하사웨이 노아

브라이트 노아와 밀라이 야시마의 아들. 지구에서 아버지를 만나기 위해 비행선으로 가던 중 쿠에스에게 호감을 가지지만, 쿠에스는 샤아에게 가 버리고 그녀를 다시 찾으려 집념을 불태운다. 마지막 전투에서 쿠에스를 설득하려 하지만 실패하고 첸의 미사일에 쿠에스가 죽자 이성을 잃고 첸을 죽이고 만다.







ハサウェイ・ノア (Hassaway Noa) は、アニメ作品群「ガンダムシリーズ」のうち、宇宙世紀を舞台とした作品に登場する、架空の人物。(:花中康子Ζ)、佐々木望逆襲のシャア))

アニメ『機動戦士Ζガンダム』、アニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場する。


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


ブライト・ノアミライ・ノアの長子。妹はチェーミン・ノア

目次

[非表示]

[編集] 劇中での活躍

[編集] グリプス戦役(『機動戦士Ζガンダム』)

宇宙世紀0087年、母ミライに連れられ妹チェーミンとともにホンコンへと渡り、そこにアウドムラで到着したアムロ・レイと出会うが、直後アウドムラを追ってホンコンに到着したベン・ウッダーに拉致され、アウドムラのクルーを脅迫する人質とされてしまう。また、チェーミンと遊んでいる時に、フォウ・ムラサメと出会っている。(『機動戦士Ζガンダム』より)

[編集] 第二次ネオ・ジオン抗争(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)

宇宙世紀0093年、シャア・アズナブルの 地球寒冷化作戦を受けて、母親のミライと妹のチェーミンと共に宇宙に上がり、父親のブライトと合流しようとしたが、連邦政府高官を優遇する航空会社の態度 のため(ブライトもミライたちを宇宙に上げるため、できる限りのつてを頼ったのだが)なかなか搭乗できなかった。そこに政府高官のアデナウアー・パラヤが 割り込み、空港職員はあっさりパラヤ一家の搭乗を認める。アデナウアーはさすがに気が咎めたことと、直前になって愛人が同行を拒否した為、空いた席をノア 一家に譲ることにした。ミライは息子の成長を期してハサウェイをシャトルに乗せる。しかしこれが、若いハサウェイが戦争で体験する悲劇の序章となる。

無事宇宙に上がり、ブライトと再会した後は、アデナウアーの娘クェス・パラヤと行動を共にし、ニュータイプについてや、お互いの家族について語り合って意気投合し、ハサウェイは彼女に好意を抱くようになる。しかしアムロ・レイとクェスと3人でロンデニオンをドライブしている時シャアと遭遇し、シャアの言葉に惹かれたクェスはシャアの元に走る。ハサウェイはクェスを追うため、したたかな行動力をみせ、泣きまねでおとなしくミライ達と合流するとブライトに思わせ、作業用ロボットでラー・カイラムに密航する。

密航したことがブライトに発覚した時は修正を受けながらこっぴどく叱られたが、普段は比較的素直なハサウェイも、この時ばかりは頑強に反抗し、ブライトを少し脅かせた。アムロに引き止められても何としてもクェスを取り戻したいハサウェイは、そのためなら自分もMSで戦う覚悟はあると、譲らなかった。そんなハサウェイを、アムロはまるで自分やカミーユ・ビダンが経験した悲劇が、また繰り返されるのを見通していたかのようにやや突き放した感じの言葉でたしなめる。

戦闘が激化したため、艦内でほぼ軟禁状態にあったハサウェイだが、周囲への敵意に満ち、戦場での全ての生死を感じて苦しむクェスを強く感じ取る。ブ ライトの指示で遺書をしたため、ブリッジにいることを許されるが、クェスを感じていてもたってもいられないハサウェイは、カタパルトデッキの混乱に乗じてジェガンに搭乗し、ついに宇宙の戦場に出てしまう。ハサウェイもまたニュータイプの例に漏れないのか、モビルスーツのシミュレーターを数回こなしただけの素人のはずだが、初の実戦で遭遇したギラ・ドーガを撃ち墜とし、激戦の中をかいくぐってクェスの元までたどり着く。

α・アジールに取りつき、極限まで神経を尖らせているクェスに対し生身を晒してまで説得しようとしたが、クェスに危険なものを感じたチェーン・アギの乗る、被弾状態だったリ・ガズィが 放った一発のグレネード弾により、眼前でクェスはα・アジールと共に散る。怒りに我を失ったハサウェイは、味方であるはずのチェーンを撃墜してしまう。な お、小説版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』では、ハサウェイ自身がクェスを撃墜したことになっている。劇場版では、皮肉な結果だがハサウェイがリ・ガズィを撃ち墜とした 事によって、チェーンの持っていたサイコフレームから大きな光が発散され、それをきっかけとしたかのように、周辺空域の連邦軍がアクシズ落下阻止のために集結し始める。取り返しのつかない人の死を体験したハサウェイは、アクシズが巨大な光の虹の中で地球への軌道を変えていくのを、放心状態で見送る。(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より)

[編集] マフティー動乱(『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』)

好意を持った少女の死を背負ったハサウェイは鬱病に陥り、その治療も兼ねて植物監察官の候補生として地球に降下する(この時代、そのような立場でもなければ地球に降りられない)。自分にはニュータイプ的な才能はない(サイコミュ兵器を操る突出したパイロットという意味では、その力は十分あったが、シャアやアムロが人々に抱かせた新人類のモデルとしての存在には、自分はなりえないという意味であろうか)と自分自身気づき始めていた中で、シャアの唱えた思想が、ただひたすら人類を産んだ地球を滅亡させてはならない。保全すべきだと いう一点にあることを知り、彼に共感する。また植物観察の実習のために、植物監察官教授が住むスラウェシ島に行った時に、教授のもとに来訪したクワック・ サルヴァー(インチキ医者)と自称する人物からマフティーの組織の存在を教えられる。クワック・サルヴァーから腐敗しきっている連邦の実態を教えられ、本 当は忌むべき行為だとわかっていたが、地球の体制に含まれている毒をとりだして、根源的な問題を人類のすべてに認識してもらうにはこの方法しかないと考え た彼は、「マフティー・ナビーユ・エリン」として組織に参加することを決意し、連邦政府高官へのテロ攻撃を開始する。

宇宙世紀0105年、アデレードの地球連邦議会では、地球を一部の特権階級が私物化できる法案が可決されようとしていた。それを阻止すべくミノフスキークラフト搭載型モビルスーツ「Ξガンダム」を駆り、アデレードを襲撃する。しかしその前に立ちふさがったのは、互いに友として認めあったケネス・スレッグ率いるキルケー部隊だった。Ξガンダムに装備されているミサイル型のサイコミュ兵器「ファンネルミサイル」を駆使し、アデレードをもう一息で陥落させるところだったが、ペーネロペーとの交戦中に、議会に張り巡らされたビームバリヤーによってΞガンダムは捕獲され襲撃は失敗。全身に大火傷を負ったハサウェイは捕らえられ、ケネスの指揮によりマフティーとして 銃殺刑に処された。処刑される際に人類の可能性に希望を託した。享年25(『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』より)。

[編集] 主な搭乗機


신고

+ Recent posts

티스토리 툴바