펩티머스 시로코

목성에서 온 사나이. 전쟁의 천재이며 모빌슈트에도 조예가 깊어 자신이 개발한 모빌슈트를 여럿 동원하여 에우고를 괴롭힌다. 제리드와 마우아, 사라, 레코아 등 엘리트 파일럿을 포섭하여 세력을 키웠다. 샤아나 하만처럼 뉴타입의 세상을 원하는 듯 하지만 결국 그것은 기렌 자비 식의 선전일 뿐인 별수 없는 악인이었다. 티탄즈의 자미토프 하이맨에게 「피의 서약서」로 충성을 맹세하지만, 서약서의 피가 마르기도 전에 독자세력화를 획책하고 액시즈의 미네바 자비에게 접근하여 주도권을 잡으려 한다. 뉴타입으로서의 능력은 에우고의 샤아를 경악하게 할 정도이고, 사람을 매혹하는 천성의 매력은 뉴타입의 전형을 보여주는 듯 하다. 자신이 개발한 MS 디오에 탑승하고 Z건담의 까미유와 사투를 벌였다. 수많은 사람들의 생명은 마음 대로 농락했지만, 자신의 MS 디오는 자신의 의지 대로 움직여주지 않았다. 야심만만했던 그가 손에 넣은 승리란, 죽음에 임한 오기로써 가져간 까미유의 의식이었다.


パプテマス・シロッコPaptimus Scirocco, U.C.?~0088年2月22日)は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。地球連邦政府の木星資源採掘船ジュピトリスの責任者。階級は大尉、劇場版では大佐。(島田敏


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 経歴及び劇中での活躍

木星船団を統率する指揮官であり、いわゆる「木星帰りの男」。自らを「歴史の立会人」であるとして傍観者的立場を決め込むものの、長年に渡る木星圏での生活は彼にある種の悟りを開かせ、ニュータイプとしても極めて優れた資質を備える。事態を予見する洞察力、優秀なモビルスーツを設計・開発する技術力、そして、人材を次々と見出す才能を備えた、まさしく天才肌の軍人である。

シロッコは宇宙世紀0087年4月末に地球圏へと帰還した際、地球軌道上でアーガマと交戦しその能力の高さを見せつけた。ティターンズ首領ジャミトフ・ハイマンに対し「血の誓約書」といった古風な忠誠をたて、表向き恭順を示すとともにグリプス戦役に参画する。しかし、彼は組織内において瞬く間に頭角を現し、同時にジャミトフの手に余る存在となっていく。ティターンズ旗艦ドゴス・ギアを任され、アポロ作戦時における月面都市フォン・ブラウン市制圧(ただしこれは上官のジャマイカン・ダニンガンの命令を無視した単独行動のため、彼から殴打される)など、優れた戦績を上げる一方で、同時期地球圏に帰還した旧ジオン公国軍残党アクシズミネバ・ラオ・ザビに対しても忠誠を誓うなど、その巨大な力をも手中に納めんとして策略を巡らせていく。

戦争終盤、アクシズ旗艦グワダン内において指導者ハマーン・カーンと ジャミトフが同席する会談が行われる。これを好機と見たシロッコは、謀略によって同艦をモビルスーツ隊に奇襲させる。その混乱に乗じて彼はジャミトフを暗 殺、それをハマーンの陰謀によるものとし、弔い合戦と称して全軍に呼びかけ、その後はナンバー2のバスクも葬り去りティターンズの実権を完全に掌握する。 シロッコはグワダンを沈め、自ら開発したモビルスーツジ・Oを駆り、ハマーンのキュベレイと対峙、ニュータイプ同士の熾烈な戦闘を展開する。

その後エゥーゴは「メールシュトローム作戦」を発動。グリプス2を改装したコロニー・レーザーを巡って三つ巴の戦闘に突入する。各勢力から突出したフラッグ・シップ機はコロニー・レーザー内において死闘を繰り広げ、シロッコはハマーンと共に、エゥーゴのΖガンダム、及び「赤い彗星のシャア」ことクワトロ・バジーナ操る百式を追い詰める。しかし、結果的にコロニー・レーザーは発射され、ティターンズは主力艦隊を喪失、シロッコは撤退を余儀なくされる。その後、彼はジュピトリスを目前としてΖガンダムと遭遇、これを蹴散らさんと襲い掛かる。Zガンダムで襲い掛かってきたカミーユ・ビダンを 圧倒するが、死者の意思を吸収したの搭乗するカミーユのΖガンダムの超人的な力の前に、乗機ジ・Oの制御を封じられてしまい、ヤザン同様、超常現象にも近 いZガンダムの力の前に敗北(Zガンダムのウェブライダーの先がほぼ無傷の形でジ・Oの厚い装甲を破る)。シロッコの肉体は機体と共に爆散し、その野望は 宇宙の闇に潰えた。

尚、小説版においては物語の結末が若干異なり、ジ・OはΖガンダムとの決戦においてΖガンダムから放たれたオーラによって機体制御を失い、シロッコと共にコロニーレーザーの閃光に焼き尽くされ、消滅する。

シロッコは生前、ニュータイプとして極めて優れた才能を示し、権力を手中に納めている。しかし、実際には彼は地球圏の掌握には然程興味を持っていな かったようだ。また、劇中では「この戦いが終わった後は恒星間旅行にでも行く」と語った事がある。シロッコは自分の理念を曖昧に語っており、劇中からは具 体的な指針はわからない。シロッコは「力」(男性的権力、或いは個人的才能と置き換えても良いだろう)のみで世を治める事は出来ないとして「女性による世界統治」を提唱している。彼はサラ・ザビアロフレコア・ロンドと いった女性を配下に置いており、自らの感性をも研ぎ澄ませていたという。彼女らがシロッコの野望を達する為に、その尖兵としての役割を担っていたことは確 かであるが、決してシロッコは彼女らを単なる手駒と捉えていた訳ではなく、彼女らの中に己の持ち得ぬ女性としての資質を見出し、一個の人間としてそれなり の誠実さを持って接していたと思われる。それ故、サラが戦闘中に自らを庇って戦死した折、シロッコは激怒し、彼女を撃墜したカツ・コバヤシへと銃口を向けた。またそのとき、レコアに対し「お前まで失うわけにはいかない!」と彼女を説得し共に戦線を離脱する。

しかし、また一方でシロッコは、自らの優れた技術的・政治的才能をその心中に燻らせていた。彼が戦乱に身を投じた真の理由は、戦争という舞台を借りて純粋に己が能力を発揮せん事を求めていた為に過ぎないとする見方もある。シロッコと対峙したシャア・アズナブルは、 彼をして「役者」と表現しており、その意味でシロッコとシャアは、その本質を同じくする存在であったとも言われている。結果として彼の才能は、更なる災い の種を呼び込む事に繋がり、他者を自分の野心のために道具にする傲慢さ故に「究極的なニュータイプ」「最高のニュータイプ」と称されるカミーユ・ビダンの怒り、また死んでいった者達の「念」によって、その野望に終止符を打たれてしまう。もしも、彼がグリプス戦役終結後も存命であったならば、ティターンズ崩壊後は再びネオジオン、或いはエゥーゴと手を結び、その才能を歴史に刻み続けていたのかも知れない。

純粋なモビルスーツ・パイロットとしての技量は、エゥーゴきってのエースであるクワトロ・バジーナを凌駕するものを備えており、自ら開発したニュータイプ専用機ジ・Oの性能を存分に奮い、並みいる強敵を相手にこれを圧倒した。特に、彼と並ぶ稀代のニュータイプ・パイロット、ハマーン・カーンとの交戦時には、かつてのアムロ・レイを想起させるかの動作でファンネルの挙動を予測し完全に封じている。続くハマーンとのプレッシャーの掛け合いにおいても一歩も退かず、これと対峙している。

[編集] 開発、及び搭乗機体

[編集] 指揮を執った艦船


신고

+ Recent posts

티스토리 툴바