브라이트 노아

'캡틴 브라이트'라는 닉네임이 웅변하듯 오로지 함장을 하기 위해서 태어난 듯한 사람이다. 19세의 사관후보생으로 화이트베이스 함장 파울로의 유고로 얼떨결에 군 경력의 첫 자리에 함장직을 올렸다. 냉정하고 신경질적이지만, 거의 민간인들로 구성되어 자칫 오합지졸이 될 뻔한 화이트베이스 크루들을 유능하게 통솔하였다. 냉정함 때문에 아무로와 충돌을 일으키지만 차차 아무로를 인정, 좋은 친구로서 마지막까지 호흡을 맞춘다. 밀라이 말마따나 신경질적으로 승무원들을 채근하는 지휘관이지만, 전술적인 면에서나 부하 통솔면에서는 일류이다.






ブライト・ノアBright Noa, Bright Noah)(U.C.0060年~?)は、「ガンダムシリーズ」のうち、『機動戦士ガンダム』にはじまる宇宙世紀を舞台にした作品の登場人物。複数の作品で主人公が所属する艦の艦長を務め、幾多の戦場で指揮を執った歴戦の人物である。なお、「機動戦士ガンダム」「機動戦士Ζガンダム」「機動戦士ガンダムΖΖ」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」まで、シャア(あるいはクワトロとして)が密接に絡んだ全作品に登場している唯一の人物である(アムロ、シャアは「機動戦士ガンダムΖΖ」オープニングおよび第1話の回想シーンには登場しているが、アニメ本編には未登場)。日本で最も有名なアニメにおける艦長の1人である。ネーミングの由来は「ノアの輝き」である。(声優鈴置洋孝)


注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


目次

[非表示]

[編集] 経歴及び劇中での活躍

階級についてはテレビアニメ版に準拠。

[編集] 一年戦争(『機動戦士ガンダム』)

宇宙世紀0079年9月、このとき19歳。サイド7において、搭乗していたホワイトベースが“赤い彗星のシャア”率いるジオン軍の急襲を受け、地球連邦軍少尉であった彼は、サイド7を脱出した民間人をなし崩しにまとめさせられ、艦長パオロ・カシアスが負傷すると自ら指揮を執る(この頃)。

19歳の新人(第一話の時 軍歴6ヶ月)であったが、新造艦ホワイトベース、およびガンダムをはじめとする最新鋭モビルスーツを中心に、地球降下後もシャアやガルマ・ザビらの度重なる追撃を振り切り、ランバ・ラル隊との死闘をもくぐり抜けた。度重なる激戦の疲労により一時体調を崩し、ホワイトベースの指揮権を操舵手のミライ・ヤシマに委ねるが、オデッサ作戦やジャブロー攻防戦で戦果を挙げる。このときに中尉から大尉に昇進する。またジャブローにおいて第13独立部隊へ編入され、「囮部隊」としての任務を遂行するため地球を離脱。

ソロモン攻略戦を終えると、最終決戦地となるア・バオア・クーの戦闘に参加。ホワイトベースのエンジンが被弾すると、艦を要塞内部に着底させ自ら銃を取る。アムロ・レイのニュータイプ能力により、「このままでは全滅する、総員撤退命令を」と進言を受け乗員と共にランチで脱出、無事に生還する。

素人ばかりの集団で常に最前線で戦果を残したのは、彼の指揮官としての資質によるものが大きかったと言える。だが、序盤では自身の経験不足もあってか乗組員との衝突も多かった。それでも乗組員の団結が乱れなかったのは同僚のリュウ・ホセイの 陰のサポートがあってこそだろう。そしてリュウの死後には自らが乗組員を労わり気遣うようになる。彼自身もホワイトベースでの戦いを通じて精神的、延いて は指揮官として成長したのだろう。また、ガンダムのパイロットを務めるアムロに対しては、軍人らしい厳しい態度をとるが、それはホワイトベースの命運がア ムロのガンダムに懸かっていると判断したからである。

なお、余談だが、有名な台詞「左舷(さげん)、弾幕薄いぞ!何やってんの!!」は意外にもホワイトベース乗艦時ではなく、アーガマ乗 艦時の台詞(Ζガンダム第38話の「左舷(ひだりげん)砲撃手、弾幕薄いぞ!何やってる!」)が元になったものである(つまり上記の台詞そのものはガンダ ムシリーズの劇中では一言も発していない。またΖガンダムにおいてはトーレスが上記の台詞を発している場面がある)。だが、第28話の「左舷、弾幕を張れ」や第32話での「弾幕が薄いぞ!」を始めとして似たような台詞は多数発せられている。また、ゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』では、中程度のダメージを受けるとよくこの台詞を発する。他に『クイズ機動戦士ガンダム問・戦士DX』 にこの台詞に似た台詞で回答選択に時間がかかると、「選択遅いよ!何やってんの!」と言うことがある。類似の台詞として「対空砲火! 何してんの!」等がある。その他に彼を象徴する名フレーズとしては、第14話で初使用して以降頻繁に用いられた「スタンバっておけ」も挙げられよう(な お、劇中でこの言葉が使用されたのは第5話でのリード中尉の台詞「ミサイルはスタンバっておけ」が最初である)。

一年戦争後、ミライと結婚。ハサウェイチェーミンの二児に恵まれる。

[編集] グリプス戦役(『機動戦士Ζガンダム』)

宇宙世紀0087年3月、一年戦争での功績にもかかわらず、ニュータイプの存在を恐れた連邦の幹部に左遷され、連絡船テンプテーションの船長を務めていた。さらに、増長したティターンズからは暴行を受けるなど惨めな境遇を送るが、エゥーゴによるガンダムMk-II強奪の際、グリーン・ノアの難民を保護しテンプテーションで漂流しているところをアーガマに救助される。その後、エゥーゴに参加し(階級は中佐から大佐へ)、ヘンケン・ベッケナーよりアーガマの指揮を引き継ぐ。

7年のブランクを感じさせず、ニュータイプのカミーユ・ビダンクワトロ・バジーナの活躍もあってエゥーゴ艦隊の象徴として、多くの作戦に参加。途中、アナハイムの幹部であるウォン・リーの強硬的ともいえる言動に手を焼くが、艦長として毅然とした態度をとり続けた。最終的にティターンズ・アクシズと三つ巴の戦いを展開。グリプスコロニーレーザー)を捨て身の覚悟で守り切り、ティターンズを壊滅させる。

連邦軍に籍を置く彼は、地球に残してきた家族を心残りにしており、家族からの手紙で涙を見せるなど家庭人の一面も見せる。

[編集] 劇場版Ζガンダムとの違い

特にTV版との大した違いはないが、アーガマに乗船したシンタとクムに対する態度が軟化している(TV版では「ここは託児所か!」と発言するなど軍艦に幼児を乗せていることに不満を露わにしていた)。また、グリプス戦役の最後までカミ-ユ・ビダンやファ・ユイリィを子供として見ていた(グリプス攻防戦終結直後、ブライト本人の口から発言している)。

[編集] 第一次ネオ・ジオン抗争(『機動戦士ガンダムΖΖ』)

アーガマの艦長としてハマーン・カーン率いるネオ・ジオン(アクシズ)との戦いに参加。シャングリラで乗りこんできたジュドー・アーシタらに翻弄されながらも、ネオ・ジオンと戦う。また、艦の補修のために立ち寄った補修ドッグのラビアンローズで、艦長代理のエマリー・オンスに興味を持たれ急接近され困惑する(それほど悪い気はしていなかったらしい)。

その後、地球へ降下しネオ・ジオンの作戦の阻止へ動くが失敗し、宇宙に戻るとアーガマの後継艦ネェル・アーガマの艦長になるが、間もなくへ移動することになりビーチャ・オーレグに代理を任せ、艦を降りる。そして、月からネェル・アーガマに補給物資を送り続けるために奔走する。ブライトを含むエゥーゴの主力艦隊がネェル・アーガマに合流した時にはすでに、ジュドーとハマーンの決戦に決着がつき、アクシズの勢力は瓦解していたが、影武者と発覚したミネバ・ザビの 前で戦後処理を話し合うエゥーゴ上層部の姿に、ジュドーは激しい怒りを感じる。ジュドーは、戦いで死んでいった者達も省みずに、何もしなかった者が戦後の 功績だけに預かろうとするのかと、高官たちを締め上げるが、ブライトはそんなジュドーの怒りを受け止めるため、「情けない大人」の代表としてジュドーの鉄 拳をあえて受ける。

その後、ジュピトリスIIに搭乗したジュドー、ルーを、リィナセイラを含めたエゥーゴのクルーたちとともに空港で見送る。

[編集] 第二次ネオ・ジオン抗争(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)

宇宙世紀0093年3月、地球連邦軍・独立新興部隊「ロンド・ベル」の旗艦ラー・カイラム艦長兼部隊司令(大佐)として、アムロ・レイと共にシャア・アズナブル率いるネオ・ジオンと戦う。地球に落下する小惑星アクシズを止めるため、攻撃を行うが失敗。工作部隊を自ら指揮し内部に潜入、アクシズを爆破しようとする。見事爆破工作に成功したと思われたが、分断したアクシズの片割れ(地球を寒冷化するのには十分な大きさである)が、地球への落下コースへ入ってしまう。

艦に戻ったブライトは、アムロがアクシズを止めるために単機で取り付いたのを知り、自分たちもそれを助けるため「ラー・カイラムでアクシズを押せ」 と無理を言うが、最後は地球から離れるアクシズをラー・カイラムのブリッジから呆然と見つめる。息子ハサウェイ、ネオ・ジオンのナナイと共に激戦の中メイン・キャラクターで生き残った人物である。

地球から逃れてきた息子のハサウェイを保護し、決戦前には遺書を書かせ軍人としての生き方を見せる。 また、アクシズ阻止のための、最後の作戦直前のラー・カイラム内でのブリーフィングにおいて、ブライトの呼びかけに応えてクルー全員が命を賭ける意思統一 を見せた場面は、往年の名場面との呼び声が高い。

[編集] マフティー動乱(小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』)

宇宙世紀0105年、マフティー・ナビーユ・エリン討伐の南太平洋方面軍(キルケー部隊)司令に着任のため地球に降下する。階級は准将。しかし、前任のケネス・スレッグ准将により既にマフティーは捕らえられていた。着任後、マフティーが着任直前に処刑されていた事を知る。マフティーが息子のハサウェイで あったとは最後まで知らないままだった。だが、その後、連邦政府の陰謀によって、ハサウェイを処刑したのはブライト本人という事にされてしまうのだった。 また、この頃の彼は軍退役後にレストランを開く予定を持っていたらしく、料理教室に通っていた。退役の理由は年齢のこともあったが、数々のニュータイプを この目で見て、出会い、共に戦ってきた歴史の生き証人でもあり、シャア・アズナブルのように人々をまとめ再び連邦に害をなすのでは、と恐れられていた為と もいわれている。

[編集] ゲームでのブライト

  • スーパーロボット大戦シリーズでは、プレイヤー部隊の艦長となる場合が多い。しかし、兜甲児葵豹馬藤原忍など典型的な直情径行タイプのキャラが独断専行などを行うのに頭を悩ましている。中でも有名なのは『スーパーロボット大戦F』において、エヴァンゲリオン初号機に乗って戦うのが嫌でNERV本部を逃げ出した碇シンジを修正するイベントである(このシーンは監督の庵野秀明が是非とも入れてくれと懇願した逸話がある)。会話は『機動戦士ガンダム』の第9話「翔べ、ガンダム」のアムロ修正イベントのパロディでもある(その場にはかつて修正を受けたアムロ本人も居合わせた)。またミスマル・ユリカが挨拶にVサインをした際、ぎこちなくVサインで返すなど、お笑いキャラとしても描かれている。しかし、その反面情に流されやすいマリュー・ラミアスには、艦長には不向きという辛辣な評価を与えるなど厳しい大人としてのポジションも忘れていない。


[編集] 指揮を執った艦船

신고

+ Recent posts

티스토리 툴바