레코아 론드

처음에는 에우고의 일원이며 아가마의 승무원이었다. 에우고에 막 가담한 까미유에게 다정하게 대해주며 여러모로 도움이 되어주었다. 주로 첩보원으로 맹렬한 활약을 기록, 자브로 그리고 쥬피트리스에 잠입했다. 그러나 쥬피트리스 잡입 때 시로코를 만나게 되어 그녀의 인생이 바뀌어 버렸다. 메타스에 타고 전장에 나섰다가 전장에서 표류, 포로가 되었고 시로코의 밑에서 맷사라,파라스 아테네를 몰았다. 어렸을 적부터 게릴라 부대에 활동했고 에우고에 투신한 것도 정의를 위해서가 아니라 단지 싸움의 의미를 찾았기 때문이라고 한 그의 말처럼, 후에 시로코로 전향한 것도 그리 이상한 일이 아닐지도 모른다. 그와 반대로 정의를 찾아 티탄즈에서 에우고로 전향했던 에마와의 운명적인 최후의 싸움에서 쓰러졌다. 그녀가 아마 마지막까지 원했던 것은 에우고에서 보통의 여자로 대우받는 것이 아니었을까?



レコア・ロンド (Reccoa Londe) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する、架空の人物。最初はエゥーゴの女性士官として登場。階級は少尉。年齢は23歳で月の出身。(声優勝生真沙子


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 劇中での描写

[編集] 一年戦争時からエゥーゴ在籍時まで

一年戦争で両親が被爆し、自身は反ジオンゲリラとして活動していたが後に地球連邦軍を経て、エゥーゴへ入隊。エゥーゴでは中核メンバーの一人であり、情報収集を主に担当。またクワトロ・バジーナの部下である一方、男女としても懇意の間柄だったようだ。

地球連邦軍の本拠地であるジャブロー基地へ侵攻大作戦に先駆けてスパイとして降下するが、同じくジャーナリストとして基地に潜入しようとしたかつてのホワイトベース・クルーであるカイ・シデンと共に捕われの身となってしまう。劇中ではここで女性としての傷を受けたことが暗示され(小説版ではカイが「あんたの体を傷ものにしてしまった」と詫びている)、この事が以降の物語にも影響を及ぼすことになる。なお、小説版ではジャブロー降下前にリック・ディアスを持ち帰ろうとしたカミーユの父・フランクリンを射殺しており、女性としての傷を受けたことについては彼女自身、その報いとして受け止めていた。再び宇宙に上がってからはMSパイロットへと転向し、メタスの搭乗員としてアーガマMS隊の戦力の一翼を担うこととなり、ファとはメタスのパイロットの座を争ったこともある。

機敏に富み、冷静で理知的ながら面倒見もいい面がある一方、常に死線を彷徨うかのような生き方をしてきたためか、無意識のうちに危険を好む性格に なっており、本人曰く「いつもギリギリのところにいないと生きてる気がしない」とのこと。そんな性分と闘いと政治に没頭していくクワトロへの一方的な失望 から、やがて自分の存在意義に戸惑いを覚えるようになる。そんな最中、あるきっかけでジュピトリスのパプテマス・シロッコ艦長の情報に興味を抱くようになり、やがてそれは戦闘中の混乱に紛れてティターンズに投降してしまうという、当初は自身にも不可解な結果をもたらすことになった。

[編集] ティターンズ投降後

シロッコとの出会いによって女性としての充足を得るが、一方で自分を利用しようとする彼の本質も見抜いてもいた。だがその異常な現実は自身の危険を 好む性質を呼び覚まし、自らシロッコ直属の手駒となり、ティターンズ軍人(階級は少尉)として参戦することとなった。アーガマの面々には戦死したと誤解さ れていたが後に敵同士として再会することとなり、カミーユ・ビダンファ・ユイリィに暗い影を落とした。

投降したティターンズでも最初はスパイと疑われ、アレキサンドリアのキャプテン・ガディから疑われたり、バスク・オムのいるドゴス・ギアに 配属された際にはティターンズへの忠誠心を試され、「非人道的」という理由で不本意だったものの、サイド2の21バンチに毒ガスを注入する作戦の指揮を執 ることにもなった(このとき、エゥーゴのアーガマ隊が来てこの作戦を阻止してくれることを期待していた。作戦が失敗すれば毒ガスでコロニー住民を大量虐殺 しないですむ上にその指揮を執ったことで忠誠を誓ったことが立証できるからである)。こうしてティターンズへと転向したものの、エゥーゴ所属時のアーガマ のクルーを完全に敵視できなかったらしく、カミーユと交戦した際にはグリプス2のコロニーレーザー完成を彼に教え、アーガマを撤退させるよう忠告したり、ファの搭乗するメタスを庇い味方のバーザムを撃墜する場面やヤザン・ゲーブルの操縦するハンブラビの海ヘビに拘束されたカミーユのΖガンダムに止めを刺そうとするときに若干躊躇する描写なども見られた。

グリプス戦役終盤においてエマ・シーンと 対決するが敗れ、最期に男性への憎悪の言葉を遺して戦死。同じく転身者であり同世代の女性でもあるエマとは物語において度々、対照的な存在として描かれて おり、エマが自分の信念に基づきエゥーゴに転向したのに対し、彼女は心の行き所を求めた結果としてティターンズに転向している。その後、シロッコとの最終 決戦に臨むカミーユに力を貸す魂の一人として登場した。

[編集] 小説版での描写

小説版では、途中でアーガマから配属換えになり劇中に登場しなくなるために、シロッコに会いティターンズへ転向するなどの描写がカットされた関係上、エマと対決することもないため戦死しておらず、彼女が最後に搭乗するパラス・アテネのパイロットもサラ・ザビアロフに変更されている。

[編集] 搭乗機体一覧

メインパイロットとして搭乗
一時的に搭乗

신고

+ Recent posts