헨켄 베케나

아가마의 함장이었다가 브라이트 노아가 온 뒤 자리를 내주고 라디쉬의 함장이 되었다. 털털하고 선이 굵은 남자로, 에마에게 각별한 관심을 가지고 있는 듯, 에마만 보면 괜시리 마음이 좋아져 히죽거리기도 한다. 뛰어난 결단력과 호탕함으로 따르는 사람들이 많다. 마지막 전투에서 위기에 빠진 에마를 구하기 위해 무리하게 라디쉬를 접근전 지역까지 몰고 들어갔다가, 브릿지가 함부라비에게 공격당하는 바람에 전사했다.





ヘンケン・ベッケナーHenken Bekkener,宇宙世紀?年~0088年)は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。階級は中佐。(声優小杉十郎太)。


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 劇中での活躍

一年戦争時のア・バオア・クー攻略戦前夜、ホワイトベースの後方を航行していた第7艦隊所属サラミス改フジ級輸送艦スルガに乗り組んでいたため、ソーラ・レイの直撃には遭わなかった。

この後、シャアの存在(プレッシャー)を感じていたという話もある。

宇宙世紀0087年、アーガマの初代艦長に就任。ブレックス・フォーラクワトロ・バジーナと共に、アーガマへ逃れてきたカミーユ・ビダンニュータイプであることに期待し、ガンダムMk-IIのパイロットとして登用する。クワトロがシャア・アズナブルである事は勘付いていたようだ。

ブライト・ノアがエゥーゴに参加するとアーガマの艦長を引き継がせ、新造戦艦ラーディッシュの艦長になる。また、ティターンズからエゥーゴに寝返ったエマ・シーンに一目惚れし、プレゼントを贈ったり、エマの体を気遣う発言をしたりするが素直な思いは伝えられずにいた。

宇宙世紀0088年2月21日、『グリプス戦役』最終決戦の際、エマが機体を損傷させ危機に陥ると、ラーディッシュを突進させてエマの盾になった。そして、ラーディッシュはヤザン・ゲーブルの駆るハンブラビの 攻撃で撃沈され、ヘンケンも艦と運命を共にする。軍人としては失格とも言える振る舞いかもしれない。ただし、この行為はヘンケンの個人的感情に基づく独断 ではなく、「エマを守りたい」という私情を押し殺してラーディッシュの操艦を行っていたヘンケンの、エマに対する想いを知っていた同艦のクルー達の進言に よって行われたものであり、愛する女性を捨て身で守って果てた姿は、ファンの涙を誘った。

破壊され、今にも爆発しそうなラーディッシュの艦橋で死ぬ寸前までエマのことを気にかけていた。そして、ひび割れたモニター越しにエマのMk-IIを確認し息を引き取るが、その甲斐もなく直後にエマはティターンズへ投降したレコア・ロンドが操縦するパラス・アテネと戦った際、Mk-IIのコクピットをあけて飛び出したため爆発した同機の装甲の破片の直撃を受け、それがもとで死亡している。

正規の軍人であるが、表向きは月面都市アンマンのハンバーガーショップで店長を勤めていることになっている。しかし、ファンからの評価ではこのコスチュームは似合っていないし、むしろ怖いとのこと。

小説版の登場人物紹介では「離婚経験者?」とされている。

[編集] 人物

  • 一見は強面の男だが、豪快な性格から部下には尊敬されていた。しかし、恋愛に関しては不器用でエマに対して核パルスによる放射能汚染を気遣う際「君が赤ちゃんを産めんようになったら」と下手をすればセクハラで訴えられそうなセリフを言ったり、作戦直前にも関わらず「中尉、お茶しないか?」とナンパしたり、あまりにも愚直すぎるところがある。終いには、部下から「タイミングが悪いんだよな」と冷やかされ、膨れっ面をする滑稽なシーンもある。

신고

+ Recent posts

티스토리 툴바