사라 쟈비아로프

티탄즈의 뉴타입 후보생으로 도고스기아의 시로코가 맡아 성장시켰다. 원래는 제리드의 부하였으나 시로코가 자신의 심복으로 삼아 특별한 임무를 맡기기도 한다. 시로코에게 연정을 느끼나, 에우고에 작전상 투항했을 때 카츠의 관심에 혼란스러워 한다. 결국 보리녹 샤만을 타고 싸우다가 시로코를 노린 카츠의 빔을 대신 맞고 전사한다.






サラ・ザビアロフ (Sarah Zabiarov) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。地球連邦軍のエリート部隊「ティターンズ」の女性モビルスーツパイロットである。階級は曹長。(声優水谷優子。ただし劇場版IIでは池脇千鶴、劇場版IIIでは島村香織が担当)


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 劇中での活躍

ニュータイプの資質を持っている少女。過去の経歴は劇中では語られていないが、小説版では、幼い頃は孤児院で育ち、その後若くしてハンバーガー・ショップの店長になった特異な才能がティターンズの目に留まり、入隊したとされている。

パプテマス・シロッコの命令でジェリド・メサの部下になり、エゥーゴと戦闘を行ったが、後にシロッコ直属の部下となる。アーガマにスパイとして潜入し、混乱させると、戦闘中の隙を突いて脱走する。この時、カツ・コバヤシと出会い好意を寄せられた。

シロッコを心底尊敬して恋愛感情にも似た思いを持っており、シロッコに魅かれてティターンズに寝返ったレコア・ロンドには激しい対抗意識を持つ。

宇宙世紀0088年1月、シロッコ、レコアと共にハマーン・カーンキュベレイと 交戦。戦闘中、シロッコとハマーンが一対一で対峙している時、突然シロッコを狙って乱入してきたカツの攻撃からシロッコを庇い絶命する。サラの死が分かる と、普段感情を表に出さないシロッコが激昂し、カツを攻撃しようとするが、幻影としてシロッコの前に現れカツを逃す。死後も、幻影としてカミーユ・ビダンやカツの前に現れたが、カツに説得されて身を引いた。小説版では最終決戦時にパラス・アテネに搭乗しており、カミーユが搭乗するZガンダムに撃墜された。

[編集] 主な搭乗機

[編集] 劇場版Ζにおける声優交代劇 サラ編

劇場版『機動戦士Ζガンダム』では、20名以上に上る大幅なキャストの変更が行われた。

サラ役変更に就いて、総監督富野由悠季はZガンダムII公式サイトのインタビューで「フォウやサラには初期段階から新人の起用を考えていた」と述べている。

サラ役変更の連絡はフォウ・ムラサメ役の島津冴子同様、テレビ版キャストの水谷優子には、いっていなかったようだ。

テレビ版キャストの水谷優子は、自身がパーソナリティを務める水谷優子のアニメ探偵団2!の中で、声優デビュー作であるΖガンダムへの思い入れと、劇場版への抱負を語っていた。しかし、その頃すでに劇場版には女優の池脇千鶴を起用することが決まっていた。

カミーユ・ビダン役の飛田展男がゲストの回にて、「オファー自体がなかった」と発言した。本人は「デビュー作であり思い入れのある作品でもあったので残念」というコメントを残している。

その後、劇場版IIIの試写会にて池脇が降板となり、島村が起用されていることが判明した。

[編集] その他

サラSarahはフランス語読みであり、英語風に発音すると「セーラ」になる。しかしセイラ・マスと の混同が避けられないためサラとの表記になったと思われる。(ただし主人公のカミーユCamilleもフランス系の名である。)またザビアロフ Zabiarovはスラブ系の姓を連想させるが、スラブ系では女性名には末尾にaをつけてザビアローヴァZabiarovaと読ませる慣習が現代では一般 的である。 『スーパーロボット大戦シリーズ』では私服のファッションセンスがないと酷評されている。


신고

+ Recent posts