벨트치카 일마

에우고의 지원 조직 카라바의 멤버.까미유들이 우주에 오르기 위한 수단을 전하기 위해 아우돔라에 접촉했다. 아무로에 지나칠 정도의 애정을 가지고 있어 까미유의 비위를 거스르기도 하지만 아무로를 부활시킨 좋은 격려자이며, 샤아의 다카르 연설을 실현시킨 맹렬한 여성이다.








ベルトーチカ・イルマ (Beltorchika Irma) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。カラバの一員としてエゥーゴを支援する。(川村万梨阿


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 劇中での活躍

カミーユ・ビダンクワトロ・バジーナを宇宙に離脱させるため、愛用の複葉機「コメット」でアウドムラに合流し、必要なシャトルを備えるヒッコリーへ導く。そこでニュータイプとして知っていたアムロ・レイと出会い、興味を持ち、後に恋仲にまでなっている。自己中心的かつ利己的、ステータス主義な性格に加えてせっかちで、ガンダムMk-IIをアムロに譲るようカミーユに強要したこともある。ミライ・ヤシマはそんな彼女をたしなめ、もっとじっくり他人と付き合っていくことも必要だと諭した。

ダカールの連邦議会でクワトロの演説の際には、演説をテレビ中継するために裏工作を行い連邦議会を一時占拠する。クワトロの演説中に攻撃してきたティターンズの映像を写し、作戦の成功に大きく貢献する。このころには以前のような独善的な言動や感情の起伏が鳴りを潜め、ダカールの作戦成功後にはカミーユと互いにねぎらい、打ち解けた会話が出来るようになっていた。

[編集] 劇場版『機動戦士Ζガンダム』

劇場版『機動戦士Ζガンダム』ではダカールでの演説は無いため、カミーユたちが宇宙へ帰還した後は表舞台から去り、機動戦士ΖガンダムIII -星の鼓動は愛-のラストでアムロやフラウと共にグリプス戦役の終焉を見届けるシーンのみの登場となる(但し、セリフは無い)。また、性格もやや穏和になっている。

[編集] 小説版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

富野由悠季著の小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア~ベルトーチカ・チルドレン~』では、アムロの子供を身篭る。νガンダムの開発・整備を行うなど、基本的には劇場版のチェーン・アギと同じような役柄である。ただ、死亡はしていない。なお、本来は劇場版にも彼女が登場するはずだったが、「アニメの主人公(アムロ)が子持ちになるのはいただけない」と批判されて設定が変更されたため、小説「ハイ・ストリーマー」では別れた事になってしまった。


신고

+ Recent posts