란바 랄

가르마의 복수 부대로 지구로 파견된 역전의 용사. 성격이 호탕하고 강직하며 판단력이 뛰어난 유능한 덕장으로 '푸른 거성'이라 불린다. 항상 부하들과 생사고락을 같이하였고 이에 부하들도 그를 절대적으로 신뢰하여 무모한 작전에도 기꺼이 생명을 내던져 따를 정도였다. 샤아와 아르테시아를 몰래 키웠던 진바 랄의 아들이기도 하다. 신형 모빌슈트인 그프를 푸르게 도장하고 처음 지구에 나타나 건담을 위협했지만, 도즐과 경쟁 관계에 있던 키시리아의 수하 마 크베가 보급을 제대로 하지 않아 물자 부족에 시달렸다. 그래서 결국 화이트베이스에 육탄전을 벌이던 중 아르테시아와의 우연한 조우로 일순간 동요, 작전이 수세에 몰리자 건담의 손 위에서 그 찬란한 명성답게 장렬한 군인으로서 자폭하고 말았다.





ランバ・ラルRamba Ral)は、アニメ機動戦士ガンダム』に登場する架空の人物。声優広瀬正志。TV版登場話数は第12話・16話・17話・19話・20話


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 概要

ジオン軍の士官で、階級は大尉。直属の上官はドズル・ザビ中将。一年戦争以前からゲリラ戦を戦い抜いてきた根っからの職業軍人であるが、父親がザビ家の政敵であったジオン・ズム・ダイクンの遺臣ジンバ・ラルであったこともあり、ジオン軍では出世コースから外れた日陰者的な存在であった。しかしながら、軍人として国の役に立てないことを心苦しく思っており、戦死したザビ家の四男ガルマ・ザビの仇討ちという大時代的な任務をドズルに命じられて引き受けたのも、成功報酬としての二階級特進による自らの出世が部下や内縁の妻クラウレ・ハモンの生活向上につながればと思ってのことであった。

同じくエースパイロット軍人として卓抜した技量を持つシャア・アズナブルと は、対照的なタイプの上官(上司)として、ファンの間でしばしば比較の対象とされる。自らの力を恃(たの)み、華々しい実績と歴史をも動かす超俗的な才能 を持ったシャアに対し、部下たちとの固い信頼関係を背景に、政治的なものとは一線を画し、あくまで与えられた任務を達成するためプロフェッショナルに徹する姿や、それを「妻や部下のため」と言う世俗的な言動もまた彼の魅力である。マ・クベの副官ウラガンがラルを揶揄して言った「戦馬鹿(いくさばか)」とは、紛れもなく正鵠を射た評価であろう。

任務の最中、偶然に立ち寄ったソドンの街の食堂でホワイトベースを脱走中のガンダムのパイロットアムロ・レイと 出会い、アムロに人間的成長のきっかけを与えることになる。アムロが戦場で対峙した、初めての生身の敵でもある(正確には18話の若いジオン負傷兵が最初 だが)。アムロをして「あの人に勝ちたい」と言わしめたのは、パイロットとしての技量ばかりでなく、ラルの人間的器量の大きさを示すものと言えよう。TV 版での登場は僅か5回に過ぎないが、劇中での印象的な燻し銀の如き言動により歴代のガンダムキャラクター中屈指の存在感と人気を誇る。

開戦当初から自機を青く塗装していたため、青い巨星の異名を持つ(この呼称はアニメ本編には出てこない。もともとは劇場版第二作「哀・戦士」公開前のプロモーション用に作られた後付の設定であり、当時は『青き巨星』であった)。これに関連して、グフの制式機体色は、彼の乗った試作機の色がそのまま採用されたという説がある。

なお、小説ZEONIC FRONT 機動戦士ガンダム0079に登場する“闇夜のフェンリル隊”隊長、ゲラート・シュマイザー少佐は彼の親友と言う設定である。

[編集] アニメでの活躍

ドズルの命でガルマ・ザビの仇討ちのため、自らの部隊(ランバ・ラル隊)を率いて新型モビルスーツグフ」を駆り、幾度となくホワイトベースに奇襲を かける。12話における、量産機とは似て非なる高性能機に搭乗していることを誇示する彼の台詞は、数ある名台詞ランキングで20年以上たった今でも燦然と 上位に君臨し続ける名言である。少数のゲリラ戦でホワイトベースを翻弄するが、19話でガンダムにグフを撃破され、また戦場付近にある鉱山採掘基地の存在 が対立勢力であるギレン・ザビドズル・ザビに知られる事を恐れた、キシリア派であるマ・クベの策謀によって戦力の補充要求も握り潰され、部隊は窮する事になる。

そのため、ホワイトベースを拿捕すべくゲリラ屋の本来に立ち返って白兵戦を挑むが、制圧中の艦内で偶然セイラ・マスに出会う。ランバ・ラルの父ジンバ・ラルはセイラ(アルテイシア)の育ての親でもあり、若き日の彼も幼少時のセイラ(アルテイシア)とは面識があった。彼は何故自分の仕えた主人が敵である地球連邦軍にいたのか不思議でならなかった。

セイラに一喝され、その直後思わずひるんだ隙にリュウ・ホセイによる銃撃を受け負傷。その後作戦の失敗を悟り、ホワイトベースの第2ブリッジから手榴弾を抱いて飛び降り、自決する。その死に様は敵・味方を問わず多くの人間に深い衝撃を与えた。最期に彼はこれを、忠義を欠いた報いだとハモンに告げる。ダイクン派であるラル家に生まれながらも、最終的に敵であるはずのザビ家に付いてしまった、彼の人生における深い苦悩を滲ませるものであった。

12話でのに関する台詞などから、それが開戦前のことなのか開戦後のことなのかは分からないが、以前にも地球に行った経験があると見られる。ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望』ではジオン軍により占領されたニューヤーク市のパレードにハモンと共に参加し敬礼を行っている映像がある(ただしこの映像は公式に認定されていない)。

[編集] 小説版の活躍

小説版でのランバ・ラルは、総帥ギレン・ザビのSS(親衛隊)に所属し、親衛隊長を務めている。地球での戦闘が皆無なので、グフ等のモビルスーツに 搭乗することもなく戦死もしていない。ハモンとの絡みもあるにはあるが、良くも悪くもTV版でのそれとは色々な意味で程遠い。少なくともアニメで小説版そ のままの人物に描写されていたならば、今日のキャラクター人気は無かったであろうということだけは確かである。

[編集] ガンダム THE ORIGINでの活躍

安彦良和の漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、一年戦争以前、ダイクンの遺児キャスバル(シャア)とアルテイシア(セイラ)の地球脱出を画策・実行し、ドズルの指揮するモビルスーツ開発計画に黒い三連星らと共にテストパイロットとして関わる姿が描かれている。その中でも、内縁の妻ハモンや部下たちとの強い絆や、ドズルからも軍人として深い信頼を寄せられている様子が印象的である。ただしドズルからブリティッシュ作戦の実行を命じられた時は「悪魔の所行だ」と抗して軍を離れ、ルウム戦役の際は出陣するコズンやクランプを見送っている。

[編集] 搭乗した主なモビルスーツ

  • MS-04 - THE ORIGINにおいて、一週間戦争時に搭乗したMS-05のプロトタイプ。MS開発計画時からの愛機である。

余談ではあるが、ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望』では旧ザク、ドム、ゲルググ、ギャンに専用機が存在しており最新鋭のモビルスーツに搭乗すると、以前の搭乗機とは違うといった台詞を言う。いずれもカラーリングは青で統一されている。


신고

+ Recent posts

티스토리 툴바