http://www.arcamone.net/upimg/yqi2nw36n5.jpg
紅の豚

登場人物

ポルコ․ロッソ: 空賊專門の賞金稼ぎ․元はイタリア空軍の名パイロットだったが,戰爭に嫌氣がさし,自らを豚に變えてしまった男.虛無主義者的なところもある.愛機はサボイアS-21飛行艇.

マダム․ジ-ナ: アドリア海に浮かぶ小島にあるホテル․アドリア-ノの女主人.自ら店に立って歌を歌うこともある.ポルコとは古くからのつきあいらしい.空賊などの荒くれ男たちも,彼女の前では皆おとなしい.

ドナルド․カ-チス:  名を上げるため,太平洋を渡ってきたアメリカ野郞.將來の希望はアメリカ合衆國大統領になること.目もうまいが,飛行機の操縱の腕も立つ.「幸運のガラガラ蛇」のマ-クの靑いカ-チスが愛機.


マンマユ-ト團:  空賊連合に屬さない空賊だったが,ポルコにやられたことから連合と組むことになった.氣は荒いが,根はやさしい連中.

フィオ․ピッコロ: ピッコロ飛行機工場の若き設計主任.17歲だが,飛行機設計のセンスは竝 ならぬ物を持っている.性格は物おじしないではっきりと自分のいうべきことをいえるしっかり者.

ピッコロ親父:   イタリアのミライで,小さな飛行機工場を經營する男.頑固一徹の職人のかたまりのような男だが,氣はいい.

F․フェラ-リン: ポルコがまだ人間で,マルコと呼ばれ,イタリア空軍に在籍していた時の友人.

ポルコ:     ク---ウ.

ポルコ:     ヘ...イ...

電話の音  ポルコ,ロッソ! すぐ飛んでくれ.マンマユ-ト團が出たんだ.

ポルコ:     マンマユ-ト? 安い仕事はやらねえぜ.

電話の音  ベニスがらのチャ-タ-船が狙われている.鑛山會社の給料を積んでいるんだ.

ポルコ:     それだけか? え?

電話の音   イヤ........その.....バカンスツア-の女學校の全生徒が乘ってるんだ.

ポルコ:     そいつはちと高くつくぜ.

電話の音    契約14條の第3項を該當させる.

ポルコ:     第4項もだな.

<海上>

船の客達:   キャ-. グ-ッ!

ボス:       とまれ-! とまらねえと沈めるぞ-ッ! とまれ-!

女學生:     わ-. 海賊だァ.みんな,さらわれる.海賊じゃないよ. 空賊っていうんだよ.

ポルコ:     ゲホッ.ゲホッ! そろそろオ-バ-ホ-ルしなきゃいかんな.

<洋上>

女の子A:    あなた達惡人さん?

子分A:      そうさ.

女の子B:    あたしたち人質ね.

子分A:      そうだよ.

女の子C:     空賊っていうのよね.

子分A:      よく知ってるね.

女の子A:    ガイコツ!ワ-カッコイイ.

女の子B:    上手だね....そうだね.

ボス:   早くくおいで.忙しいんだから.もう…….

子分B:      15人もいますけど,みんな連れていくんですか?

ボス:       仲間はずれをつくっちゃかわいそうじゃねぇか!

<上空>

ポルコ:     ん!?

人びと:     オ-イ,ワ-イ.

ポルコ:     遲かったか.

船長:女の子と金貨をさらわれたァ!? 取り戾してくれ-っ!!  あっちに逃げたァ-.

ポルコ:     ン.......!?

みんな:     ちがう,そっちじゃないよ-.

ポルコ:     間違えちゃいねぇぜ.やつらの手口はわかってる.

<解說圖>

ポルコ:    見えなくなるまで飛んで,すぐに針路を變えるにちげぇねぇ.やつらは貧乏でケチだから……,ガス代をしぶってこの近くの島に….いけねぇ.コノ……! こりゃ,あんまり時間がねえな……!? いやがった! なんだよ,島めぐりの觀光艇じゃねえか.

娘たち:   キャ-.ブタよ.ブタさんよ!  ブダさ-ん.カワイイ-.こっち向いてえ.

ポルコ:     こんな所で遊んでると,團體でさらわれちゃうぜェ.

娘たち:     キャ-.カッコイイ!

ボス:       うるさいなァ.

子供達A:    飛んでる-.

子供達B:    見せて-,見せて-.うわあ.こわい.あたしにも見せてェ.

ボス:       コラッ,だめだよ.靜かに,靜がにしなさ-い.(子分へ) オイ,何とかしろよ!!



子分B:       だから,みんな連れていくのかって聞いたのに.....

子分C:       ちょっとだけだぞ.

女の子BとC:  キャハハハ.

子分C:       ほんとはいけないんだから.....

女の子B:     きれいね-.(何か見つけて)あっ,見てェ-.赤いヒコ-キ!!

子分C:       どこ? どこ?

女の子B:     いたよね-.

女の子C:     ネ-.

ポルコ:      もう逃がさねえぞ.

女の子BとC: ホラッ,來たァ.

子分C:      ポルコ,ロッソだ!!

女の子BとC: 見えない-っ.

子分C:      ああ-っ,イケネエ.

女の子C:    とまっちゃった!! (ワクワク)

女の子B:    おちる-.

子分C:      落ちない!! もう一發ある.

ボス:       クソオ! なんてことしやがる.うてっ,うてっ,うちまくれ.

チビB:      强いよね.赤いヒコ-キ.

女の子B:    當たらないね.

子分C:      邪魔だナァ.

子分A:     ブダがら信號! [お前の負けだ.話を聞け.]

ボス:       うるせえ!!

子分C:        來る,來る.こっちへ來る.(子供に) 頭下げて!!

             どこ? どこいった?

女の子C:     (叫ぶ) ああ,隱れてるう!

子分C:        ワアッ.ワァ..........

一同:         ワ-イ.


女の子BとC:  キャ-落ちた! 沈沒する-っ!

子分C:        沈沒しないっ! 飛行艇だぞォ! ああ!?

チビ共:       沈沒する.

ボス:         ああ,やめなさい.あぶない.

子分C:        沈沒しないってば-.

ボス:         止めろ! 大事な人質だぞ.

女の子A:     心配しないで.あたし達スイミングラブの子だから.

ボス:         ちがう.ちがうったら.

子分A:       ブタから再び通信!!

子分Aの聲:   金貨ハ半分クレテヤル.殘リト人質ヲ置イテウセロ.

ポルコ:       さもないと皆殺しにしてやるぜ.

子分A:       と言ってますが.

子分B:        金貨半分!

ボス:         うるせえ! 來やがれ豚野郞! 最後の勝負だ!くらえ!! あっ,アレ!? アレ! 壞れたァ…….

子分:         降參だァ! 降參,降參.

女の子一同:   サヨ-ナラ-.

子分BとC:    サヨ-ナラ-.

子分A:       よかったですね.修理代だけでも殘って.

ボス:         バカヤロ! 志をもっと大きく待て.

女の子達:     キャ-,キャハハハ.

ポルコ:      靜かに.靜かにしなさい.ああ-.そこ引っぱっちゃだめだよ.こわれる-!!

一同:        キャハハハ. アッハハハ.

<ホテルアドリア-ノ內のバ->

ボスB:       マンマユ-トの連中,今日は來れねえとさ.

ボスA:   クソ-ッ,小汚ねえ賞金稼ぎが英雄氣どりやがって!! だがな,その若えのはアメリカ人だろう.

ボスE:       アメリカ人に助っ人を賴むのはアドリアの飛行艇乘りの恥だぜ.

口入れ屋:    いや,彼のバアちゃんは1/4イタリア人ですよ.とにかくポルコをなんとかしないと,皆さんはお困りなんだから…….

ボスE:       しかし,10%は法外だ…….

カ-チス:     シ-ッ.

ボスE:        ……?

カ-チス:     美しい…….

<たそがれの空 >

ボスC:        來た!

空賊一同:     やろう!! イヤな面だぜ.カッコつけやがって.

カ-チス:     シ-ッ.

記者:       ポルコ․ロッソさん! ネブチュ-ン社の特派員ですが,今回もお手柄でしたねェ.マンマユ-ト團は當分,再起不能でしょう.ところで今年の賞金總額の予想ですが,去年を輕く越えると思いますが…. アラァ.ちょっと!キミ離したまえ.ちょっと.アラ!

カ-チス:    歌は靜かに聞くんだ.すばらしい人だ.ホテル․アドリア-ノのマダム․ジ-ナは,國の飛行艇乘りにも有名だもんな.そこでは空賊も賞金稼ぎもイイ子にしてるってよ.

ポルコ:  表のカ-チスは,おめえのか.

カ-チス: ああ,名聲と金を運んでくる幸運のガラガラ蛇さ.

ポルコ:  シュナイダ-カップで2年續けてイタリア艇を破った奴だ.

カ-チス:  スピ-ドだけじゃねぇ.空中戰も强いぜ.ここらじゃポルコ․ロッソとかいう豚が名を賣ってるそうじゃないか.

ポルコ:   空賊と手を組むなら氣をつけろよ.若えの.やつらは,ケチで貧乏だ.風呂にも入らねえからクセエしな.

カ-チス:  ととと,確かに.

一同:      なにお,くされ豚,やるか.

ジ-ナ: なあに,今夜は? 偉い人ばかり集まって.また惡だくみしてるの?

一同:      エヘヘヘ.

ボスC:     當りい…….

ジ-ナ:    來てくれてうれしいわ.でも戰爭ゴッコはだめよ.

ボスD: わかってるよ,ジ-ナ,この店の50キロ以內じゃ仕事はしねえさ.

ボスF:      豚とだって仲良くやってるぞ,なぁ.ああっ.

ジ-ナ:     フフフ,みんなよい子ね.

カ-チス:   また會おうぜ.

女A:        ポルコ,お話きかせて.

女B:        ねぇ.

ポルコ:     こんど二人きりのときにな.

ジ-ナ:  あのアメリカさん,おかしいの.私の顔を見るなり "結婚してくれ"だって.だから敎えてあげたわ,私は三回飛行艇乘りと結婚したけど,ひとりは戰爭で,ひとりは大西洋で,最後のひとりはアジアで死んだって….

ポルコ:     わかったのか…….

ジ-ナ: 今日,運絡があったの.べンガルの奧地で殘骸が見つかったって…….三年待ったわ…….もう淚もれちゃった.

ポルコ:     いい奴はみんな死ぬ.友へ…….

ジ-ナ:    マルコ,ありがとう.いつもそばにいてくれて.もう,あなただけになっちゃったわね.古い仲間は.

ポルコ:    この店でひとつ氣にくわねえのは,あの寫眞をはずさねえことだ.

ジ-ナ:    だめよ.破いちゃ.マルコが人間だったときの,たった1枚だけ殘った寫眞なんだから,どうやったらあなたにかけられた魔法が解けるのかしらね.

ポルコ:    あのアメリカ野郞,いい腕してるぜ…….

<港を見おろすプロムナ-ド>

<銀行のカウンタ->

行員:      うらやましい.私もこの位,稼いでみたいですな.

ポルコ:    今月の拂いだ.

行員:      飛行艇のロ-ンは終わりました.いかがでしょう.愛國債券などをお求めになって民族に貢獻されては.

ポルコ:    そういうことはな.人間どうしでやんな.

<半地下の故買武器商の店>

小增:       いらっしゃい.ポルコ․ロッソさん.できてますよ.

ポルコ:     彈丸も60發くれ.

小增:       はい.

ポルコ:     地上(おか)はずいぶん騷がしいな.

じいさん: そうかい? また政府が變わるのかね.じゃ,何だな.あんたらも非合法になるな.

ポルコ:     ブタに國も法律もねぇよ.

じいさん:   ヒヒヒ,ちげえねぇ.モグラも同じさ.

小增:      いつものだけでいいんですか? 高性能燒夷彈とか,徹甲彈も入荷してますよ.

ポルコ:    坊主,俺達ゃ戰爭やってるわけじゃねぇんだよ.またな.

小增:       まいど! 親方.戰爭と賞金稼ぎとどう違うの?

じいさん:  ああ….そりゃ戰爭で稼ぐ奴は惡黨さ.賞金稼ぎで稼げねえ奴は,能なしだ.

ボス:       ロ-ンをしょった空賊なんぞ.繪にもならねぇ.

子分A:     しかたねえですよ.修理代がかさみましたからねえ.

子分B:      運合の船だあ.

ボス:      ったく! 何の因果であんなしけた奴らとつるまにゃいかんのだ.

子分A:     豚のセイですよ.豚の.

空賊A:      なんだよ.マンマユ-トの奴ら.べんキ代もねえのか.みっともねえなあ….やっと,みんなそろいやがったな.おい,後ろどうだ? アメリカ野郞,來てるか!?

Aの子分:   太陽の中にいます.セオリ-どうりやってます.

空賊C:     目標發見!! 地中海の女王號だあ.

子分A:     あんなでかいの…,やるんですかい!?

ボス:       だから,團體を組んだんじゃねえか.ビビルな.

空賊F:      ワレエンジン不調.掩護する,先にかかれ.

空賊D:      テメエ…ズルイゾ,決めた通りにしろ!!

空賊G:      やられた時の修理代はワリカンだよな.

空賊C:      めめしい野郞だぜ.自己負擔に決まってんだろうが!!

空賊E:      爆彈も自己負擔なんか?

空賊C:      當り前だろうが!

空賊F:      ワレ,エンジン不調エンジン不調.

空賊A:      その話はついてるはずだ.

空賊D:      ケチクセエ野郞ダ.

空賊G:      ワリカンじゃナキャオリル.オレハオリル.

ボス:       ウルセ-.ダマレ-.

<地中海の女王號>

アナウンス:お客さまにお知らせします.お客樣にお知らせします.              空中海賊が,本船を狙っています.けれどもご安心下さい.本船には優秀な戰鬪艇が備えてあります.勇敢な二人のパイロットをご紹介しましょう.1號艇.黑いエスタリオン.シニョ-ル․バラッカ.2號艇,ティべレの狼.ヴィスコンティ中尉.

ガヤ:        ウ…ッ.

ボス:        用心棒を運れてやがった.

空賊F:       ごんな話は聞いてねえぞ!!

カ-チス:     あ-あ,取り亂しちゃってまあ….

空賊G:       こっちに來るな-っ!! カ-チス!!

カ-チス:     よ-し,待ってろ-ォ!

<ポルコのアジト>

ポルコ:     こりゃいよいよいかんな.やっぱりミラノに運ぶしかねえか.

ラジオ:     二人のパイロットは擊墜されましたが,パラシュ-トで脫出に成功しました.同船の金目のものをあらいざらい奪い取った空賊連合は,次のメッセ-ジをしています.

ボス:       次はおまえだ.

一同:       豚,出てこ-い!!

ポルコ:      ......

ラジオ:     繰り返します.次はお前だブタ出てこい.この襲擊事件について.

ポルコ:     やるじゃねえか.ゴミ野郞が….ワッハハハ.惡いが俺は休暇だ.まっ白なシ-ツ,美しい女達….ミラノまでもってくれよ.エンジンちゃん.

<外海>

ポルコ:     いやな天氣になってきやがったな….雲の下を行くしかねえか.いい子だガンバレ.ホレホレ.そうそう.いい子だよ,エンジンちゃん.

カ-チス:    ブタ-ッ.

ポルコ:       !

カ-チス:    一對一だ,勝負しろ!!

ポルコ:      今それどころじゃねえ!

カ-チス:    逃げるな.みんなに言いふらしちゃうぞ-.

ポルコ     また會おうぜ.アメリカ野郞! いけね!  出ちゃった! イカン!!

カ-チス:    當たったァ!

ポルコ:      てめえの彈丸なんぞ當たっちゃいねぇ.故障だあ!

カ-チス:     やった! これで俺も有名人だ. ヒャッホ-! 手ブラで戾っちゃ…,やつら信用しねえからな.據になにか… おっ…! あったあ.この經薄な赤….まちがいねえ.アラバマのおふくろにいい土産が出來たぜ.

<ホテル  アドリア-ノ>

ジ-ナ:      急いでちょうだい.

給仕:       おくさまァ.おくさま….お電話です.ご無事です.生きておられました.

ジ-ナ:     エッ!?

給仕:       フロントの電話でお話し下さい.

ジ-ナ:     マルコ!? あなたなの!? ケガは? いま船で探しに行こうとしていたの.そう…よかった.

ポルコ:     (電話の聲)ほどよくやせたぜ.二日ほど無人島にいたからな.

<とある漁港のBARの電話>

ポルコ:      これから艇を直しにミラノへ行って來る.あのアメリカ野郞が店に來たら傳えてくれねぇか.また今度會おうぜってよ.

ジ-ナ:      何よ!! ひとを傳言板か何かと思ってるの!! いくら心配したって,あんた達飛行艇乘りは女を棧橋の金具ぐらいにしか考えてないんでしょう.

ポルコ:      …….

ジ-ナ:     マルコ,今にロ-ストポ-クになっちゃうから….私イヤよ,そんなお葬式.

ポルコ:       飛ばねぇ豚はただの豚だ.

ジ-ナ:       バカ!!

<貨車の上>

おやじ:      今夜あたり着くと思って待っとったよ.

ポルコ:      またやっかいになるぜ.

おやじ:      こりゃまたひどくやられたな.新造した方が早くないかい?

ポルコ:      こいつは殘してえんだ.

おやじ:      まっ,氣待ちはわかるよ.

フィオ:      退がってェ,バックで入れるから.

ポルコ:      誰だ? あのカワイコちゃんは?

おやじ:      アメリカに行っとった孫だよ.お-らい,お-らい,お-らい.

フィオ:    きれいな艇.おじいちゃん,きれいね.いいラインしてる.

おやじ:      まあ近頃は,こんな仕事をする職人はいはいよ.



ポルコ:      似てねえな.

おやじ:      ん?

ポルコ:      本當にじいさんの孫なのか?

おやじ:      手,出すなよ.

ポルコ:      エエ!?

おやじ:      フィオ,あと賴むよ.

フィオ:       ワン!  やっとく.

ポルコ:      相手はカ-チスだ.あと15ノットほど欲しいんだ.

おやじ:      カ-チスか…なつかしいな.どうだい.

ポルコ:      こりゃフォルゴ-レじゃねえか.

おやじ:      出所はきくな.1927年のシュナイダ-カップで,こいつをつけたイタリア艇は,カ-チスに負けたんだ.だがこいつのせいじゃない.メカニックがへボだったからだ.フフフ,血が騷ぐなァ.

ポルコ:    あんまりデリケ-トにチュ-ンするなよ.レ-スじゃねえんだからな.

おやじ:    そういうのをな,アジアじゃブッダに敎えを說くっていうんだよ.

ポルコ:     有り金全部,待ってく氣かよ.

おやじ:     近頃はな,札束が紙クズ竝の値打ちしかないんだよ.ポケットの金も出しな.プロペラ代と,塗裝費と….

ポルコ:      こいつは滯在費だぜ.ホテル代とか,めし代とか.

おやじ:      ここに泊まりゃいい.めし代 みで安くしとくよ.

ポルコ:      息子どもの姿が見えねえが,達者なのか?

おやじ:      三人共,出稼ぎだ.

ポルコ:      じゃあ設計は,誰がやるんだい.

おやじ:      フィオがやるよ.

ポルコ:      フィオ!? さっきの娘かァ.

おやじ:    歲は若いがな,フィオには息子どもにないものがあるよ.

ポルコ:       ….

おやじ:       …ん?

ポルコ:      じいさん,長いつきあいだがな.今度の仕事は他をあたらせてもらうぜ.

フィオ:       待って! 私が女だから不安なの? それとも若すぎるから?

ポルコ:      兩方だよ.お孃さん.

フィオ:     そうね.當然だわ.ン-…ねっ! いいパイロットの第一條件を敎えて.

ポルコ:       んん….

フィオ:       經驗?

ポルコ:       イヤ,インスピレ-ションだな.

フィオ:     よかった.經驗だって言われなくって…ね.おじいちゃんに聞いたんだけど,あなたの單獨飛行はとても早かったんですってね.その時からとても上手だったって….

ポルコ:       1910年だ.17の時だったな….

フィオ:      17才! 今の私と同じ! 女をやめるわけにはいかないけど…やらせてくれない? 前の圖面もあるし.うまくいかなかったらお金はいらないわ.ね! おじいちゃん.

おやじ:      わしの孫だ.うまくやるさ.わしだって12の時にエンジンをばらしていたからな….

フィオ:      今夜はここで寢て.明日べッドを作るから.朝ごはんは七時ね! シャワ-はお湯が出るわ.タオルおいてあるから.お休みなさい.



ポルコ:       ….

おやじ:     金がちっと足りないが,昔のよしみだ.殘りはロ-ンにしておくよ.

フィオ:      おはよう.眠れた?

ポルコ:      あんた徹夜したのか?

フィオ:      ラフプランなんだけど,どうかしら? 平面形はそのままにして,新しい翼斷面を使いたいの….これだけで5ノット位は速くなるはずよ.前の圖面を見て驚いちゃった.翼も木製モノコックだったのね.この計算書すごいわ.この翼を作った人,本當に木の性質をよく知ってる.感動しちゃった.

ポルコ:    こいつはなァ,たった一艇だけ作られたんだが,あぶなくて飛べねえってんで….(タバコに火をつける間)倉庫でほこりをかぶってたのさ.

フイオ:    やっぱり….こんな過激なセッティングで,よく水から離れられるわね.

ポルコ:     難しいのは離着水のときだけさ.スピ-ドにのれば粘りのある翼だ.翼の取付角を圖面より0.5度增やしてくれ….あとはこのまますすめていい.

フィオ:    やらせてもらえるのね,ありがとう.一生懸命やるわ.

ポルコ:     …だがな,おじょうさん.一つだけ條件がある.

フィオ:     …?

ポルコ:   徹夜はするな.睡眠不足はいい仕事の敵だ.それに美容にもよくねぇ.

フィオ: フフッ,そうするわ.あのね,ゆうべ胸がドキドキしちゃって,とても寢ていられなかったの.本當のこというとね.やっぱりこの仕事任せてくれないんじゃないかって心配だったの.だからうれしい!! コ-ヒ-いれるね!!

ポルコ:    作るのも自分ひとりでやるなんて言うんじゃねぇだろうな….

おやじ:     次はモニカ.製圖をやる.

モニカ:     よろしく.

おやじ:    甥の子の嫁のシルヴァ-ナ,仕上げをやる.いとこの娘たちだ.ソフィア,ラウラ,コンスタンス,ヴァレンティ-ナ.フィオの姉ジリオラ.サンドラも來てくれたのかい.いとこだ.マリエッタ,きれいになったね.息子の嫁だ.マリア,ティナ,アンナ,その妹のミレッタ.

バアちゃん:  ポルチェリ-ノ!!

ポルコ:      バアちゃん!! まだお迎えが來ねえのか.

バアちゃん:  ハハハ,あんたもイイ男になっちまったねぇ.

ポルコ:      ハハハ…!? バアちゃんたちもくのか.

バアちゃん:  ヒ孫に小遣いやりたくてね.

三人:        ヒャ,ハハハハ.

ポルコ:      男が一人もいねえな.

おやじ:      ああ….

ポルコ:      みんなおやじの一族なのか?

おやじ:    そうだよ.ここんとこ仕事がなくてよ.男はみんな出嫁ぎに出ちまったんだよ.

ポルコ:      世界恐慌ってやつか.

おやじ:     心配するな.女はいいぞ.よくくし,ねばり强いしな.

ポルコ:     パンケ-キを作るんじゃねえんだがなァ....ん!?

おやじ:     天にまします.われらの神よ.あなたは倒産寸前のわが社に,パンと仕事をお與え下さいました.女の手を 借りて戰鬪艇を作る罪深き私どもをお許し下さい.

一同:       ア-メン.

おやじ:     さあ! モリモリ食べて.ビシバシ こう! いい音だ.このエンジンは當たりだぜ.どうだ.よく回るだろう.

ポルコ:     いいかげんにしねえと,小屋が飛んじまうぞ.

おやじ:     ああ!? カ-チスなんぞ でもないやな.ウ-ム,確かにいいアイディアだ.

フィオ:     ねっ,だからお願い!!

おやじ:     だがなぁ….こりゃ,高くつくぜ.もう豫算オ-バ-の請求書がこんなになっちまったんだ.スポンサ-がなあ….

フィオ:     ポルコ….

ポルコ:     わかった,そんな眼で人を見るな.好きにやれよ.

フィオ:     やったァ!! 工場とは話がついてるの.すぐ發注するね!  ポルコ大好き!!

おやじ:     三か月はなんとか待つよ.

ポルコ:     空賊にでも轉職するか.

おやじ:     いい子だろう.

ポルコ:     ああ.

おやじ:     手ェ出すなよ.

ポルコ:     尻の毛まで拔かれて鼻血も出ねえや!!

<突然マンガ映畵>

ポルコ:       少佐か.出世したな,フェラ-リン.

フェラ-リン: バカが! なんで戾って來たんだ.

ポルコ:       行きたい所はどこでも行くさ.

フェラ-リン: 今度は當局も見逃さないぞ.尾行されなかったか?

ポルコ:       捲いてやったよ.



フェラ-リン:お前には,反國家非協力罪,密出入國․退廢思想,破廉恥で怠惰なブタでいる罪,猥褻物陳列で逮捕狀が出される.

ポルコ:      ウウ,ハハハ….

フェラ-リン: バカヤロ-! 笑ってるときか.お前の戰鬪艇も沒收す               ると言ってるんだ.

ポルコ:       ひでェ映畵じゃねえか.

フェラ-リン:なあマルコ,空軍に戾れよ.今なら俺たちの力でなん               とかする.

ポルコ:      ファシストになるよりブタの方がましさ.

フェラ-リン:冒險飛行家の時代は終わっちまったんだ(バリボリ)!                 國家とか民族とか…,くだらない.スポンサ-をしょって飛ぶしかないんだよ.

ポルコ:       俺は俺の嫁ぎでしか飛ばねえよ.

フェラ-リン: 飛んだところで,豚は豚だぜ.

ポルコ:      ありがとうよ.フェラ-リン,みんなによろしくな.

フェラ-リン:いい映畵じゃないか….氣をつけろ.奴らは豚を裁判にかける氣はないぞ.

ポルコ:       ああ.

フェラ-リン: あばよ,戰友.

フィオ:       ポルコ-,乘ってくゥ?

ポルコ:       いやあ,助かったぜ.

フィオ:       明日,艇を湖に運ぶんで借りて來たの.いよいよテスト飛行だわ.

ポルコ:       テストは拔きだ.すぐ飛ばなきゃならねぇ.

フィオ:       .....!? バカな事いわないで.テストもしないで引き渡せやしないわ.それに,一度ばらして湖に運ぶだけで,一日かかるもの.

ポルコ:      時間がねえんだ.そこの窓から後ろを見てみな.そっとだ.ファシストの秘密警察だよ.フィオをつけていたのさ.

フィオ:       私を? なぜ?

ポルコ:      俺が尾行をまいちまったからな.それに,フィオは俺の飛行艇をいじっているからだ….

フィオ:       …ね!  ポルコって本當はスパイなの?

ポルコ:      …!! グッハハハハ.グッヘヘヘ,オレガスパイか….

             スパイなんてものはな.もっと勤勉な野郞がやることさ.

フィオ:      でも,戰爭の時は英雄だったんでしょう.だっておかしいわよ,何もしてないなら.

ポルコ:       俺もそう思うぜ. おっと,こっちの道じゃねえ.

フィオ:       なにもしてないってわけじゃなさそうね.

ポルコ:       さあ,忙しくなるぜ.

<夜明け近い工場地帶>

おやじ:       いつでも飛べるよ.

バアちゃん:  裏にも二人隱れているよ.表は三人,なんかワクワクするねぇ.

おやじ:      バアちゃん,あんまりウロウロするなよ.

ポルコ:       …!?

フィオ:      いってきます.

女:          氣をつけてね….ありがとう.

ポルコ:      フィオ,何のまねだ.

フィオ:      私も行くの.乘るところ作るから5分待って.

ポルコ:      冗談じゃねえ.お前,何を言ってるのか判ってるのか!

フィオ:      シッ! 大きな聲出しちゃだめよ.

ポルコ:    フィオ,あのな-.お前はカタギの娘なんだぞ.しかも嫁入り前の身だ.それを….

フィオ:     そっち待ってくれる.(ジリオラに) ありがとう.(ポルコへ) 大急ぎて作ったの.ホラッ.ピッタリ! そっち押さえてくれる.

ポルコ:    お孃さんよ.俺は凶狀待ちの賞金稼ぎだぞ.遊覽飛行に行くんじゃねぇんだ.

フィオ:    ごめんなさい.でも初めての仕事だからキチンとやりたいの.一度飛んでから,手直ししなきゃ.

ポルコ:    だがな,裏のドブ川から飛ぶんだぞ.無事に飛び立てるかどうかも判らねぇんだ.

フィオ:   だから,なおのことよ.それにカ-チスとやり合うなら,チャンとした整備士が要るでしょう.

ポルコ:    あのな,俺は男だ.二人きりで無人島で野宿するんだぞ.

フィオ:      平氣よ! 私,野宿好きだもの.

ポルコ:      そういうことじゃねえ!!

おやじ:    連れてけよ.カ-チスに勝ってもらわないと拂いが殘ってるからなァ.未拂になると,わが社は破産だからよ.

ポルコ:     てめえ,それでも祖父か!!

おやじ:     給料はまけとくよ.それにホレ,傳聲管もつけるぞ.

ポルコ:     よっぽど孫をお尋ね者にしたいんだな.

フィオ:     ううん….私はポルコの人質になるの.それで工場のみんなは仕方なく協力したことにすれば….當局に言い譯が立つでしょう.だからお願い.連れてて….役に立つから….

ポルコ:      右側の機關銃を外しな.

フィオ:      えっ?

ポルコ:     いくら小さな尻でも,機關銃の間は狹すぎらあ.一挺おろすんだ!

フィオ:     よかった!!  私のお尻,見かけよりも大きいの.1分で外すね!

ポルコ:  すぐ出發だ! まごまごしてるとバアちゃんまでついて來そうだからな.

おやじ:      そうか!!  その手もあったな.

女:            バアちゃん早く早く!

バアちゃん:  フィオ,おみやげはいいからね.

おやじ:      コンタクト!!  開けろォ!!

ポルコ:      離せ!!

おやじと女達:  人サライ-ッ,金拂え-.

フィオ:        はどう,ポルコ!?

ポルコ:     お前そっくりのジャジャ馬だ! 一段と過激になりやがった!!

フィオ:      一度停めて!  セッティングを變えるわ.

ポルコ:     そんな暇はねぇ!  なんとか待ち上げてみせらあ.水がへばりつきやがるぜ.

フィオ:      前から船!!

ポルコ:      !! 飛ぶぞ! 戾れ,ジャジャ馬.

フィオ:      エルロンが水で叩かれてる!!  タブを使って!!

ポルコ:      タブ?

フィオ:      新しく付けたやつ.早く!!

ポルコ:      いいぞ,急に素直になりやがっだ!!

<ロンバルディアの平原の上>

フィオ:      きれい.世界って本當にきれい….追手かしら?

ポルコ:      攻擊にしちゃ樣子が違う.こりゃとんだイタリア空軍のおでましだぜ.フェラ-リンの野郞だな.

フィオ:       知り合い?

ポルコ:      この先で空軍が網を張ってる.拔け道を敎えてくれるとよ.このまま低空でアドリア海に拔けろと言ってる.ありがとうよ.戰友!

フィオ:      ありがとう!

ポルコ:     あの野郞,フィオを見て,ブタに眞珠だと言いやがった.

< ホテル. アドリア-ノ>

カ-チス:     美しい.

ジ-ナ:       !?

カ-チス:    まさに秘密の花園にく一輪のバラ.

ジ-ナ:      いけない人.ここはプライべ-トな庭よ.

カ-チス:    どうしてもこれを見て欲しくてね.

ジ-ナ:    まあ,ハリウッドからね.貴殿の送付されたシナリオの映畵化と出演について.

カ-チス:    前向きに檢討中につき,至急連絡されたし.題名はアドリア海の花束っていうんだ.

ジ-ナ:       すてきじゃない.

カ-チス:    ほんと!? じゃ決まりだな.ジ-ナ,一緖にハリウッドへ行こう.

ジ-ナ:        ?

カ-チス:    空賊の用心棒など.金と名聲のほんのワンステップさ.次はハリウッドの大スタ-だ.

ジ-ナ:       その次は?

カ-チス:      大統領!

ジ-ナ:        !! アッハハハハハ,クククク. 

カ-チス:    俺はマジだぜ.ジ-ナを必ず大統領夫人にしてみせる.ジ-ナ.

ジ-ナ:        私,あなたのそういうバカっぽいとこるスキ.

カ-チス:      ほんと!!

ジ-ナ:        でもだめ.私今,賭けをしているから.

カ-チス:      ……?

ジ-ナ:      私がこの庭にいる時,その人が訪ねて來たら,今度こそ愛そうって賭けしてるの.でもそのバカ,夜のお店にしか來ないわ.陽差しの中にはちっとも出てこない.……!?

カ-チス:     ……!? あの野郞,戾って來やがっだ.

ジ-ナ:      バカ….降りないで行ってしまったわ.また賭けに負けちゃった.

カ-チス:     ……!? まさか……賭けってあの野郞のことなのか!?

ジ-ナ:      いけない? ここではあなたのお國より,人生がもう一寸複雜なの.戀だったらいつでもできるけど……. ハリウッドへは,ぼくひとりだけで行きなさいね.

カ-チス:    ぼ,ぼく!?

フィオ:    急にアクロバットするんだもの.頭をぶつけちゃった.

ポルコ:      古い馴染みにしたんだ.

フィオ:    ホテル․アドリア-ノのジ-ナさん? さっきテラスにいた白い服の人ね.おじいちゃんが敎えてくたの.アドリア海の飛行艇乘りはみんなジ-ナに戀をするんだっで.

ポルコ:     じじい,よけいなことを…….

フィオ:     ねぇ,ジ-ナさんてどんな人? ポルコも戀したの?



ポルコ:    給油に降りるぞ.おしゃべりをやめねえと,舌をかむからな.

フィオ:     ウアッ待って!! キャ-ッ.

<小さな漁港>

給油の少年: ヒュ-,戰鬪艇に女の子が乘ってらあ.

フィオ:     ポルコは?

給油の少年: 父ちゃんとむずかしい話をしてるよ.

<村の雜貨屋兼居酒屋>

居酒屋の親父:臨時政府だけじゃねぇよ.王黨派の連中までがよ.

親父:      空賊連合を抱き もうって動いてるって話だぜ.空賊狩りやっても,今日びは一文にもなりゃしねぇよ.

おかみさん: (紙袋をカウンタ-に置く) できたよ.

ポルコ:      すまねぇ.

おかみ:      やだねぇ,不景氣な話ばかりで.

年寄りA:   なんだァ…ポルコもどっちかへ賣りんだらいいんだよ.

A:          あんたの腕なら,いい金出すだろうに.

B:          タバコあるか.

A:          カ-チスなんざ,じきアメリカに歸っちまうさ.

おやじ:     アメリカに行かなきゃならねぇのは俺達の方だよ.

ポルコ:     さらばアドリア海の自由と放の日よってわけだ.

A:          それ,バイロンかい?

ポルコ:      いや,俺だよ.またな.

おやじ:      まいど.

フィオ:      ポルコ,ひどいのよ.ガソリンがイタリアの三倍だって,めちゃくちゃよ.足元みないで,まけなさいよ.

給油の少年: うちのは混ぜもの無しなんだよ.…だから女はいやなんだ.ダンナ,なんとか言ってよ.



ポルコ:      拂ってやれよ.フィオ.濟んだらその見かけより大きな尻を機關銃の隙間にしまってくれ.アジトに飛ぶ ぜ.

フィオ:      ちゃんとガス代も請求書に入れときますからね.

ポルコ:      ぼってるんじゃねぇ.もちつもたれつなんだよ.海も陸も見かけはいいがな,この はスッカラカンなのさ.

フィオ:      フ-ン.

ポルコ:      見えたぜ,あの島だ.

<ポルコのアジト>

フィオ:     わあ….きれい.すてきなアジトね.ア…ッ,お尻がゴワゴワになっちゃった.

ポルコ:      ……!?

フィオ:      ……!?

空賊共:      ブタ-ッ!!

一同:        動くな-.

ポルコ:      また汚ねえのが,たくさん出て來やがったな.

子分B:       ボス! つかまえましたよ.ボス-ツ.

ボス:       クソッ! ひとを踏み潰しやがって.どけ! 待っていたぞブタ野郞.

ボスA:       お前が來るのは判ってたんだ.

ボス:        てめえにはたっぷり借りがあるんだ.

ボスC:       アア-ッ.女の子だぞ! 女の子來せてんだ.

ボスF:        かわいい.

ボス:         うるせ-! 女がどうした! 世界の半分は女だ!

ポルコ:      オイ! その娘はただの娘じゃねぇ.ピッコロ社の設計主任だ.

一同:         エ-!?

ボスC:        こんなに若くてかわいいのに?

ボスF:        女だぞォ,本當か?

ポルコ:      俺の艇を前よりズ-ッといい艇にしたんだ.若いがイイ腕してるぜ.

一同:         オ-ッ.

フィオ:        ほんと? ポルコ.

ポルコ:      (フィオに) 飛行艇については,噓はつかねぇ.(一同に) 丁重に扱えよ.借金取りに付いて來ちまったんだからな.

ボス:       ガハハハ! 手前もロ-ン待ちか,ざまあみろ! やい! こいつのはれんちで眞っ赤っかの艇を,ロ-ンだけ殘してぶち壞してしまえ!!

フィオ:      壞すって,私が作った艇を壞す氣? あんなきれいな艇を斧で壞すっていうの!?

ボスC:       (うなずく)…….

ボスF:       お嫁さん,これには深い譯があるんだ.

フィオ:       壞すのね.

ボスF:       だからその…….

フィオ:      あなた達,それでも飛行艇乘りなの!? どいて!? 私の靴!! 私ね,小さい時から飛行艇乘りの話を聞いて育ってきたの.飛行艇乘り連中ほど氣待ちのイイ男たちはいないって,おじいちゃんは,いつも言ってたわ.それは海と空の兩方がやつらの心を洗うからだって.だから飛行艇乘りは,船乘りよりも勇敢で….陸の飛行艇乘りより誇り高いんだって.

男共:    そうだ!! そうだ! そうだ!

ボス:    言われるまでもねぇ.それが飛行艇乘りってもんよ.

フィオ:    彼らの一番大事な物は金でも女でもない.名譽だって.

男共:       そうだ!! その通りだ.姉ちゃん! イイゾ! 飛行艇乘り萬才!!

ポルコ:      とんでもねぇ娘だぜ.

ボス:      話しは判った.あんたの作った飛行艇を斧で壞すのはやめた,だがこのまま引き下がっては空賊の名譽が守れねぇ.ブタをミンチにしてやるぜ.

男共:       そうだ!!  ブタ野郞をたたきわれ!!

フィオ:     何をトンカチなことを言ってるの!! ちっとも判ってないじゃない!! あなた達,恥ずかしくないのかって言ってるの! アメリカのカ-チスに助けられて,よく平氣ね! お母さんが聞いたら, きっと泣くわ.なによっ!  お風呂にも入らないで….ポルコはアドリア海の飛行艇乘りの名譽と誇りのために,カ-チスと一對一の對決をしたここへ戾って來たのよ! 意地も見榮もない男なんて最低よ! 堂 と戰いなさい!

ボスF:      だから,わしはカ-チスを雇うのに反對したろ….

ボスC:      女 しい野郞だぜ.すぐ逃げを打ちやがって. 

子分B:      ボス…どうします?

子分C:      說得力はありますね. 

ボスA:     ここはひとつ兩方の顔をたててだな.カ-チス野郞に賴んでみるか.

ボスD:      もう一回ブタど勝負してくれって言うのか? 

ボスA:      契約切れてたんだよな. 

ボス:       ……オレは恥ずかしい. 

カ-チス:    アハハハハハ     

空賊:        カ-チスの野郞だ!!

カ-チス:    話はきいたァ! 俺は逃げも隱てもしないぜ! 

ポルコ: バカ野郞共が….あんな所に道を作っちまいやがって…….     

空賊共:       バッ. 

ポルコ:      オイ! 預かっとれ. 

カ-チス:    要するにリタ-ンマッチをしたいんだろう.だがな.一度はついた勝負だ.それに俺はもうこの連中の用心棒じゃねぇ.

フィオ:     ただじゃやらないってこと? 條件は?

カ-チス:     !?

フィオ:       !?

カ-チス:    美しい!  俺が勝ったらッ俺と結婚するか!!

ポルコ:       !!!!

カ-チス:    俺はマジだぜ. 

フィオ:      判ったわ! そのかわりポルコが勝ったら,この請求書はあなたが拂うのよ!!

ポルコ:      待てフィオ!

ボス:        手前はすっこんでろ!! フィオさん.取り消すなら今のうちですよ. 

フィオ:      聞くならこの人に聞いて. 

カ-チス:    ちっと高いぜ.この請求書….

フィオ:      格安よ.

ボス:        やるのか,やらないのか! 

カ-チス:    愛する者のためだ.喜んで戰うぜ. 

ボス:        ヨ-シ!! みんな聞け-っ! 俺はフィオ孃の心意氣に惚れたァ! この決鬪はわがマンマユ-ト團が取り仕切るぞ-!!

ボスA:       空賊連合にもかませろ! そうだ.

ポルコ:      ブフ-ッ. 

男共:        フィオさ-ん.ヒャッホ-.またお會いしましょ!   

ポルコ:      くそったれめ….

男達:        ブタ野郞-.逃げるなよ-. 

ポルコ:      ウルセ-イッ.サッサとうせろ!!

ボス:        あばよっ!   

ポルコ:     まったく妙なことになっちまったぜ.だいたいお前はな….

フィオ:      怒らないで! 自分でもバカだって判ってる….   

ポルコ:    フィオ….どうやら禮を言わなきゃならねぇらしいな.お前がチャンスをくれたんだ.ありがとうよ.俺達は運命共同體ってわけだ…. 

フィオ:     パ-トナ-ってわけね. 

ポルコ:     勝負は五分五分だぞ. 

フィオ:     私,ポルコを信じてる! 

ポルコ:    信じるか….大嫌いな言葉だが,お前が言うと違って聞こえてくるぜ!? どうしたんだ? 具合でも惡いのか?  フィオ!

フィオ:    大丈夫? 今になって急に胸がドギドキして苦しくなっちゃった….本當はとってもこわかったの.困っちゃた….膝がガクガクするんだもん.

ポルコ:     オ…,オイ. 

フィオ:     わたし泳ぐ!! ポルコ-.大失敗!

ポルコ:     どうしたァ? 

フィオ:  さっきの請求書.水增ししとけばよかったァ.損しちゃった. 



ポルコ:     ワハハハハ.ちげえねぇ. 

フィオ:     ポルコ….     

ポルコ:     ん…? 眠れねえのか? 

フィオ:     今ねに….夢だったのかしら….     

ポルコ:     安心して寢ろよ.あしたは早えぞ. 

フィオ:     ポルコ?

ポルコ:     ああ.

フィオ:     ポルコはどうして豚になっちゃったの?

ポルコ:     さあてね….

フィオ:    私マルコ․パゴット大尉のことたくさん知ってるの.父が同じ部隊だったでしょう….大尉が嵐の海に降りて,敵のパイロットを助けた時の話,大好きで何度も聞いたわ.ポルコ! 私がキスしてみようか?

ポルコ:      エッ!?

フィオ:    ホラッ! 蛙になった王子さまがお姬さまのキスで人間に戾るって話あるじゃない. 

ポルコ:     バカヤロウ! そういうものは,一番大事な時にとっとけ! 

フィオ:      私じゃだめかなァ. 

ポルコ:      へへ….おめえはいい子だ.フィオを見てると人間も捨てたもんじゃねえって….そう思えてくるぜ.さあ,イイ子だから寢てくれ. 

フィオ:     何かお話して,そしたら寢るから. 

ポルコ:     お話? そうだな.あれは戰爭の最後の夏だった.俺達はいつものパトロ-ルにイストリアを目指してアドリア海へ出たんだ….

<回想>

ポルコ:    俺の橫をべルリ-ニの奴が飛んでいた.古い仲間でな… やっこさん二日前に結婚したばかりだったよ. 

ポルコ:    俺が立會人になって,式をあげたんだが,休暇が足りなくて,その足で戰場へとんぼがえりしたんだ.まわり中.敵も味方もハエのように墜ちていった.俺は手練の三機に追い回されてな.仲間に氣を配るひまもなかった.その內に味方は俺だげになっちまってた.それでも奴らはやめねえんだ.死にもの狂いで逃げ回ったよ….手も足もしびれてきて,目までくらんで來やがってなァ.もうだめだって思った.その時だ.突然,目の前がまっ白になっちまった.

フィオ:     まっ白?

ポルコ:    ああ….光の中と言った方がいい. 妙に明るいんで,雲の中だと氣がつくまでぶいずん時間がかかったよ.俺は疲れきっていて,操縱する氣力も殘っていなかった.それなのに艇は勝手に飛んで行くんだ.

フィオ:     雲の平原?

ポルコ:    ああ….やけに靜かでな.空が本當にきれいなんだ….ず-っと高い所を不思議な雲がひとすじ流れていてな…. 

ポルコ:     べルリ-ニ!! 無事だったのか!  ベルリ-ニ!? 待て! どこへ行く!! べルリ-ニ! 行くな! ジ-ナをどうする氣だ!  俺がかわりに行く! 氣がついたら,海面スレスレを俺だけひとりで飛んでいた….     

フィオ:    神さまがまだ來るなって言ったのね. 

ポルコ:    へへ….俺にはお前はず-っとそうして一人で飛んでいろって言われた氣がしたがね. 

フィオ:    そんなはずはないわ.ポルコはいい人だもの. 

ポルコ: いい奴は死んだ奴らさ.それにあそこは地獄かもしれねぇ.さあ,お話は終わりだ.寢てくれ.ジャンク屋の野郞.彈丸よこしやがって…!?

フィオ:    私,ポルコが生きて歸って來てくれてうれしい.わたしポルコが好きだもの.おやすみ!!

<小さな無人島>

アイスクリ-ム屋: アイス,アイスクリ-ムはいかが?

男A:       男ならドンとはれい! ドド-ンとはってみろ-!

男B:       カ-チス買いなら8對7!

男C:       さあさあ,豚が勝つか,カ-チスが勝つか.

ポルコ:     空賊連合公認のトトカルチョだよ! バカどもがお祭り騷ぎにしちまいやがって…. 

フィオ:    この人達みんな空賊なの?

ポルコ:    地中海じゅうのゴミさ.ギャング․海賊密輸團スパイに私服…かたぎもちっとは混じってるかな….     

カ-チス:   へへへ….これで俺の名聲がますます上がるってもんよ.

アナウンス: スタ-ト10分前! スタ-ト10分前! 

ボス:       これよりポルコ․ロッソ對ドナルド․カ-チスの決鬪を始める…! ル-ルは特にねぇ.しかし卑劣なまねをした奴は永久に輕蔑されるであろう! 

群衆:       能書きはいい.早くしろ-! ひっこめ! 演說を聞きに來たんじゃねえぞ. 

ボス:       黙れ-! グズグズ言う奴はブチ殺すぞ!

ポルコ:      10t爆彈でも投げりゃいいんだ.

ボス:      俺達の敬愛するフィオ.ピッコロ孃の運命が決まる決鬪だ! グジャグジャ言わせねえぞ 

ボス:       判ったか? 判ったら,拍手しろ! 拍手!!

男共:       パチパチ  パチパチ  パチパチ

ポルコ:     さっさと始めようぜ.

ボス:       ウルセエな.ケジメだよ.ケジメ.では雙方掛け金を出せ! どうぞ. フィオ:      ありがとう. 

ボス:        さっさと置けよ! 雙方文句はねえな.では始める前に握手でもしな. ポルコ:      やなこった! 俺はきれい好きなんだ.

ボス:        チェッ! アイソのねえ野郞だぜ. 

カ-チス:    フィオ,終わったらすぐ敎會にいくからな.心配するな.オフクロの話じゃホレルよりナレだってよ. 

ボス:        てってめえら…. 

ボスC:       お寫眞をご一緖にお願いできますか…. 

その他:      風呂に入って來ましたァ.

寫眞屋:      みなさんニッコリして! 

ボス:        笑え….

寫眞屋:      ハイ. 

ボスE:      さあさあ,時間がないよ. 

ボスF:       3分で勝負がつけば,黑有利!!

ボスA:       スゲエぞ!! 每月これをやってくれねえかなァ. 

アナウンス:  發進15秒前! 

子分A:       かっこいいですね.   

ボス:        ウ-ム. 

アナウンス:  5秒前.

アナウンス:  4 



アナウンス:  3 

アナウンス:  2 

アナウンス:  1 

アナウンス:  0 

ボス:      カ-チスが上をとった!! こりゃぁ,一方的な展開になって來たぞ.

フィオ:      貨して!  ポルコ,何してるの.高度をとってェ! 

ボス:       今,頭をあげるとモロに彈丸を食うぞ.水面スレスレの方が擊ちにくいんだ.

カ-チス:  無馱ダマ擊たせようったって,その手には乘らねえぞ. 

ボス:       ひねりこみだ!! ブタが後ろをとった! 

フィオ:     ひねりこみ!?

ボス:      (興奮しておる) ブタはあの技でアドリア海のエ-スになったんだ! 

カ-チス:   クソッ. 

ボス:       擊つぞ!!

男A:       擊たねえぞ! 

男BとC:    機關銃の故障か?

女:        どうしたのかしら? 

ボス:      讀めたぞ.あの野郞,最後まで擊たねえつもりなんだ. 

フィオ:    エッ?

ボス:     ブタは殺しはやらねぇんだ.今はアメリカ野郞がピンピンしてるだろう.そこだ!!  擊て!! あっ,やっぱり擊たねぇ.なっ,俺の言った通りさ.今擊つとアメリカ野郞にも當たっちまうからな.相手がよれておとなしくなってからエンジンに二․三發當ててケリをつける氣なんだよ.戰爭じゃねぇとか何とか….キザでイヤな野郞だぜ. 

フィオ:     ポルコ….


カ-チス:  てめぇ! おちょくる氣か? 擊ってこい!! さては,マシン ガンがいかれやがったな….ザマアミロ!!

ボスC:     こっちへ來るぞ!!

カ-チス:   なめやがって….しっかり付いてこい,ブタ野郞! 

アナウンス: コッチに來るな! ウワ-ッ!

ボス:       ブタをひっぺがした!!

アナウンス: ワァ- 降りろ!

聲:         ギャ-ッ.

ボスA:     向こうでやれ!!

ボス:      スゲェ! ブタが雲をひいた!

A:         こんな空中戰,一生に一度しかお目にかかれねぇぞ. 

B:         オ,オレ感動しちゃった….   

パイロット:せっかく用意したのに,早くしないと終わっちゃうぜ.

棧橋係:    それが,お部屋に入ったきりなんだよ. 

パイロット:行くのかな,行かないのかな? オレだって見たいのに. 

フェラ:  リン ハ-トのGへ豚へ連絡請う空軍がかぎつけた.バカ騷ぎをやめろジ-ナ:    F….フェラ-リンだわ.急がなきゃ. 

<小さな無人島>

子分A:    それにしても, 二人ともタフですね!   

ボス:      まだまだ,これからよ. 

フィオ:    ポルコ-,がんばってェ!

ポルコ:    クク….クソ….

カ-チス:  ブタ野郞が….     

ポルコ:    てめえなんかにフィオをやれるか. 

ボス:      オ-シ! ブタが後ろをとったぞ!! フィナ-レだ!!

ポルコ:    !? アレッ? 目づまり起こしやがった. 

カ-チス:  フィニッシュだ! アレッ!? アレッ!? 詰まりやがったか! 

ポルコ:   バカヤロ! お前の方は彈丸ぎれだ.テッ!! いけね….折れちまいやがったフィオの尻のせいだ. 

カ-チス:  引き分けなんかにしねぇからな!!

ポルコ:   ハハハ,西部劇じゃねぇんだ.そんなものが當たるかよ.てめえ. 

カ-チス:   ワッハハハ,そんなものが屆くかァ.ハイヨ-.シルバ-.

ポルコ:      ワッハハハ.

カ-チス:    このくされブタ!!

ポルコ:      ハハハ….屆くものか.アイテッ. 

カ-チス:    ワッハハハ. 

ポルコ:      このチキン野郞. 

カ-チス:    アチッ! やりやがったな. 

ポルコ:      何が愛のためだ.

カ-チス:    黙れ.イモブタ!

ボス:        なんだか樣子が變だぞ…. 

フィオ:      あっ,降りて來る!! 戾って來た!!

ボス:       待ちなっ! 景品がいなくなっちゃだめだよ….しょうがねぇな….待てよ.てめえら!

カ-チス:    食い過ぎのブタめっ!

ポルコ:      カウボ-イ野郞が!

カ-チス:    ゲンコツで來い.

ポルコ:      牛の所へ歸れ! 

フィオ:      ああっ! ポルコ- がんばってェ!

カ-チス:    てめえ! きたねぇ….このっ!!

ポルコ:      イモ!!

カ-チス:


    (水を吐いて)ブハ.   

ポルコ:     ブァッ,ブァッ,ブァッ (水があふれ出てるので  ワッハハハにならない)  グベッ!

ボス:     アッパ.アッパ.ブロック!! ブロック,ブロックいけェ!!

ボスA:     いいぞ,いいぞ.賭けだ.賭けができる.連合が胴元になるぞ!!

ボスB:      ゴングはねぇか? ゴング!!

ジ-ナ:     もっとスピ-ド出ない?

パイロット: ムリです.エンジンが燃えちまう…. 

ジ-ナ:     ほんとに飛行艇のりって,みんなバカなんだから…. 

ポルコ:     フィオ….今オレのパンチを見たる!! ウップ. 

カ-チス:   次の回でケリをつけてやるぜ…. 

ポルコ:     今度こそ,おネンネさせてやるからな….

フィオ:     ポルコ-,しっかり! がんばって-!

カ-チス:   ノシブタにしてやるぜ….こいっ,この色魔ヤロウ.

ポルコ:      色魔はてめえだ.手當たり次第に口說きやがって. 

カ-チス:   てめえこそっ.ジ-ナかフィオかどっちかにしろ! 

ポルコ:     なんだァ?

カ-チス:   ひとりじめするな-!! ジ-ナはなァ…. 

ポルコ:     ジ-ナ,ジ-ナと…氣やすく呼ぶな-っ. 

カ-チス:   ジ-ナはてめえに惚れてんだ.

ポルコ:     アア…!?

カ-チス:  んしょ….彼女はお前が來るのをなァ.ズ…ッと庭で.待ってんだぞ!

フィオ:     ポルコ  !!

ボス:       ゴングだァ!!



觀客:       カウントとれよ! だって….そら見ろよ….

ジ-ナ:     見えた! イタリア軍はまだ來てないわ. 

ポルコ:     きたねぇデマとばしやがって….

カ-チス:  わかんねぇな.このバカが….デマじゃねぇ…,つうのにっ!!

ポルコ:     フィオはやらねぇ. 

ボス:       ジ-ナの艇だ!!

フィオ:     救難信號だわ!!

ボスC:      ワン! ツ-! スリ!

ボス:       先に立った方が勝ちだぞ. 

ジ-ナ:     みんな-.道をあけてちょうだ-い. 

ボスC:      ファイブ シックス! セブン! ジ-ナだめだよ.エ-イト!

ジ-ナ:    マルコ!! マルコ,聞いてる? あなたもうひとり女の子を不幸にする氣なの!?

ボスC:      ナイン! テン! 

ボス:       やった!!

フィオ:     ポルコ…ッ! 

大歡聲:     ワアアアアアア-ッ.

フィオ:     ポルコ,ありがとう! ポルコ-!

ポルコ:     なあ-に.輕いもんよ. 

ジ-ナ:   さあお祭は終わり.イタリア空軍がここへ向かってるわ.みんな早く逃げてちょうだい.そのかわり私のお店に來て! うんとサ-ビスするから. 

ボス:       野郞共,引き上げだ!!

ジ-ナ:     終わったのよ. 

子分A:      親分はやく! はやく-!  

ボス:       うるせェな.ケジメだよ.ケジメ! ブタは嫌えだが,あんたは好きだ.いい飛行艇屋になりな.アバヨ!!

フィオ:    ありがとう.ときどきお風呂に入ってね-.ありがとう.あなたも…ミスタ-カ-チス.次はカケじゃなてくて正式に申しこみに行くぜ.いいわ.でも私もう決めたから….     

ポルコ:     お前はジ-ナの艇に乘るんだ. 

フィオ:    いやよ! いや! ポルコの艇に乘る! パ-トナ-だって言ったじゃない! キャッ!

ポルコ:     ジ-ナ.こいつをかたぎの世界へ戾してやってくれ. 

ジ-ナ:     ずるい人….いつもそうするのね. 

ポルコ:     すまねぇ….行ってくれ. 

ジ-ナ:     出して. 

カ-チス:   イタリア空軍のおでましだ. 

ポルコ:     手傳うか? 奴らをよそへ引っぱってくんだ. 

カ-チス:   アア…!? おめぇ,その顔! 待てよ.オイッ! 顔見せろって!!

ポルコ:     お前の艇はそっちだろう. 

カ-チス:   ちょっとだけ!

フィオ:    イタリア空軍の出動が空振りに終わって.私がミラノに歸る日が來ても,ポルコは姿を見せてくれなかった. 

           でも,そのかわりに私はジ-ナさんととてもいい友達になった.あれから何度も大きな戰爭や動亂があったけど,その友情は今も續いている.ピッコロ社を繼いだ後も.夏の休暇をホテル․ アドリア-ノで過ごすのは私の大切な決まり.ジ-ナさんはますますきれいになっていくし,古いなじみもかよって來る….そうそう…まだ 大統領にはなってないけど,ミスタ-․カ-チスもときどき手紙をくれる.あのアドリア海の夏が懷かしいって….ジ-ナさんの賭けがどうなったかは私達だけの秘密.





신고

+ Recent posts