브렉스 포라

연방군 준장으로 티탄즈에 맞서기 위해 에우고를 조직한다. 까미유의 뉴타입 능력을 알아보고 파일럿으로 발탁했다. 아가마에 타고 MK Ⅱ 탈취작전을 지휘하였고 새로 가담해온 브라이트 노아를 아가마의 함장으로 등용했다. 샤아와 함께 지구에서 벌어진 회의에 참석했다가 티탄즈의 요원에게 암살당한다. 운명 직전, 에우고의 지휘권을 크와트로 즉 지온 다이쿤의 아들 샤아에게 넘긴다.







ブレックス・フォーラBlex Forer,宇宙世紀0028年~0087年8月17日)は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。地球連邦軍准将地球連邦政府議会員の資格を持っているが、反地球連邦政府組織エゥーゴの指導者でもある。(声優藤堂貴也、劇場版では石井康嗣


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 略歴

一年戦争時の具体的描写はないが、家族を全て失う悲劇に見舞われている。 ティターンズのジャミトフ・ハイマンバスク・オムとは何らかの因縁があったようだが、劇中で語られることは無かった。

一年戦争後、ジャミトフが連邦軍内の地球至上主義者を利用して軍閥を形成し、デラーズ紛争を口実にティターンズを設立。表向きはティターンズはジオン残党を討伐するための組織であったが、ジャミトフの私兵であることは明らかだった。

ブレックスはこれに対抗するため地道な根回しとアナハイム・エレクトロニクスの資金力により月面都市やスペースコロニーの一部にシンパを獲得し、クワトロ・バジーナなどの旧ジオンの人脈とも手を組んだ。そして、反乱分子の増長に業を煮やしたティターンズによる30バンチ事件を契機にブレックスは半ば公然と活動を開始、エゥーゴを旗揚げしてアーガマリック・ディアスなどの軍事力を整備した。

宇宙世紀0087年3月、アーガマに搭乗しガンダムMk-II強奪作戦等の一連の作戦の指揮を執る。カミーユ・ビダンを「アムロ・レイの再来」と称し、カミーユがニュータイプであることに期待する。また、クワトロ・バジーナことシャア・アズナブルの正体を知りつつも、エゥーゴの幹部として遇し絶大な信頼を寄せていた。

同年8月17日、地球連邦議会で現在の地球の危機を訴えるべく、政治家達の宇宙移民を演説予定していた矢先に、ティターンズの放った刺客によって暗殺される。死の直前、シャア(クワトロ)に後事を託す。

ティターンズの人質を使った恫喝に対して即座に拒否しようとするなど、信念を優先する激情家の傾向があるが、アナハイムと交渉し連邦軍内部に組織細胞を作り上げるなどした手腕があれば、第一次ネオジオン紛争などの展開も違ったものになったであろう事は間違いない。

なお、家族が無く、組織を作り上げ、最期には暗殺されたことなどはジャミトフと同じである(ジャミトフは自ら家族と縁を切っているが)。

[編集] 関連項目



신고

+ Recent posts