RX-75 건 탱크

V작전에 앞서 개발된 연방군 MS의 제 1호. 범용형의 RX-78 건담, 중거리 공격/저격형의 RX-77 건캐논과 함께 장거리 공격/지원형으로 개발된 모빌슈트로 소행성 대에서 우연히 입수한 MS-05A 자크의 데이타를 기초로 개발이 착수되어 U.C. 0077년에 완성되었다. 미노프스키 연구에 있어 낙후돼있던 연방으로서는 MS의 핵심인 소형 핵융합 반응로의 개발이 순조롭지 않아 개발에 난항을 겪기도 했다. 건탱크는 기존 엔진과 연료 전지를 주동력으로 한 기동성이 있는 전차로서, MS라고 말하기는 어렵다. 그러나 후속 기종의 포석으로, 고성능 자기 학습형 컴퓨터와 파일럿과 컴퓨터를 회수하기 위한 코어 블록 시스템 등 선진 기술을 대거 투입하였다. 또 장갑에는 루나 티타늄을 주재료로 건다리엄 합금을 채용하고 있다. 다분히 코어 블록 시스템의 테스트 기체로서, 3기가 제작됐지만 개발지인 사이드7이 지온 군의 습격을 받아 2기가 소실되었다. 화약식120mm 저반동 캐논을 양어깨에, 40mm 4연장 밤미사일을 양팔에 장착하여 장비와 화력은 절대적이었지만, 기동력이 낮아 대 모빌슈트전과 적 항공 전력에 대해서는 고전을 면치 못했다.

PCV-RX75シリーズ Pentium 4 プロセッサ 2.2 GHz、DVD-RWツインドライブ搭載。
PCV-RX75L7
17型TFT液晶デジタルディスプレイ付属
※オープン価格
PCV-RX75
本体部単体販売モデル
※オープン価格
OS Windows XP Home Edition
プロセッサー インテル Pentium 4 プロセッサー 2.20 GHz
メモリー 512MB
ハードディスク 約120GB
ドライブ DVD-RW, DVD-ROM
メモリースティック メモリースティックスロット


ではなく、

RX-75
GUNTANK MASS PRODUCT TYPE
量産型ガンタンク
製造 連邦軍
主なパイロット  
全高(頭頂高) 15.6m(15.0m)
重量(全備重量) 56.0t(80.0t)
ジェネレーター出力 878kw
スラスター総推力  
センサー有効半径 6,000m
装甲材質 ルナチタニウム合金
武装 固定
肩部120mm低反動キャノン砲
4連装ガンランチャー
 砲撃戦用MS。「RX 計画」により最初に開発されたRXタイプMS。極秘に入手したジオンのモビルスーツ「ザク」の断片的な情報をもとに開発された試作機をもとに、最終的に生 産された量産型は対要塞戦などに実戦投入された。歩行システムが完成する前に造られたMSであるため、脚ではなくキャタピラによって走行する。また、マニ ピュレーターを持たないため、人型兵器としての有用性はなく、MSというより戦車に近い機体となっている。このガンタンク量産型は、コストのかかるコアブ ロックシステムを廃したため、パイロットの生存率や戦闘データ回収率は低いものの、上半身を回転させることが可能となっている。また、バックパックに装備 された大型の自動砲弾装填システムによって、砲撃戦時のより柔軟な運用が可能となっている。


신고

+ Recent posts