밀라이 야시마

스페이스 글라이더의 조종 경험이 있다는 이유로 자원하여 화이트 베이스의 크루가 된 18세의 소녀. 연방군 고관의 딸로 사이드6에 이미 정혼한 약혼자가 있었다. 화이트 베이스의 어머니적인 역할로 어린 소년 소녀들을 다독거리는 착한 여성이지만, 브릿지에서는 뛰어난 조타수로서 그리고 부관적인 역할로 함장인 브라이트를 훌륭히 보조하기도 한다. 상당히 육감이 좋은 여성으로 세이라와 함께 뉴타입의 가능성을 숨기고 있다.







ミライ・ヤシマ (Mirai Yashima) は、アニメ作品群「ガンダムシリーズ」のうち、宇宙世紀を舞台とした作品に登場する、架空の人物。女性。(白石冬美

アニメ『機動戦士ガンダム』、アニメ『機動戦士Ζガンダム』、アニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する。小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』では劇中に登場しない。


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 劇中での活躍

[編集] 一年戦争(『機動戦士ガンダム』)

機動戦士ガンダム』登場当初はサイド7の一住民だったが、スペースコロニーへのザク強襲によりホワイトベースに避難。その際、スペースグライダーのライセンスを持っていたために、ホワイトベースの操艦の任務を自ら買って出る。当時の年齢は18歳(小説版では軍属からのスタートだが年齢は同様)。

ホワイトベースがオデッサに向かう途中の第22話にて、過労で倒れてしまった艦長ブライト・ノアの代わりに暫定的に指揮を引き継ぐが、元々指揮官肌ではなかったためか、敵の作戦に引っかかってホワイトベースの格納庫部分を撃ち抜かれてしまうなど、状況判断のミスを多発している。

彼女は地球連邦の元高官であるヤシマ氏(故人)の娘であり、良家の令嬢でもある。この事はホワイトベースの初代艦長パオロ・カシアスも知っていた。それに関連して、ホワイトベースがジャブローにて修理を受けている第29話にて、連邦軍の幹部からも彼女の乗っている艦に対しての処罰をしない旨を言い渡されている。

ホワイトベース艦内では、乗組員の「お母さん」「お袋さん」的存在であり、常に皆に慕われている。また、ホワイトベースがサイド6に立ち寄る第34話にて、ブライトの服を縫う(ほつれを直していると思われる)などもしている。

その一方、複数の男性に言い寄られる恋多き女という意外な一面も持つ。(富野ガンダムの男性登場人物は基本的に母性の強い女性を求める傾向にある)

第33話にて、かつての婚約者であるカムラン・ブルームが登場するが、自分を探そうとはしていなかったカムランにミライは失望を覚え、住む世界が違うと彼に別れを告げる。その後、カムランが身を挺してホワイトベースの護衛をすると申し出るが、その好意を頑なに拒否するミライはスレッガー・ロウに平手打ちを食わされる。この時、スレッガーのはっきりした性格がミライの心を揺さぶったのであろう。その一方、ブライトに関してはカムランの一件に対する優柔不断な態度に軽い失望を覚えていたようで、ミライの心は徐々にブライトからスレッガーへと移ってゆく。

その後、第36話にてスレッガーから彼の母親の形見の指輪を受け取るが、その直後に彼は戦死。ミライは涙する。その後、彼女はア・バオア・クーの戦闘にも参加しホワイトベースを撃沈されるが、乗組員と共に脱出し無事生還を果たしている。一年戦争を生き残った彼女は、戦後ブライトと結婚。名前をミライ・ノアと変え、2人の子供(ハサウェイ・ノアチェーミン・ノア)をもうける。

ニュータイプの素質があるようで、事件が起こる前にそれを予感したりしていた。「ちょっと、間に合わないかもしれない」との呟きはその後のマチルダ・アジャンの戦死を予見させるものであり、予知的なニュータイプ能力についてはアムロ・レイの洞察的なそれよりも早い発現と言える。しかしそこまでが限界だったのか能力開発の機会が得られなかった為か、セイラ・マスに対して不審を抱きつつもその真意を量るまでには至らず、ア・バオア・クー脱出の際もアムロとの特別な共鳴は見られなかった(他の多くのクルーもアムロの声を聞いている)。が、続編であるΖガンダムにも登場し、ニュータイプ能力の片鱗は見せている。

安彦良和の漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』ではTV版以前のミライが描かれており、一年戦争以前に、建物の外から窓越しにセイラ・マスエドワウ・マスの姿を見ている。これはミライの父親がザビ家との関係について助言するためセイラの養父の元を訪れた際の出来事で、ミライも秘書代わりに同席している。従って、セイラ・マスという名前から彼女がジオン・ダイクンの 遺児である事を知っている可能性が高い。なお、その時に「15歳でハイスクールだが飛び級でカレッジに進み、憧れの職業は宇宙飛行士」と紹介され、利発で あることが窺われる(学年進級が現代の欧米等で一般的な9月かどうかは不明だが、レビルやユウキの発言からすると地球圏全般に日本国の習慣はあまり残って おらず、学校年度が4 月の可能性は低い)。また、父親と養父の会談は0068年中のいずれかの時点から43回の月相(42ヶ月程度)を経過して間もない頃に行われており、 0071年或いは0072年となる。即ち、ホワイトベースの操舵手となった0079年9月頃の時点では22歳~24歳となる(年齢が変わっていないカイが オバさんと言ったのはこうした理由もあるのかもしれない)。従って他の何人かの登場人物と同様に年齢、ならびに能力の再設定が行われた模様。余談だが、一 般に大型艦船の操舵や港への投錨などは高度な技能を必要とし海技士でも関門は厳しく、仮に危急の時であっても乗船履歴・経験は必要と考えられる。それ故に艦内の中での地位や信頼も高い。これを宇宙世紀世界に直ちに当て嵌めることは出来ないが、より「お袋さん」(実際はお姉さん)らしくリファインが図られたと考えられる。

その後、コロニーの建設を請け負うヤシマ重工の令嬢として父親に連れられてサイド7に移住する。アニメ版でもホワイトベースでは操舵手というより実 際の艦船で言う操舵長(あるいは副長)的な役割をこなしていたが、連載では理知的な側面が強調される傾向にあり、ブライトより適格な判断や作戦の進言等を 行っている場面もある。中でもルナツーでの補給艦叩きとミード湖の避難民のエピソードは発案者がミライに差し替えられている(TV版はブライト)。セイラ が独房入りした際にはオムルに比較し弁護の態度がやや不自然であり、そこにも上記の背景が影響している可能性が高い。

※「ミライ・エイトランド」すなわち「未来・八島(ヤシマ)」が本来の設定である。

[編集] グリプス戦役(『機動戦士Ζガンダム』)

機動戦士Ζガンダム』では、当初ジャブローに住んでいたがエゥーゴのジャブロー強襲前にホンコンへ移動し、第17話にて宇宙へ行くためのシャトルに乗るチケットを入手しようと列に並んでいるところで、ルオ商会を探すアムロ・レイと偶然再会する。また、第18話では、元ホワイトベースのクルーだと言う事もあり、地球連邦軍の兵士ベン・ウッダー達に捕らえられてしまい、人質にされてしまう。カミーユ達は降伏するふりをして周囲のモビルスーツ隊を撃破。ミライたち親子を救出する。

なお、劇場版『恋人たち』では宇宙に上がろうとはせず、避難民船に乗っている。『星の鼓動は愛』のラストで地球上の連邦軍基地に向かおうとするシーンが追加されている。

[編集] 第二次ネオ・ジオン抗争(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、子供を宇宙に移民させるためにシャトルに乗ろうとするが、突然アデナウアーがシャトルの席の割り込みをしたために、ハサウェイのみ宇宙へ送り出す事となる。その後はチェーミンと共に地球上をエレカ(車)で走り回る様子が描かれている。

チェーミンに「シャアは純粋すぎる人よ」と語っている場面から察するに、案外シャアの本質を誰よりもよく見抜いていたのは実はミライ本人だったのかも知れない。


신고

+ Recent posts

티스토리 툴바