바스크 옴

티탄즈의 일선 사령관. 목적을 위해서는 어떤 수단도 가리지 않는 그런 비열한 인간이다. 30반치의 독가스 살포, 까미유 부모의 인질극도 그의 작품이다. 입술이 없으면 이가 시린다는 말처럼 자미토프 하이맨이 죽자 그도 무기력하게 시로코가 보낸 레코아의 공격을 받고 전사한다.








バスク・オム (Bask Om) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』、及びOVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の人物。地球連邦軍の特殊部隊「ティターンズ」の総司令官で階級は大佐。特徴的なゴーグルをかけている。(声優:郷里大輔


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 経歴及び劇中での活躍

徹底したアースノイド至上主義者。『サイドストーリー オブ ガンダム Z』によれば一年戦争時にジオン軍の捕虜となり、その際受けた拷問で視覚障害を負った(ゴーグルをつけているのはそのため)ことが、スペースノイドへの憎悪を抱かせる原因になったと考えられている。

宇宙世紀0083年のデラーズ紛争では、第1地球軌道艦隊司令代理としてソーラ・システムIIでのアイランド・イーズ破壊の指揮を執るが、アナベル・ガトー達 の妨害によりコントロール艦を落とされ失敗したため私怨により、直後に残ったソーラー・ミラーを集中させる二次攻撃で味方艦隊諸共デラーズ・フリート残党 を一掃する凶行をおこなう。デラーズの演説時にはコーウェンの配下となっており、直属のコリニー=ジャミトフ一党の政敵に対するスパイとしての役割も担っていたものと推測される。

戦後、ジャミトフ・ハイマンによって「ティターンズ」 が設立されると、ジャミトフの腹心として連邦内の勢力拡大に動くが、ジャミトフに個人的忠誠を注いでいた訳ではなく、スペースノイド弾圧の方便が与えられ るからジャミトフの下にいる感が強かった。ティターンズが連邦内での公的な制約を失うに連れて独断専行の姿勢を強め、ジャミトフの危惧を買う。

宇宙世紀0085年7月、サイド1の30バンチコロニーにおいて反連邦のデモが起こると連邦政府の要請に応じ、デモを鎮圧する。その際コロニー内に毒ガスを注入し1500万人もの住民を虐殺する(30バンチ事件)。非武装の市民に対するこの対応はバスクの常軌を逸した非道さを証明している。この事件は報道管制により隠蔽され、以後ティターンズは連邦政府を恫喝する形で支配下に置いていく。

宇宙世紀0087年3月、グリプス戦役が勃発。ジャマイカン・ダニンガン等多くの士官を従え、エゥーゴと交戦する。ティターンズの総司令官として指揮を執るが、ガンダムMk-IIを略奪したカミーユ・ビダンの両親を人質にしたり、中立を表明し非協力的なサイド2に対してはグリプス2コロニーレーザー)を照射したり、毒ガス攻撃を仕掛けるなど残虐非道さを見せる。劇場版ではエゥーゴなど敵対組織においては彼=ティターンズというイメージが蔓延しており、徹底的な悪役として描かれる。

また、ジャミトフがパプテマス・シロッコを登用したことは自身への牽制であることを自覚していたのか対抗意識を燃やす。

しかしジャミトフの死後宇宙世紀0088年2月、内紛をおこしたシロッコの配下であるレコア・ロンドパラス・アテネ(劇場版ではヤザン・ゲーブル率いるハンブラビ隊)の攻撃を受け、乗艦ドゴス・ギアと共に爆死する。小説版での最期は多少異なり、エゥーゴに奪取されたコロニーレーザーの照射を受けて戦死している。作者は彼の死に方を「考えようによっては幸せな事」と表現している(自分がいつ死んだのかすら分からないため)。

なお、彼の階級は地球連邦政府軍参謀本部の大佐だが、ティターンズは全員一階級上の扱いを受けるため、彼は准将の態度を取っていた。また、年齢は37歳であると言う説がある(劇場版Iのパンフレットより)。

[編集] 主な搭乗艦

신고

바스크 옴

자미토프의 직속 부하. 뒤의 티탄즈의 사령관이다. 아군이 있는 것에도 관계치 않고, 단지 자신의 복수심만으로 솔라시스템 II를 발동하게 하는 등 제정신이라고는 생각되지 않을 정도의 행동만 골라서 하는 미치광이이다. 이 시기에는 코웬에 대한 스파이역도 수행한 것으로 보인다.









バスク・オム (Bask Om) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』、及びOVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の人物。地球連邦軍の特殊部隊「ティターンズ」の総司令官で階級は大佐。特徴的なゴーグルをかけている。(声優:郷里大輔


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 経歴及び劇中での活躍

徹底したアースノイド至上主義者。『サイドストーリー オブ ガンダム Z』によれば一年戦争時にジオン軍の捕虜となり、その際受けた拷問で視覚障害を負った(ゴーグルをつけているのはそのため)ことが、スペースノイドへの憎悪を抱かせる原因になったと考えられている。

宇宙世紀0083年のデラーズ紛争では、第1地球軌道艦隊司令代理としてソーラ・システムIIでのアイランド・イーズ破壊の指揮を執るが、アナベル・ガトー達 の妨害によりコントロール艦を落とされ失敗したため私怨により、直後に残ったソーラー・ミラーを集中させる二次攻撃で味方艦隊諸共デラーズ・フリート残党 を一掃する凶行をおこなう。デラーズの演説時にはコーウェンの配下となっており、直属のコリニー=ジャミトフ一党の政敵に対するスパイとしての役割も担っていたものと推測される。

戦後、ジャミトフ・ハイマンによって「ティターンズ」 が設立されると、ジャミトフの腹心として連邦内の勢力拡大に動くが、ジャミトフに個人的忠誠を注いでいた訳ではなく、スペースノイド弾圧の方便が与えられ るからジャミトフの下にいる感が強かった。ティターンズが連邦内での公的な制約を失うに連れて独断専行の姿勢を強め、ジャミトフの危惧を買う。

宇宙世紀0085年7月、サイド1の30バンチコロニーにおいて反連邦のデモが起こると連邦政府の要請に応じ、デモを鎮圧する。その際コロニー内に毒ガスを注入し1500万人もの住民を虐殺する(30バンチ事件)。非武装の市民に対するこの対応はバスクの常軌を逸した非道さを証明している。この事件は報道管制により隠蔽され、以後ティターンズは連邦政府を恫喝する形で支配下に置いていく。

宇宙世紀0087年3月、グリプス戦役が勃発。ジャマイカン・ダニンガン等多くの士官を従え、エゥーゴと交戦する。ティターンズの総司令官として指揮を執るが、ガンダムMk-IIを略奪したカミーユ・ビダンの両親を人質にしたり、中立を表明し非協力的なサイド2に対してはグリプス2コロニーレーザー)を照射したり、毒ガス攻撃を仕掛けるなど残虐非道さを見せる。劇場版ではエゥーゴなど敵対組織においては彼=ティターンズというイメージが蔓延しており、徹底的な悪役として描かれる。

また、ジャミトフがパプテマス・シロッコを登用したことは自身への牽制であることを自覚していたのか対抗意識を燃やす。

しかしジャミトフの死後宇宙世紀0088年2月、内紛をおこしたシロッコの配下であるレコア・ロンドパラス・アテネ(劇場版ではヤザン・ゲーブル率いるハンブラビ隊)の攻撃を受け、乗艦ドゴス・ギアと共に爆死する。小説版での最期は多少異なり、エゥーゴに奪取されたコロニーレーザーの照射を受けて戦死している。作者は彼の死に方を「考えようによっては幸せな事」と表現している(自分がいつ死んだのかすら分からないため)。

なお、彼の階級は地球連邦政府軍参謀本部の大佐だが、ティターンズは全員一階級上の扱いを受けるため、彼は准将の態度を取っていた。また、年齢は37歳であると言う説がある(劇場版Iのパンフレットより)。

[編集] 主な搭乗艦


신고

+ Recent posts