포 무라사메

포 무라사메란 강화인간 연구소인 무라사메 연구소의 4번째 실험체라는 뜻이다. 실험에 의해 아무런 기억이 없는 그녀는 건담과 싸우면 잃어 버린 기억을 찾을 수 있다는 일종의 강박관념과 까미유와의 애정 사이에서 방황하게 된다. 약물과 훈련으로 만들어진 인조 뉴타입이어서 전투력은 상당하지만 정서적으로는 불안정하다. 거대한 모빌아머 사이코 건담을 조종하여 까미유를 위협하지만 마침내는 자아를 되찾아 한 번은 까미유를 우주로 돌려보내기 위해 스도리에 특공을 걸었고, 마지막엔 킬리만자로 기지에서 까미유의 숙적 제리드의 빔을 몸으로 막아 서서히 식어간다. 아무로와 샤아에서처럼, 비극은 까미유에게도 계속된 것이다.




フォウ・ムラサメFour Murasame)は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物(島津冴子(テレビ版)、ゆかな(劇場版))。


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 略歴

地球連邦軍傘下のムラサメ研究所にて強化人間として改造された女性。一年戦争で戦災孤児になり、ムラサメ研究所に引き取られた。フォウ・ムラサメという名は、「強化」のため、自身の過去の記憶や本当の名前すら失った彼女にムラサメ研究所が便宜的に与えた仮の名であり、ムラサメ研究所の4(four)番目の被験体という意味である。本当の名前は未だ明らかになっていない。

サイコガンダムと共に実戦参加した際、ティターンズに功績を上げれば記憶を返すと言い包められ、ホンコン・シティにおいてカミーユ・ビダンの乗るガンダムMk-IIと戦う。しかしカミーユと何度か会う中で心を通わせ、心の底から素直になれたカミーユのひたむきな言葉はフォウに届き、カミーユが宇宙に戻らなければならないことを知ると、ガルダ級大型輸送機スードリに搭載されていたシャトル用ブースターを独断で射出、ガンダムMk-IIを宇宙へと送る。そしてスードリの爆発に巻き込まれ死亡したと思われた(劇場版ではここで死亡し、キリマンジャロでカミーユと再会することは無い)。

その後、エゥーゴカラバに よるキリマンジャロ基地の攻撃作戦の際、地上に降りてきたカミーユの前に、サイコガンダムの2号機と共に現れる。以前より強化が進んでおり、カミーユの説 得に応じつつも戦火を目の当たりにして豹変。サイコガンダムに乗り戦闘を始めるが、カミーユの必死の説得によって心を取り戻す。しかし、Ζガンダムを狙ってジェリド・メサの乗るバイアランが攻撃してきた際、カミーユをかばって盾となり戦死してしまう。敵に利用され続けながら健気に生き、想いを寄せた彼女の死は、カミーユの心に大きな傷跡を残すこととなり、この一部始終を見ていたアムロ・レイシャア・アズナブルには、ララァ・スンの死という7年前の苦い記憶を想起させた。 『Zガンダム』最終回ではパプテマス・シロッコとのラストバトルにおいてカミーユの呼びかけに応じ同化した死者の思念として登場している。

機動戦士ガンダムΖΖ』では、最終回で主人公・ジュドー・アーシタハマーン・カーンによる一騎打ちの際、ジュドーは途中でΖΖガンダムの合体を解除したため、ピンチに陥ったが彼を守るカミーユ達と共に登場し、ΖΖを最合体させ、ジュドーを助けている。

[編集] 麗しのフォウ・ムラサメ

この表題でヌードイラストとして描かれたフォウの姿は、アニメ情報誌「月刊ニュータイプ」1986 年12月号のピンナップとして登場し、当時アニメファンの間で話題騒然となった。このピンナップは当時プレミアが付くほどのものであり、今でもこのピン ナップはネットオークションなどで高値(6000円~15000円)で取引されている。このイラストを基に製作されたガレージキットも同様に高値で取引さ れているようである。『Z』で作画監督を担当しこのイラストを描いた北爪は後年、『ガンダムエース』誌上で「若気の至りだった」という旨の発言をしている。

[編集] オリジナル・ストーリー

アニメージュ』(徳間書店)1986年2月号の付録として『機動戦士Ζガンダム』以前のフォウを描いた作品があり、脚本家の1人、遠藤明範によるオリジナル作品として発表された番外編・外伝的作品である。

これは雑誌の付録だったため、発表当時のアニメージュを購入していないファン以外はなかなか手にする機会がなかったものの、発表後16年を経て2001年に加筆の上再構成して文庫化され、角川スニーカー文庫フォウ・ストーリー そして、戦士に…』(ISBN 4044119066) として発刊された。後に遠藤が『機動戦士ガンダムΖΖ』のノベライゼーションを担当することになった際、実績のない新人である彼の力量を危惧した編集者も、この小説によって不安を払拭したという。[1]

『フォウ・ストーリー』では、『Ζガンダム』本編では語られなかった、彼女が求め焦がれてやまなかった「失われた記憶」がどのようなものであったが描かれており、本作ではフォウという名前になる前はキョウという名前となっている。

また、ゲストキャラとして『機動戦士ガンダム』のミハル・ラトキエの弟ジルが登場している。

しかし、前作『ガンダム』からのファンには、この作品でΖとはまったく関係のないキャラクターであるジル・ラトキエが殺されることを不快に思う者もいる。

[編集] 劇場版Ζにおける声優交代劇 フォウ編

劇場版『機動戦士Ζガンダム』では、20名以上に上る大幅なキャストの変更が行われ、インターネット等を中心に、賛否両論が巻き起こった。

島津冴子が公開した手記から、フォウ役変更の連絡はサラ・ザビアロフ役の水谷優子同様、オリジナルキャストの島津には行っていなかったことが明らかになる。

一部のファンの間で騒ぎが起こった為、富野由悠季総監督から「フォウやサラには最初から新人を起用するつもりだった」と予め役を変更するつもりでいたことが説明された。

詳細は、下記URLを参照の事。

http://www.saeko.gr.jp/four_zeta.shtml
http://www.z-gundam.net/z2/special/index.html

신고

+ Recent posts

티스토리 툴바