브랑 브루다크

가변 MA 앗시마의 파일럿으로 스도리의 함장이다. 강화인간 포 무라사에를 이용해서, 지구에 내려온 크와트로와 까미유를 집요하게 추격하여 공을 세우려 했으나 부활한 아무로의 릭디아스에 의해 격추되어 전사하였다.








ブラン・ブルターク (Buran Blutarch) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。地球連邦軍の士官で、階級は少佐。(声優中村秀利


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 劇中での活躍

自らの能力に強い自信を持つが、それに見合うだけの非常に高い技量を誇るパイロットであり、優れた戦術眼を有する指揮官でもある。劇中に登場する連邦軍人においては珍しく、佐官でありながらモビルスーツで戦うことを好む。一年戦争での実戦経験もあると思われ、連邦軍の実権を握りつつある「新参者」のティターンズを快く思ってはいないが、彼ら同様にやはりスペースノイドには偏見をもっている。しかし、エゥーゴ旧公国軍のようにコロニー落としを行うことに怯えるロザミア・バダムに対してその可能性を否定するなど、スペースノイドにもある程度の分別はある。

TV版第13話にて初登場。ケネディ宇宙港から宇宙への脱出を図るエゥーゴとそれを支援するカラバの部隊を強襲し、彼らがジャブローで奪取した大型輸送機ガルダ級スードリを奪還。その後も北米大陸を脱出しようとするカラバの同級アウドムラを、スードリを指揮して追撃し、交戦する。[1]途中、ティターンズからは撤退の要請を受けるも、手柄を掠め取るようなやり方に反発しこれを無視、追撃を続行した。また、カラバ追撃にあたりオーガスタ研究所強化人間ロザミア・バダムと合流、指揮下に置くが強化人間に対しては不信感を抱く。

可変モビルアーマーであるアッシマーを駆り、ケネディ宇宙港では発射準備中のシャトルとロベルトリック・ディアスを撃墜(TV版のみ)。続く北米上空の戦闘では、アッシマーの性能を活かした空中戦を展開し、ニュータイプであるカミーユ・ビダンクワトロ・バジーナをも圧倒。アウドムラのブリッジ破壊へあと一歩のところまで迫るが、アムロ・レイの輸送機の乱入により撤退する。その後、カラバのヒッコリー基地上空にてアムロ・カミーユと交戦。ガンダムMk-IIを撃破寸前まで追い詰めるが、アムロのリック・ディアスに乗機を撃破され戦死した。彼の死により、スードリの指揮とカラバ追討の任務は副官であるベン・ウッダー大尉が引き継ぐこととなった。

前述のように高いプライドを持った自信家だが、乗機であるアッシマーにも並々ならぬ信頼と愛着を抱いていたようである。劣勢に陥った際にもそれが揺らぐことはなく、その性能には絶対の信を置いていることを最期の瞬間まで窺わせた。

主な搭乗機は、NRX-044 アッシマー。指揮を執った艦船は、スードリ





신고

+ Recent posts

티스토리 툴바