
 ……ハウル帰ってきたのね?
カルシファー:ソフィー、早くおいらとハウルの契約の秘密を暴いてくれ!
 おいらたち、もう時間がないよ!
ソフィー:ハウルが魔王になるってこと?そうなの?
カルシファー:そんなこと言えるかよ、おいらは悪魔だぜ?
ソフィー:カルシファー、サルマンが言ってたわ。ハウルは大切なものをあなたに渡したって……
 なにそれ?どこにあるの?
カルシファー:契約の秘密については、おいらは喋れないよ。
ソフィー:あんたに水を掛けて消すって脅したら?
カルシファー:あああああーっ!なんてこと言うんだ!そしたらハウルも死ぬぞ!

ソフィー:おはよう、カブ。……勇気を出さなくちゃね。

マルクル:ソフィー、いいよー!
ソフィー:オーラーイ!カルシファー、もっと口開けて!
 いくわよー、それー!
マルクル:そーれー!
ソフィー:うーごーき、……な、さい、……よっ!!
マルクル:あ、ああーっ!わあーっ!
 ……あ、あはは、あはははは、ははははっ!
ソフィー:お城ったって中から見るとがらくたの寄せ集めね!
 みんなー、ご飯にするよー!

ソフィー:はい、おばあちゃん。
カルシファー:ソフィー、やだよう。荒地の魔女だぜ!
ソフィー:もう大丈夫よ。
カルシファー:俺をじっと見てるよ!
荒地の魔女:きれいな火だねえ。

(タンタンタンタン)
ソフィー:ハウル!?
ハウル:やあみんな!
ソフィー:お帰りなさい。
マルクル:ハウルさん、この犬飼っていいでしょう!?
ハウル:魔女のおばあちゃんにサリマン先生の犬とは……カルシファー、
 よく城の中に入れたね。
カルシファー:冗談じゃないよ、ソフィーが丸ごと飛び込んで来ちゃったんだ!
ハウル:はっはっはっはっは!また派手にやったね!
 やあ、君がカブだね!ふぅん……君にもややこしい呪いがかかってるね。
 我が家族はややこしい者ばかりだな。
荒地の魔女:いい男だねえ。
ハウル:さて、今日は忙しいよ。引っ越しだ!
ソフィー:引っ越し?
マルクル:よかった、お城だけじゃ買い物もできませんからね!
ハウル:ここにいたらすぐサリマン先生に見つかっちゃうからね。
 ……君はここにいてもらわなきゃならないな。魔力が強すぎる。

ハウル:よーし、できた!カルシファー、いいよー!

ハウル:よし、上出来だ!しばらくそこにいてね。
カルシファー:そっとやってくれー。
ハウル:はじめるよ。

マルクル:……わあ!
ソフィー:わ……
ハウル:引っ越し終わり!もう降りていいよ。
マルクル:うわー!すごい、お師匠様、広いですね!

ソフィー:ああ……っ!ここは……!
ハウル:トイレも作ったんだよ、家族が増えたからね。ソフィー、こっちへきて、ソフィー!
 部屋もひとつ増やしたんだ。入ってごらん。
ソフィー:あ、ぁっ……!
 ……ここ……何故?
ハウル:ソフィーの部屋にどうかなー?って。気に入った?
ソフィー:……そうね。掃除婦にはぴったりの部屋ね。
ハウル:着替えも買っといたから、後で見て。次だ。ソフィー、こっちに来て!早くー!
マルクル:中庭だー!
ハウル:お店もあるよ!……ソフィー。ドアの色が変わったからね。新しい出口だ。
ソフィー:あぁっ……!
ハウル:ソフィーへのプレゼント。どうぞ。

ソフィー:わああーっ……!
ハウル:僕の秘密の庭さ。
ソフィー:素敵ね……。ここもハウルの魔法なの?
ハウル:ちょっぴりね。花を助けるのに。
ソフィー:わーっ!
:ハウルー、ありがとうー!夢みたい……

ハウル:ソフィー。
ソフィー:不思議ね。あたし、前にここに来た気がするの。涙が出てきちゃった。
ハウル:おいで。
ソフィー:うん。

ハウル:ほら!
ソフィー:まあーっ!ちっちゃな家!
ハウル:僕の大事な隠れ家さ。子供の頃の夏に、よくあそこでひとりで過ごしたんだ。
ソフィー:……ひとりで?
ハウル:魔法使いのおじが、僕にこっそり遺してくれた小屋なんだ。
 ソフィーなら、好きに使っていいよ。
 ……どうしたの?
ソフィー:怖いの。小屋へ行ったら、ハウルがどこかへ行っちゃうような気がするの。
 ハウル、ほんとのこと言って。あたし、ハウルが怪物だって平気よ。
ハウル:僕は、ソフィー達が安心して暮らせるようにしたいんだよ。
 ここの花を摘んでさ、花屋さんをあの店でできないかな?
 ねっ、ソフィーなら上手くやれるよ!
ソフィー:そしたらハウルは行っちゃうの?
 あたし、ハウルの力になりたいの。あたしきれいでもないし、
 掃除くらいしかできないから……。
ハウル:ソフィー。ソフィーはきれいだよ!
 (ソフィーの外見が年寄りに戻っていく)
ソフィー:……年寄りのいいとこは、失くすものが少ないことね。
ハウル:……。……はっ。
 ……こんなところを通るなんて……
ソフィー:軍艦?
ハウル:町や人を焼きに行くのさ。
ソフィー:敵?味方?
ハウル:どちらでも同じことさ。
 ……人殺し共め。ごらん、あんなに爆弾をくっつけてる。

ソフィー:……止まっちゃった。ハウルがやったの!?
ハウル:ちょっといじった。落としゃしないよ。
ソフィー:……はっ!ハウル!
ハウル:おっとっと、気付かれたかな?

ハウル:サリマン先生の下っ端の下っ端さ。戻ろう!
ソフィー:うわっ!わ、わ、あっ……!
ハウル:走れ!足を踏ん張れ!
 あそこへ走れ!
ソフィー:いやー、離さないで!いやーあああ!

マルクル:……ソフィー、どうしたの?
ソフィー:はぁ、はぁ、……もーこんなうち出てってやる!

(コンコン)
マルクル:ソフィー、お休み。
ソフィー:お休み。
マルクル:……ソフィー、ハウルさんなら心配いらないよ。前も何日もいなかったことあるから。
ソフィー:ありがとうマルクル。

ソフィー:トイレは?
荒地の魔女:平気だよ。
ソフィー:お休みなさい。
荒地の魔女:……恋だね。
ソフィー:……!
荒地の魔女:あんたさっきからため息ばっかりついてるよ。
ソフィー:……はぁ……
荒地の魔女:図星だね。
ソフィー:おばあちゃん、恋をしたことあるの?
荒地の魔女:そりゃしたね。今もしてるよ?
ソフィー:えー?
荒地の魔女:男なんか仕方のないものだけどね。若い心臓は良いよ。
ソフィー:あっきれた。
荒地の魔女:それにかわいいからね。

ソフィー:なにかしら?
荒地の魔女:空襲警報だね。
ソフィー:空襲?
荒地の魔女:この街じゃないよ。でも今夜は外へ出てない方がいいね。
 そこら中でサリマンの手先がこの家を探し回っている。
 いい火だねえ……よくこのうちを隠してる。

マルクル:ソフィー、変な人が入って来ちゃった!
ソフィー:ん?……お母さん!
ソフィーの母:ソフィー!!!あなたどこ行ってたの、さんざん探したのよ!
 まあこんなおばあちゃんになっちゃって……!
 みんな私が悪いの……ごめんねソフィー……ごめんね……!
ソフィー:お母さん……。

ソフィーの母:すっかり模様替えしたのねー。……あの方はどなた?ああ、家主さんね。
 そうだ、ソフィー、私再婚したの!
ソフィー:ええ!?
ソフィーの母:とってもいい人、それにお金持ちなの!またみんなで暮らせるわ!
 ねっ、掃除婦なんてしなくていいのよ!
ソフィー:でもあたし、今の暮らしが気に入ってるから……
ソフィーの母:そぅお?……あ、いけない、車を待たせてあるの。行かなきゃ。

荒地の魔女:覗き虫かい。サリマンも古い手を使うね。カルちゃん燃して!
カルシファー:むぐっ……あ、ああああー!

ソフィー:お母さん、幸せになってね。
ソフィーの母:ありがとう。ソフィーもね。

ソフィーの母:……言われた通りにしたわ。夫の元へ返して。
小姓:はい。サリマン先生もさぞお喜びでしょう。
ソフィーの母:……ごめんね、ソフィー……

ソフィー:すごい人ね。みんな逃げ出して、町中空っぽになっちゃうわね。
マルクル:ソフィーも行きたいんか?
ソフィー:えっ?
マルクル:さっきの人がそう言っておったぞ。
ソフィー:そうね。仲直りできて良かった。
マルクル:ソフィー、行かないで!僕、ソフィーが好きだ!ここにいて!
ソフィー:あたしもよマルクル。大丈夫、行かない。
マルクル:本当!?
ソフィー:うん。
マルクル:ぼくら、家族?
ソフィー:そう。家族よ。
マルクル:……よかった!

荒地の魔女:サリマンなんかにハウルは渡さないよ!

マルクル:……でも、勝ったって書いてあるよ?
荒地の魔女:若者だけさ、信じるのは。
マルクル:ふーん……
ソフィー:おかしいわね、カルシファーがちっとも燃えないの。
 おばあちゃんそれやめてくれない?ひどい匂いよ。
荒地の魔女:年寄りの楽しみを取るもんじゃないよ。
ソフィー:窓開けて、マルクル。
マルクル:うん。
荒地の魔女:窓は開けない方が良いと思うよ……カルちゃんの力が弱くなってるからね。
 奴らが入ってくるよ。
ソフィー:……マルクル!
 きゃあっ!わ、わっ……!早く閉めて!
 おばあちゃんをお願い。お店見てくる!
マルクル:うん!

ソフィー:こんな時に何よ!そんなヒマがあったら、火事を消しなさい!

荒地の魔女:派手ねえ……。

ソフィー:は、ハウル!
ハウル:すまない……今夜は相手が多すぎた。
ソフィー:ハウル、ああ、ハウル!

マルクル:ハウルさん!ソフィー!
ハウル:カルシファー、しっかりしろ!
 ……マダム、それはサリマン先生のプレゼントですね?
カルシファー:そのばあちゃんがおいらに、変なものを食わせたんだ!
荒地の魔女:あら、ハウルじゃない。あなたとはゆっくり話をしたいわねえ。
ハウル:私もです、マダム。でも今は時間がありません。
荒地の魔女:あら~、珍しいわねえあなたが逃げないなんて。
ハウル:では、また。
 ソフィーはここにいろ。カルシファーが守ってくれる。外は僕が守る。
ソフィー:待って!ハウル、行ってはだめ!ここにいて!
ハウル:次の空襲が来る。カルシファーも、爆弾は防げない。
ソフィー:逃げましょう。戦ってはだめ!
ハウル:何故?僕はもう十分逃げた。
 ようやく守らなければならないものができたんだ。……君だ。
ソフィー:ハウル!
 ああっ……!

ソフィー:あたしたちのいる街だ!
 あそこにハウルがいる……!
 あっ!ハウル!
マルクル:ソフィー!……カブ!
ソフィー:マルクル、こっちへこよう!
マルクル:えっ!?

カルシファー:引っ越し!?無茶だよ、あっちは空っぽだよ!
ソフィー:だめ!あたしたちがここにいるかぎり、ハウルは戦うわ。あのひとは弱虫がいいの。
 おばあちゃん、立って!
荒地の魔女:散歩かい?
カルシファー:だって、サリマンにすぐ見つかっちゃうよ!
ソフィー:もう見つかってる!こんなことしてたら、あのひと戻れなくなっちゃう!
マルクル:ソフィー!お城ぼろぼろだよ!
ソフィー:いいの!マルクル、おばあちゃんお願い!
マルクル:うん!
ソフィー:あなたも行くの!乗って!
カルシファー:えぇえ、無理だよ。おいらは契約で暖炉から出られないんだ!
ソフィー:あなたたちにできないなら、あたしがやってあげる!
カルシファー:あぁああ、あぶない!やめろ!やめろってば、やめてー!
 おいらが出たらこの家も崩れちゃうぞ!
ソフィー:いい!
マルクル:出たよ!
ソフィー:離れて!
カルシファー:お、おいらを最後にした方がいいぜ!
 何が起こるか、おいらにももう分からないんだ!
 (城が崩れる)
カルシファー:だから言ったろ、崩れるって!……雨だ!

(軍艦が飛んでいく)
マルクル:街に行くのかな?
ソフィー:マルクル、おばあちゃんお願いね!カブ、中に入れる所を探して!
マルクル:おばあちゃん、大丈夫だよ。僕がついてる。
ソフィー:マルクル、ここから入れる!

カルシファー:あああ雨漏りしてる!おいら消えちゃうよ!
ソフィー:ここで待ってて!
カルシファー:ここ濡れてるよー!これ湿ってるー!
ソフィー:マルクル、おばあちゃんをここへ!
マルクル:お城空っぽだね。
カルシファー:だから、あっちにいればおいらとハウルで守れたんだよ!
ソフィー:カルシファーお願い。あなたにしかできないの。
 ハウルの所に行きたいの、お城を動かして!
カルシファー:えぇーっ!
ソフィー:あなたならできるわ、すごい力を持ってるもの!
カルシファー:でもさあ、ここには煙突もないしぃ、湿ってるしぃ~……。
ソフィー:だって昔から言うじゃない。一流は場所を選ばないって。
カルシファー:そりゃそうだけどさー。そうかなあ?
荒地の魔女:カルちゃんきれいだねー。
マルクル:おばあちゃん、ここ!
カルシファー:じゃあさ、ソフィーの何かをくれるかい?
ソフィー:あたしの?
カルシファー:おいらだけじゃだめなんだ、目とか……
ソフィー:目?これは?

ソフィー:すごいわカルシファー!あなたは一流よ!
カルシファー:目か心臓をくれれば、もっとすごいぞ!
荒地の魔女:心臓!?心臓があるのかい!?あらーっ!

ソフィー:あそこにハウルがいる。囲まれてるわ。
 あっ!カルシファー早く……あっ!
カルシファー:やめー!
ソフィー:おばあちゃん!やめて!
荒地の魔女:ハウルの心臓だよ!
カルシファー:やめろー!
ソフィー:おばあちゃん!
荒地の魔女:熱い、熱い!!
ソフィー:放して、死んじゃう、おばあちゃん!
荒地の魔女:嫌だ、あたしんだよ!熱い、熱いよ!
カルシファー:あーーー!
マルクル:ソフィー!ソフィー!!

ヒン:……ヒンッ、ヒン!ヒン!
ソフィー:……ヒン大変なことしちゃった……カルシファーに水を掛けちゃった……
 ハウルが死んだらどうしよう……!うわあああーん、あああーん……!
ヒン:ヒン!ヒン、ヒン、ヒン!
ソフィー:……動いてる!ハウルは生きてるの!?ハウルの居場所を教えて!
 はっ!
 お城のドア!

(扉の中へ)
ソフィー:はっ。……ヒン。

ソフィー:ああっ!……ハウル!
 あたし今、ハウルの子供時代にいるんだ!

ソフィー:あっ、あああ!
 ハウルー、カルシファー!あたしはソフィー!
 待ってて、あたしきっと行くから!未来で待ってて!

ヒン:ヒン、ヒン!
ソフィー ……うん、歩くよ。ヒン、歩くから。涙が止まらないの。

ソフィー:ハウル……。ごめんね、あたしぐずだから。
 ハウルはずっと待っててくれたのに……。
 (キス)
 あたしをカルシファーの所へ連れてって。

マルクル:死んじゃった?
ソフィー:ううん、大丈夫。……おばあちゃん。
荒地の魔女:あたしゃ知らないよ、何にも持ってないよ。
ソフィー:お願い。おばあちゃん。
荒地の魔女:……そんなに欲しいのかい?
ソフィー:うん。
荒地の魔女:仕方ないね。大事にするんだよ。
ソフィー:うん。
荒地の魔女:ほら。
ソフィー:ありがとう、おばあちゃん。
 (ちゅっ)

ソフィー:カルシファー。
カルシファー:ソフィー、くたくただよ……
ソフィー:心臓をハウルに返したら、あなたは死んじゃうの?
カルシファー:ソフィーなら平気だよ、たぶん……おいらに水を掛けても、
 おいらもハウルも死ななかったから……
ソフィー:やってみるね。
 暖かくて、小鳥みたいに動いてる。
カルシファー:子供の時のまんまだからさ。
ソフィー:どうか、カルシファーが千年も生き、ハウルが心を取り戻しますように……。

カルシファー:……生きてる!おいら、自由だー!
ハウル:んん……う……
マルクル:動いた!生きてる!……わっ!?
 カルシファーの魔法が解けたんだ!
ソフィー:カブ!

ソフィー:カブ、大丈夫!?
 すぐ新しい棒を見つけてあげるね!
 カブ、ありがとう!
 (ちゅっ)
 ……ああっ!?
カブ王子:ありがとう、ソフィー。
 私は隣の国の王子です。呪いで、カブ頭にされていたのです。
荒地の魔女:愛する者にキスされないと解けない呪いね。
カブ王子:その通り。ソフィーが助けてくれなければ、私は死んでいたでしょう。
荒地の魔女:いい男だねえ。
ハウル:……うるさいな、なんの騒ぎ?……うっ!こりゃひどい、体が石みたいだ。
ソフィー:そうなの!心って重いの。
ハウル:あっ、ソフィーの髪の毛、星の光に染まってるね!……きれいだよ。
ソフィー:ハウル、大好き。よかったー!
ハウル:いたっ!

荒地の魔女:ソフィーの気持ちは分かったでしょ。
 あなたは国へ帰って、戦争でも止めさせなさいな。
カブ王子:そうさせていただきます。戦争が終わりましたら、また伺いましょう。
 心変わりは、人の世の常と申しますから。
荒地の魔女:あら良いこと言うわねえ。じゃあ、あたしが待っててあげるわ。

ヒン:ヒン、ヒン!
サリマン:……なんです?今頃連絡してきて。あなた何をやってたの?
 ハッピーエンドってわけね。この浮気者。
ヒン:ヒン!
サリマン:しょうがないわね……。
 総理大臣と、参謀長を呼びなさい。この馬鹿げた戦争を、終わらせましょう。
小姓:はい!

マルクル:カルシファーが!
ハウル:戻ってこなくても良かったのに。
カルシファー:おいら、みんなといたいんだ。雨も降りそうだしさ。
ソフィー:ありがとう、カルシファー。
 (ちゅっ)
カルシファー:うふ、うふっ。

~おしまい~


世界の約束

涙の奥にゆらぐほほえみは
時の始めからの世界の約束

いまは一人でも二人の昨日から
今日は生まれきらめく
初めて会った日のように

思い出のうちにあなたはいない
そよかぜとなって頬に触れてくる

木漏れ日の午後の別れのあとも
決して終わらない世界の約束

いまは一人でも明日は限りない
あなたが教えてくれた
夜にひそむやさしさ

思い出のうちにあなたはいない
せせらぎの歌にこの空の色に
花の香りにいつまでも生きて

신고

+ Recent posts