류 호세이

사관 후보생으로 화이트베이스의 전투 반장을 맡고 있다. 우락부락한 외모와 언행과는 달리 성격은 온화한 편이어서 프라우 보우 다음으로 아무로가 의지한 인물이다. 하지만 전쟁터에서는 맹렬한 전사로서 어린 아무로,카이,하야토를 독려한다. 란바 랄의 기습 공격을 받고 부상을 입은 만신창이의 몸을 이끌고, 화이트베이스에 특공을 걸어온 하몬 랄의 마제라 탑에 특공으로 맞서 장렬하게 산화한다.







リュウ・ホセイ (Ryu Jose) は、アニメ機動戦士ガンダム』に登場する、架空の人物。地球連邦軍の兵士で、階級は曹長。恰幅のいい体格をした温厚な青年。(声優:飯塚昭三

第2話~21話に登場。

連邦軍に志願入隊して間もなくモビルスーツパイロット候補生としてホワイトベースの乗組員になるが、サイド7へのザク強襲以降は乗組員の中で数少ない正規軍人として、コア・ファイターでの戦闘支援や他のパイロットを気遣うなど面倒見の良い一面も見せていた。ホワイトベースが地球に降りてからはガンタンクの操縦手としてハヤト・コバヤシと共に出撃している。戦闘の指揮を執るブライト・ノアとは異なり、艦内の統制をするサブリーダー的な役割を担った。


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 劇中での活躍

リュウは同じ士官候補生という立場でブライトの良き相談役となり、パイロットとしてはアムロ達 の良き理解者として、持ち前の包容力でそれぞれの立場を慮りながら時には優しく諭し、時には厳しく叱りながら接した。成り行きから最新兵器ガンダムのパイ ロットになった重責と絶え間なく襲い来る戦闘のプレッシャーから憔悴するアムロや、一士官候補生から一転ホワイトベースの指揮を担う事になったブライト、 そして突然戦争の真っ只中に放り込まれてしまったカイ・シデンや ハヤトといった面々はその立場の違いからぶつかる事が多く、日々ストレスを募らせており、アムロが一時的にホワイトベースを脱走したきっかけもブライトが アムロをガンダムから降ろしてリュウを正パイロットに据えようとしたためだったが、そのたびにリュウは仲間達の心を繋ぐと共に彼らの心の痞えを受け止める 緩衝材的な役割を担った。

ランバ・ラル隊がホワイトベースに白兵戦を仕掛けてくる第20話にて、艦内の銃撃戦でランバ・ラルと相討ちになり重傷を負う。そして、クラウレ・ハモンを筆頭としたランバ・ラル隊の生き残りが再び攻撃を仕掛けてきた第21話において、怪我を押してジープで戦闘中のガンタンクに近づき、外からガンタンクの上半身を排除。操縦手をしていたジョブ・ジョンを押しのけ、内蔵されていたコア・ファイターに乗り、ガンダムの真後ろから攻撃せんとしていたクラウレ・ハモンの乗るマゼラトップ特攻し、戦死する。戦死後、二階級特進で中尉(劇場版『哀・戦士編』では死後3階級昇進で大尉)に任命された。

彼の捨て身の行動によりホワイトベース及びガンダムは辛くも難を逃れたが、それまで乗組員のまとめ役ともなっていた彼を失った代償は大きく、乗組員 達は悲しみに暮れる。あのブライトでさえ四つん這いになって大泣きしたほど、彼の存在は大きかった。しかし、その死はクルーが結束をより固くしていく上で の大いなる転機となった。

劇場版『哀・戦士編』では時系列がTV版と異なり、黒い三連星との戦闘後にハモンらとの戦いとなっている。そういった事情から彼の戦死後の描写はア ムロとハヤトが殴り合う程度に軽く流され、その後にホワイトベースのクルー全員が先に戦死したマチルダを悼み敬礼する(オデッサでの戦死者へとされている が、セイラやアムロのモノローグはマチルダしか言及していないので見る者にはそうとしか受け取れない)カットが入るため、リュウにとっては何とも報われな い結果となってしまっている。

[編集] 小説版での活躍

物語の始まりからモビルスーツパイロット候補生としてペガサスに乗り組んでいるアムロやカイ、ハヤトの同期生として登場。パイロット候補生のリー ダー的な存在として描かれており、アムロの戦いぶりを間の当たりにしてニュータイプの実在を認識するシーンもある。カイと共にガンキャノンのパイロットと して活躍するも(小説版にガンタンクは存在していないため)、敵の砲撃の直撃を受けて戦死する。

[編集] 『THE ORIGIN』での活躍

安彦良和の漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、すでにルウム戦役で宇宙戦闘機パイロットとして実戦経験を経ている様子が描かれている。この際はレビル艦隊に奇襲をかけようとするドズル艦隊と接触、撃墜されてノーマルスーツで宇宙に放り出されるも生還している。またサイド7でもパオロ船長と共に宇宙雷撃艇でシャアのムサイに攻撃をかけるが被弾、パオロ船長はこの際に重傷を負う。

戦死場面は、ブライトが索敵を怠った事に苛立ち重傷を押してコアファイターで霧の中、周辺偵察に出撃、帰還した所でガンダムがハモン機に後ろを取ら れた場面に遭遇、直後ハモン機と衝突している。リュウがハモン機を確認してから激突するまでの間に説明描写がないために、意識して特攻を掛けたのかが不明 となっており、単に視界不良の中での出会い頭の事故とみる事も出来る。この変更は、安彦良和氏が特攻死を美化する事を嫌っている事に起因するとみられる。

戦死後のアムロ達の様子については、ブライトやオムルが自責の念を口にする中、リュウへの依存を口にするハヤトをアムロが「いつまでもみっともなく泣くな」と殴りつけてケンカになるという、TV版と劇場版を合わせた様な展開になっている。その後、ジャブローでアムロがニュータイプ研究の実験で眠らされている時に、夢の中でリュウに責められるシーンがある。

[編集] 主な搭乗機

[編集] その他

プレイステーションのソフト『機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜』では、映像では戦死したメンバーを戦死させないように物語選択をする事もできる。選択肢によってはエゥーゴのノーマルスーツを着たリュウ・ホセイの姿も見ることができる。『機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記』ではオリジナルモードで彼を総大将にした場合、戦後恰幅のよい姿で一兵卒と語らいでいるシーンがみられる。

また、プレイステーション2およびゲームキューブ用ソフト『機動戦士ガンダム ガンダムvs.Ζガンダム』においても、宇宙世紀モードにおいて、本来戦死するはずの砂漠での戦闘をクリアすれば彼が生きていた場合のストーリーが出現する。

富野喜幸監督は放映当時のアニメ誌のインタビューで「リュウの死は『もうこれ以上は殺さない』という意思表示」と語っている(当時すでに「皆殺しのトミノ」の悪名が立っていた為)。実際これ以降にホワイトベースのメインクルーで劇中で戦死したのは、ジャブローで乗船したスレッガー・ロウのみである。

신고

+ Recent posts

티스토리 툴바