카이 시덴

냉소적인 성격의 건캐논의 파일럿. 남에게 반감을 느끼게하는 비아냥거리는 말투는 그만의 트레이드 마크이다. 한편으로 그것은 일년전쟁의 본질을 자각하고 있다는 조숙함의 표현이긴 했지만, 지온의 간첩 미하일과의 추억과 죽음은 그런 그에게도 전쟁의 참혹함을 진지하게 바라보게 한다. 전쟁이 끝난 후에는 저널리스트로 활약하게 된다.







カイ・シデン(U.C.0061年~?)は、アニメ『機動戦士ガンダム』の登場人物。第2話~43話に登場。続編の『機動戦士Ζガンダム』にも登場している。(古川登志夫


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 概要

サイド7に住むプエルトリコ系移民の17歳。U.C.0061年生まれ。大型特殊の免許をいくつか持っており、安彦良和の漫画作品『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』ではコンボイレーサーとして名の知られた存在であることを自身で語っている。

一年戦争終了時の最終階級は伍長(テレビ版。映画版では少尉)である。家族関係は劇中では明かされていないが、父親はサイド系技術者、母親は医者という設定がある。

名前は、日本海軍の戦闘機・紫電改にちなむ。

[編集] 性格

元々民間人で戦争に対する意識も逃避的であったため、当初は皮肉や嫌味など憎まれ口が多く、ブライトを始め他の乗組員らから煙たがられていた。 特に、第2話に初登場して間もなくセイラ・マスに 軟弱者と罵られ平手打ちされる場面は、セリフと共に有名である。第7話でも業を煮やしたブライトから鉄拳制裁を受けている。更に20話で一時的にハヤトら と脱走した際にも彼だけがリュウに殴られており、一言多いひねくれた性格が災いしてか、物語前半の彼は散々な目に遭っている。また、序盤は積極的に戦闘に 参加せず常にひねくれた態度をとっていた。表向きはおちゃらけたキャラクターで、皮肉を飛ばしたり照れ隠しにうそぶいたりもするが、実際は誰よりも現実主 義者で、物事の本質を突く能力に長けている。が、人前ではそういった姿は滅多に見せない。

物語中盤でホワイトベースがベルファストに寄港した際、軍属になるのを嫌った彼は艦を降りる。その際、ジオンのスパイであるミハル・ラトキエと出会うが、彼女が弟妹を養うために否応無くスパイに身をやつしていることを看破し、戦争の非情さを感じ取る。同情したカイは、ミハルにホワイトベースの状況を伝える。その後、水陸両用MSの攻撃に苦戦するホワイトベース・クルーの様子を見かねて、再び軍へ舞い戻りガンタンクで 応戦する。ベルファストを後にしたホワイトベースに潜入したミハルは、カイと艦長室にて偶然にも再会する。しかし、心の交流も短く大西洋上で死別してしま うのだった。ミハルの死は、今まで戦争というものに真正面から向かっていなかった彼に戦う意味を与え、その後の行動に大きな影響を与える転機ともなった。 第29話ではその悲しみを乗り越え力強くジオンを叩く決意を表す。

その後、ストーリー後半では、敵MS部隊に先制射撃をするスレッガー・ロウを嗜めたり、(ニュータイプに覚醒したアムロを除く)他のパイロットにリーダーシップを発揮したりと、積極的に戦闘に参加する場面が見られた。ア・バオア・クー攻略戦前のブリーフィングでは相変わらずの口ぶりであったが、その意識は当初の軟弱者からは想像できないほどに変わっていた。戦災孤児であるカツ・ハウィンレツ・コ・ファンキッカ・キタモトらを可愛がっており、ジャブロー寄港時に、3人が施設に預けられそうになるのを阻止したりするなど、子供好きの面も見せていた。

[編集] 搭乗兵器

ホワイトベースが正規軍人の戦死で人手不足であった事と、作業機械のライセンスを持っていた事から、機銃やガンタンク操縦手に半ばなし崩し的に駆り出される事になる(初陣は第3話で、ハヤトと共にガンタンクに搭乗、見事パプア補給艦を撃沈させている)。ホワイトベースが地球に降りてからはガンペリーも操縦し、13話ではガンダムの空中換装などにも協力している。物語中盤以降は、主にガンキャノンのパイロットとなる。ランバ・ラル黒い三連星など、ジオンのトップエースパイロットには押され気味であったが、機体性能に助けられつつ、着実にパイロットとしての腕を上げていった。

ソロモン、ア・バオア・クーなどの主要攻略作戦では、ホワイトベースの主戦力として活躍し、敵機を次々と撃墜、味方部隊の要塞上陸への突破口を開く など、多大な戦果を上げた。ガンダム=アムロの陰に隠れてしまってはいるが、かなりの戦績を上げており、実質ホワイトベース隊のNo.2と言える。なお、 余談ではあるがギレンの野望等のゲーム作品では設定されている能力が(ニュータイプではないキャラとしては)非常に高く、エースパイロット並みの扱いである。

[編集] 一年戦争後

一年戦争を最後まで戦い抜くが、戦争終結後は軍を退役、社会復帰プログラムの援助を受け、ベルファスト大学でジャーナリズムを専攻。通信社勤務を経てフリーのジャーナリストへと転向する。

機動戦士Ζガンダム』劇中では、地球連邦軍の内情を探ろうと白い背広姿という出で立ちでジャブローに潜入する。そこで、エゥーゴから偵察を命ぜられていたレコア・ロンドと出会うが、共に連邦軍兵士に捕まってしまう。その後はレコアと共にカミーユ・ビダンに救出される。 彼はクワトロ・バジーナシャア・アズナブルで あると看破していたが、クワトロという偽名を使い指導者にならないシャアに疑問と不満を抱いていた。その後は兵士としてエゥーゴやカラバには参加しなかっ たものの、ジャーナリストという立場で独自の行動を続け、エゥーゴやカラバの活動を様々な形で支援した。シャア(クワトロ)がダカールで演説をしている場 面では、酒場にいるカイの姿が映し出される。一見無関心を装ってTVの方に背を向けながら演説はしっかりと聞いている、という姿は、カイという人間をよく 表していると言える。(『機動戦士ガンダム』ではギレンの演説をシャアが酒場で聞いている場面があるが、『Zガンダム』ではシャアが演説をしており、それ を酒場で聞かれているという逆転の構図になっている)

尚、テレビ本編では、ハヤトにクワトロはシャアだと書かれたメモだけを残して有耶無耶に消えているが、2005年公開の映画版「星を継ぐ者」では、直接ハヤトに「クワトロはシャアだ」と告げるシーンが描かれている。また、ラストにはセイラ・マスと再会し、シャアに関するインタビューを行うシーンが添えられた。

角川書店発行の「月刊Zガンダムエース」にて連載されていたコミック「機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―」では、グリプス戦役時代のジャーナリストとしてのカイを主役に据えて物語が展開されていた。こちらは映画版『Zガンダム』準拠のストーリーである。

『SDクラブ』に掲載(No.8~12)のコミック『機動戦士ガンダム 英雄伝説』では、『逆襲のシャア』で行方不明になったアムロを探すカイを描いている。かつてのガンダムチームの面々と接触し、レストアされたガンキャノンヤザン・ゲーブルの駆るギラ・ドーガと戦った。

UC.0099年におけるアナハイム・エレクトロニクス社の企業広報誌という設定の『アナハイム・ジャーナル』には、カイがアナハイム社のメラニー・ヒュー・カーバイン名誉会長(当時)に行ったインタビューが収録されている。

戦後の代表的な著作に『巨人達の黄昏~グリプス戦役』、『天国の中の地獄』、『月の専制君主たち』があるという。

[編集] 小説版『機動戦士ガンダム』

小説版では民間人ではなく、他のキャラクターと同様最初から軍属である。 終盤では、アムロ、ハヤトと共にニュータイプへ と覚醒、怒涛の活躍を見せた。ハヤトに続きアムロまでもが戦死する中でカイは物語の最終局面まで生き残り、キシリアやシャア、ペガサスクルーと共にズム・ シティへ乗り込んで制圧。逃亡を図るギレンを感知して捕捉したのもカイのニュータイプ能力が為せる業だった。ギレンを射殺したキシリアまでも即座にシャア に殺されるという一連のザビ家滅亡(尤もデギンは死んでいないが)の顛末を最後まで見届けた。

[編集] 主な搭乗機

신고

+ Recent posts

티스토리 툴바