에마 신

계급은 중위로 티탄즈의 일원이었지만 티탄즈의 비열함을 보고 에우고로 투항하였다. 에우고의 정식 멤버가 된 후 릭 디아스의 파일럿으로서 활약하였다. Z건담의 배치 후엔 까미유 대신 건담 Mk-II의 파일럿이 되어 파일럿 견습생 하야토 고바야시의 양자,카츠가 타는 G 디펜서와 콤비를 이루었다. 여자라기 보다는 전쟁의 군인으로 까미유와 화 등에게 단호한 수정을 날리기도 한다. 레코아와 전투 후 까미유의 품에 안겨 숨을 거두지만, 연방군의 사병 부품으로서 쓰여지는 것을 거부하고 인간으로서 활동할 수 있는 에우고를 선택한 총명한 여성 파일럿이다.





エマ・シーンEmma Sheen宇宙世紀0063年~0088年2月22日)は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。ティターンズの士官として登場し、物語序盤にエゥーゴに加わる。階級中尉。ちなみに日系9世である。(声優,TV・映画:岡本麻弥,一部のゲーム・富沢美智恵


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


[編集] 略歴

ガンダムMk-IIのテストパイロットとしてグリーン・ノアに赴任し、エゥーゴによるガンダムMk-IIの強奪事件に遭遇する。その後、上官バスク・オムの親書を持ってアーガマへ赴くが、その内容(強奪したガンダムMk-IIを返さなければカミーユ・ビダンの両親を殺す)を知りショックを受ける。それまで彼女は、ティターンズはジオン残党による破壊行為に対する抑止を目的とした正義の組織だと信じ込んでおり、人質という卑劣な手段をとった組織に不信感を持つ。その後、アレキサンドリアに戻った彼女は、カミーユとその父であるフランクリン・ビダンを引き連れ、ガンダムMk-II全3機と共にエゥーゴに寝返る。そして、保護観察の身の際に、サイド1の「30バンチ」コロニーに入り、クワトロ・バジーナから30バンチ事件の真相を聞き、ティターンズの本質が悪であることを認識する。

エゥーゴでは当初リック・ディアスのパイロットを務めていたが、後にガンダムMk-IIを譲り受け、アーガマとラーディッシュを行き来しながら数々の戦闘に参加する。また、カミーユやファ・ユイリィカツ・コバヤシに対しては、時には姉のように優しく、時には上官として厳しく彼らの面倒を見た。また、ウォン・リーに次いでかなり頭に血が上りやすく手も早いことから、その度にカミーユやファを引っ叩くこともしばしばあった。 元ティターンズと言う事で疑われやすい立場であったが、その生真面目な性格でクルーたちの信頼を得た。なお、ラーディッシュの艦長となったヘンケン・ベッケナーに個人的な好意を寄せられており戸惑うが、ラーディッシュのクルーは二人を応援していたという。

宇宙世紀0088年2月22日、『グリプス戦役』終盤において、自分とは逆にティターンズへ寝返ったレコア・ロンドの駆るパラス・アテネを相打ち状態になりつつも撃破する。しかし、レコアの最期の言葉(男はいつも私を陵辱した)に興奮動揺し不用意にコクピットを出たところでパラス・アテネの残骸がヤザン・ゲーブルの操縦するハンブラビの攻撃によって爆発、その破片で全身を強打し致命傷を負う。その後カミーユに助けられるが、命が尽きることを悟ると、カミーユにΖガンダムが人の意思を吸収する力を持っていることを諭し、平和への願いを托して息を引き取る。

映画版では人物像がやや異なっており、20代の女性らしさが強調されており、TV版のような厳格で生真面目・恋愛は奥手で取っ付き難い印象はさほどなく、ヘンケンのアプローチにもすぐに応えたり、カミーユ達にもスキンシップで場を和ます良き姉的な存在として描かれている。

[編集] 主な搭乗機


신고

+ Recent posts

티스토리 툴바