로자미아 바담

불안정한 포에 비해 그래도 정서적으로 안정되어 있었던 강화인간. 조작된 기억에 의해 게이츠를 오빠로 따른다. 처음에는 잠깐 지구의 전장에 등장하다, 포가 죽은 후에는 싸이코 건담 MKII를 몰아 에우고를 곤경에 빠뜨리기도 한다. 까미유의 끈질길 호소와 설득에도 불구하고 강화인간의 굴레에서 벗어나지 못하고 결국, 아가마에 돌진하다 까미유의 손에 죽고 말았다.







ロザミア・バダム(小説版及び映画版ではロザミア・バタム)は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場する、ティターンズの女性モビルスーツパイロット。年齢は17歳で、階級は少尉。愛称はロザミィ:アニメ版藤井佳代子、映画版浅川悠


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


地球連邦軍オーガスタ研究所で調整を受けた強化人間。精神調整と共に体も強化されている。一年戦争時のコロニー落としが精神に大きな傷を残しており、ティターンズはそこを利用しエゥーゴを敵と思わせるようローレン・ナカモトに精神操作させた。

かなり能力の高い強化人間ではあったが精神崩壊は進んでいて、精神の均衡を保つ為に家族に関する虚偽の記憶を植えつけるなどの処置が取られていた。またこれを逆に利用し、カミーユ・ビダンを兄と思い込ませる様暗示を掛け、アーガマへの潜入任務をさせられたこともあった(劇場版IIIではカットされている)。

その後再びカミーユたちの前に現れたときには、既に昔の「ロザミィ」では無くなっていた。ゲーツ・キャパに精神を操られ、ロザミアはサイコガンダムMk-IIアーガマを攻撃するが、無念の思いを込めたカミーユにコクピットをビームライフルで直撃され、ロザミアは実在しない兄の名を呼びながら宇宙に散った。なお、小説版ではグリプス2での最終決戦でエゥーゴがコロニーレーザーを発射した後にカミーユと邂逅しカミーユを逃がすためにゲーツ・キャパのバウンド・ドックと交戦し相打ちになると言う末路を遂げた。

[編集] 主な搭乗機


신고

+ Recent posts

티스토리 툴바